野口渉くん(博士1年)くんの論文が Advanced Robotics に掲載されました

2019年4月20日 / お知らせ, 研究, 論文掲載

 
自律系工学研究室の博士後期課程1年の野口渉くんの論文が採録されました!
 
内容は以下の通りです.
 
ロボットが空間把握能力を獲得する過程をシミュレートしたものです.複数のタイムスケールをもつ階層的リカレントニューラルネットワーク(HRNN)を用いて,ランダムに障害物を配置した移動ロボットナビゲーション実験を行っています.
 
HRNNはスナップショット画像で示される目的地までロボットをナビゲートする訓練を受けた後,ロボットが障害物をうまく回避し,環境内の任意の場所から目的地にナビゲートすることができることを示しています.また,HRNNの内部状態の分析により,速いタイムスケールをもつモジュールは障害物回避を扱い,遅いタイムスケールをもつものは目的地の空間的位置に対応する空間表現をもつことを示しました.さらに,新たしい経路が出現した際には,ロボットがショートカット動作を実行できることを示しています.
  
Wataru Noguchi, Hiroyuki Iizuka & Masahito Yamamoto (2019): Navigation behavior based on self-organized spatial representation in hierarchical recurrent neural network,
Advanced Robotics, DOI: 10.1080/01691864.2019.1566088
 
論文へのリンクはこちら
 

寺尾颯人くん(4年生)が複雑系マイクロシンポジウムで古川賞を受賞しました

2019年4月20日 / お知らせ, 受賞, 学会, 研究

 
平成31年3月2日(土)に北見工業大学で開催された第18回複雑系マイクロシンポジウムで,自律系工学研究室の学部4年,寺尾颯人くんが古川賞(最優秀プレゼンテーション賞)を受賞しました.
 
発表論文は以下の通りです.
 
ある行動をしている動画を LSTM Autoencoder を用いた学習によって特徴ベクトルを抽出して,半教師あり学習によって行動分類を行う手法を提案したものです.古川賞は,最優秀のプレゼンテーション1件にのみ与えられる賞で,大変名誉ある賞の受賞でした. 

 
寺尾 颯人, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTM Autoencoderを用いた半教師あり学習による行動分類のための特徴ベクトル抽出手法, 第18回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 25-30 (2019)

 

安宅くん,寺尾くん,堀内くんが複雑系マイクロシンポジウムで発表しました

2019年4月19日 / お知らせ, 学会, 研究

 
平成31年3月2日(土)に北見工業大学で開催された第18回複雑系マイクロシンポジウムで,自律系工学研究室の4年生,安宅耕太郎くん,寺尾颯人くん,堀内宏信くんの3名が口頭発表を行いました.

 
発表論文は以下のとおりです.
 

安宅 耕太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 不確定ゲームにおける深層強化学習による評価関数の獲得, 第18回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 62-65 (2019)
  
寺尾 颯人, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTM Autoencoderを用いた半教師あり学習による行動分類のための特徴ベクトル抽出手法, 第18回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 25-30 (2019)
 
堀内 宏信, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTM Autoencoderを用いた半教師あり学習による行動分類のための特徴ベクトル抽出手法, 第18回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 76-80 (2019)
 

NHK「人間ってナンだ?超 AI 入門」で AI 手話の研究が紹介されました

2019年4月5日 / お知らせ, 研究

 
平成31年4月4日(水)に始まった NHKの「人間ってナンだ?」超AI入門」のシーズン3の第1回「会話する」で,AI手話のプロジェクトについて放映されました.
 
番組MC哲学ナビゲータの原田まりるさんが自律系工学研究室に取材に来られました.
 
原田まりるさんの小説で,AIと人間の結婚を描いたSFコメディ「ぴぷる」も面白いです!
 

賀川祐太朗くん(修士2年)が計測自動制御学会北海道支部講演会で発表しました

2019年3月8日 / お知らせ, 学会, 研究

平成31年3月7日(木)〜8日(金)に北海道大学で開催された第51回計測自動制御学会北海道支部学術講演会で,自律系工学研究室の修士課程2年生の賀川祐太朗くんが口頭発表しました..
 

発表論文は以下の通りです.
 

賀川 祐太朗, 飯塚 博幸, 山本 雅人, UAVの空撮画像を利用した産業廃棄物最終処分場の容量推定, 第51回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集, pp. 27-30 (2019)

山本雅人教授が第105回サイエンスカフェでカーリング AI の紹介をしました

2019年2月20日 / お知らせ, 研究, 講演会

 
平成31年2月11日(月・祝)に紀伊國屋書店札幌本店で開催された第105回サイエンス・カフェ札幌「ラストストーンの軌跡 ~カーリングAIと選手の協力で勝利をつかめ!~」で,元冬季オリンピックカーリング日本代表の小笠原歩さんとともに登壇し,カーリングAIの紹介とトリノオリンピックの試合をカーリングAI「じりつくん」の解析結果について語りました. 
 
カフェの様子は以下のサイトでご覧いただけます.
 
第105回カーリングカフェ報告
 

野口くん高田くん中元くん山嵜くんがAROB2019で口頭発表しました

2019年2月2日 / お知らせ, 学会, 研究

 
平成31年1月23日(水)〜25日(金)に大分県別府市のビーコンプラザで開催された The 24th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB2019) で,自律系工学研究室の博士後期課程3年の高田圭くん,同1年の野口渉くん,修士課程2年の中元陽介くん,同1年の山嵜聖也くんの4名が口頭発表を行いました.
 
発表論文は以下の通りです.
 

Wataru Noguchi, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Modeling place and head-direction cells self-organized in different environments using recurrent neural networks, Proceedings of the Twenty-Fourth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB2019), pp. 67-72 (2019)
  

Kei Takada, Hiroyuki Iizuka, Subhransu Maji, Masahito Yamamoto, Mutual learning between human and machine to develop a human-machine interface to operate multi-DOF robots, Proceedings of the Twenty-Fourth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB2019), pp. 397-403 (2019)
 

Yosuke Nakamoto, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Establishing Mutual Interaction between Artificial and Real Medaka, Proceedings of the Twenty-Fourth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB2019), pp. 633-637 (2019)
 

Yamazaki Seiya, Iizuka Hiroyuki, Yamamoto Masahito, Adversarial Imitation Learning of Bird Song Modeled with Recurrent Neural Network, Proceedings of the Twenty-Fourth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB2019), pp. 162-167 (2019)

渋谷尚寛くん(修士2年)が国際会議 SII 2019 で口頭発表しました

2019年1月30日 / お知らせ, 学会, 研究

 
平成31年1月14日(月)〜16日(水)にフランスのパリで開催された国際会議 2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integrations (SII 2019) で,自律系工学研究室の修士課程2年,渋谷尚寛くんが口頭発表しました.
 

発表論文は以下の通りです. 

 
Naohiro Shibuya, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Group Decision Making through Behavioral Interaction in Robot Swarm, Proceedings of the 2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 764-769 (2019)
 
 

 

 

  

 

池田宥一郎くん(M2)が IES 2018 で Best Paper Award を受賞しました

2019年1月15日 / お知らせ, 受賞, 学会, 研究

 
平成31年12月20日(木)〜22(土)に北海道大学の学術交流会館で開催された国際会議 The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES 2018) で,最優秀論文に贈賞される Best Paper Award を受賞しました.
 
受賞論文は以下の通りです.
 
Yuichiro Ikeda, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Combined Method of YOLO and IOU Tracker for Tracking and Identifying Chimpanzees, Proceedings of the 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), pp. 110-115 (2018)
 

 

 

 

池田くん(M2),平田くん(M1),堀内くんが国際会議 IES 2018 で口頭発表しました

2019年1月10日 / お知らせ, 学会, 研究

 
平成30年12月20日(木)〜22日(土)まで,北海道大学学術交流会館で開催された国際会議 The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES 2018) で,自律系工学研究室修士課程2年の池田宥一郎くん,修士課程1年の平田健二くん,学部4年生の堀内宏信くんの3名が口頭発表を行いました.
 
発表論文は以下の通りです.
 
Yuichiro Ikeda, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Combined Method of YOLO and IOU Tracker for Tracking and Identifying Chimpanzees, Proceedings of the 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), pp. 110-115 (2018)
 
Hironobu Horiuchi, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Differentiation of communication signals to establish cooperation using Deep Q-Network, Proceedings of the 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), pp. 156-192 (2018)
 
Kenji Hirata, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Deep Reinforcement Learning Method Enabling Stable Learning in Multi-Agent Environment, Proceedings of the 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), pp. 163-168 (2018)