4年生5名と修士1年1名が第16回複雑系マイクロシンポジウムで発表しました

2017年3月10日 / お知らせ, 学会

 
平成29年3月10日(金)に公立はこだて未来大学にて,第16回複雑系マイクロシンポジウムが開催されました.
 
自律系工学研究室からは以下の6件の発表がありました.
 
中村 格, 飯塚 博幸, 山本 雅人
Deep Q-Network を用いた影像模倣動作の学習
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 3-6 (2017)
  
杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人
リカレント型畳み込みニューラルネットワークを用いたロボットの自己位置推定
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 9-12 (2017)
  
野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人
階層型リカレントニューラルネットワークを用いた認知地図の自己組織化と目的行動の生成
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 13-17 (2017)
  
池田 宥一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人
姿勢制御によるヘルマンリクガメのオペラント条件付け
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 44-47 (2017)
  
中元 陽介, 飯塚 博幸, 山本 雅人
確信度の伝達を伴う二者間知覚学習における学習効果の解析
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 48-51 (2017)
  
渋谷 尚寛, 飯塚 博幸, 山本 雅人
運動の相互知覚を通したコミュニケーションの進化とその定量的解析
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 76-81 (2017)
 

石田くん(M1)と芹沢くん(M1)がSICE北海道支部学術講演会で発表しました

2017年2月23日 / お知らせ, 学会

 
平成29年2月22日(水)と23日(木)に北海道大学工学部にて,計測自動制御学会北海道支部学術講演会が開催されました.
 
自律系工学研究室からは,からは以下の2件の発表を行いました.
 
石田 純一, 飯塚 博幸, 山本 雅人
運動結果予測の逸脱に伴う非オドボール系列に対する事象関連電位
第49回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 89-92 (2017)
 
芹沢 廉, 飯塚 博幸, 山本 雅人
人狼ゲームにおける発言の順序関係
第49回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 71-74 (2017)
 

 

 

野口渉くん(M1)と渋谷尚寛くん(B4)が国際会議AROB2017で口頭発表しました

2017年2月8日 / お知らせ, 学会

 
自律系工学研究室の修士課程1年の野口渉くんと4年生の渋谷尚寛くんが,人工生命とロボティクスるに関する国際会議(The Twenty-Second International Symposium on Artificial Life and Robotics 2017 (AROB 22nd 2017)) で口頭発表を行いました.
 
英語での発表でしたが,ふたりとも落ち着いており良いプレゼンでした.
 
夜は九州の海鮮料理と名物とり天,そして温泉を堪能しました.  
 

 

 

 

 

横山想一郎くん(研究員),斎藤渉くん(M1)がSI2016で口頭発表しました

2017年2月4日 / お知らせ, 学会

 
自律系工学研究室の日本学術振興会特別研究員(PD),横山想一郎くん,修士課程1年の斎藤渉くんが,第17回システムインテグレーション部門講演会(SI2016)で口頭発表を行いました.他に,博士後期課程1年(兼,日本学術振興会特別研究員(DC1))の高田圭くんの研究発表がありましたが,海外留学のため,山本雅人教授が口頭発表を行いました.
  
斎藤 渉, 横山 想一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, JSP に対するタブーサーチ 法におけるタブーリストの長さと 解探索性能の関係, 第17回システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp. 1469-1474 (2016)
  
高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネット ワークによる局面評価手法を用い たコンピュータ Hex の開発, 第17回システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp. 1497-1501 (2016)
  
横山 想一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 人工ニューラルネットワー クを用いた動的スケジューリング 問題の解法, 第17回システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp. 1513-1518 (2016)
 
 
会場は撮影禁止のため発表中の写真はありません.
 

渋谷くん(B4)杉中くん(B4)が情報処理北海道シンポジウム2016に参加しました

2016年10月3日 / お知らせ, 学会

 
平成28年10月1日(土)に釧路公立大学で開催された情報処理北海道シンポジウム2016(Info 2016)に,学部4年生の渋谷尚寛くん,杉中出帆くんの2名がポスター発表しました.
 
杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人
畳み込みニューラルネットワークを用いた一人称視点画像による自己位置推定における実用に向けた検証
情報処理北海道シンポジウム2016講演論文集, pp. 151-156 (2016)
  
杉中くんの研究は,ロボットの一人称視点からの画像と自己位置との関係を畳み込みニューラルネットワークを利用して学習し,未知の画像から自己位置を推定するものです.学習するデータの範囲などについて考察を広げたものです.
 
渋谷 尚寛, 飯塚 博幸, 山本 雅人
複数個体間における非言語コミュニケーションの進化
情報処理北海道シンポジウム2016講演論文集, pp. 169-174 (2016)
 
渋谷くんの研究は,特別なコミュニケーションチャンネルをもたない3体のロボット間において,振る舞いを通したコミュニケーションが創発することについて,実験・考察したものです.
 
2016-10-01-10-14-33
 
dsc_0555
 
2016-10-01-13-12-46
 
2016-10-01-16-38-38
 
2016-10-02-11-21-41
 
2016-10-02-08-32-50-1
 

杉中出帆くん(B4)がFIT2016で口頭発表しました

2016年9月7日 / お知らせ, 学会

平成28年9月7日(水)〜9日(金)に富山大学五福キャンパスで開催されている第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016)で,自律系工学研究室の学部4年生,杉中出帆くんが以下の口頭発表をしました.
 
杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた一人称視点画像による自己位置推定, 第15回情報科学技術フォーラム(2016)講演論文集(2016)

 
カメラを搭載したロボットの一人称視点画像から,自己位置を推定するために,畳み込みニューラルネットワークを用いた研究で,画像の明度やノイズが入ったときにも精度良く推定する手法の提案を行ったものです.
 
1方向の画像だけでなく,周囲を見渡す(複数方向の画像を入力する)ことでより精度が良くなることを示しています.初めての発表でしたがなかなか堂々としたものでした.
 
2016-09-07 12.35.03
 
2016-09-07 10.45.22
 
2016-09-07 09.53.53

加藤修くん(M2)が第21回知能メカトロニクスワークショップで口頭発表しました

2016年9月1日 / お知らせ, 学会

 
自律系工学研究室の修士課程2年の加藤修くんが,平成28年8月28日(日)〜29日(月)にかけて公立はこだて未来大学で開催された第21回知能メカトロニクスワークショップで口頭発表しました.
 
発表タイトルは以下の通りです.
 
加藤 修, 加藤 博幸, 山本 雅人, デジタルカーリングにおける局面評価関数の学習, 第21回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, pp. 215-217 (2016)
 
デジタルカーリングの局面を入力とし,得点の期待分布を出力する畳み込みニューラルネットワークの学習を行ったもので,先攻の最終投球前の局面における得点の期待分布にもとづく評価関数により,ヒューリスティックによって人手で作成した既存の局面票関数を用いた場合との比較を行ったもので,人手で作成したのと匹敵する評価関数が得られていることを示したものです.

 
2016-08-29 09.31.45
 
2016-08-29 09.47.34
 
2016-08-29 11.10.37
 
2016-08-29 15.42.54-1

芹沢廉くん(M1)が観光情報学会第13回研究発表会で口頭発表しました

2016年4月24日 / お知らせ, 学会

平成28年4月16日(土)に東北大学河内北キャンパスで開催されている観光情報学会第13回研究発表会に参加しています.
 
自律系からは以下の発表をしています.Twitterの書き込みからイベントに関する単語を検出するために,その単語の地域特性を考慮してローカルなイベントを検出する研究です..
 
芹沢 廉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Twitterにおける特徴語の地域性を用いた比較によるローカルイベント検出, 観光情報学会第13回研究発表会講演論文集, pp. 13-16 (2016)
 
2016-04-16 18.35.26
 
2016-04-16 14.47.12
 
2016-04-16 13.03.48

山本雅人教授が第3回カーリング研究会で発表しました

2016年3月15日 / お知らせ, 学会

 
平成28年3月13日(日)にどうぎんカーリングスタジアムで開催された第3回カーリング研究会で発表しました.科学研究費補助金の「カーリングを科学する」プロジェクトで取り組んでいるいくつかの研究についてそれぞれの研究者が発表させていただきました.
 
5.「カーリングを科学する~情報機械技術を統合した新たな戦術支援の試み」プロジェクト
 
(発表順)桝井 文人(北見工大)・伊藤 毅志(電通大)・山本 雅人(北大)・竹川 佳成(はこだて未来大)・松原 仁(はこだて未来大)
 
(1)プロジェクト紹介(桝井 15 分)
(2)デジタルカーリング(伊藤 5 分)
(3)カーリングAI について(山本 10 分)
(4)計測実験について(竹川 10 分)
(5)認知科学実験報告(伊藤・松原 10 分)
 

北海道大学の前野紀一名誉教授が主催した研究会で,カーリングのストーンがなぜ曲がるのか,といったテーマに理論と実験(前川製作所との共同研究)で明らかにしようとしています.
 
我々のグループは,カーリングというスポーツに対して,さまざまな観点から科学的にアプローチすることを試みています.私はデジタルカーリングで動くカーリングプレープログラムについてのお話をさせていただきました
 
第3回カーリング研究会の案内
 
2016-03-13 14.58.58

加藤修くん(M1)が第1回GAT杯デジタルーカーリング大会で準優勝しました

2016年3月10日 / お知らせ, 受賞, 学会

 
平成28年3月9日(火)に電気通信大学で開催された第1回Game AI Tournament(GAT 2016)のデジタルカーリング大会において,作成したAIプログラム「じりつくん」が準優勝しました.
 
出場した7チームによるリーグ戦の結果,5勝1敗で2チームが並び,規程により直接対決の結果が優先され残念ながら準優勝でした.
 
次回大会での優勝を目指したいですね.
 
GAT杯では他にも,人狼をプレイするAIプログラムやミニ四駆,5五将棋,ターンベース戦略ゲームをプレイするAIプログラムの戦いがあり盛り上がりました.
 
将棋や囲碁などの確定ゲームはすでにプログラムが世界的トッププレイヤーに勝利する状況ですので,今後はカーリングなどのスポーツ(現在は不確定ゲームとしてとらえてアプローチしている)や会話や駆け引きなどが必要な人狼などが次の研究対象となっていくと思います.

 
2016-03-09 18.46.29

2016-03-09 15.43.04 HDR