山嵜くん(M1)が学術研究賞と堀内くん(B4)が研究奨励賞を受賞しました

2018年10月10日 / お知らせ, 受賞, 学会, 研究

 
平成30年10月6日(土)に北見工業大学にて開催された情報処理北海道シンポジウム2018で発表した修士1年の山嵜聖也くんが学術研究賞,4年生の堀内宏信くんが研究奨励賞を受賞しました.

学術研究賞は,当シンポジウムにおいて最も権威ある賞で全62件の発表のうち,2件しか贈賞されません.また,研究奨励賞は若手研究者に送られる賞でシンポジウムから5件が選ばれます.
 
自律系から発表した山嵜くんと堀内くんの2名が両方とも権威ある賞を受賞できました.日頃の努力の証ですね.
 
Deep Q-Network を⽤いたコミュニケーションシグナルの学習による協調⾏動の獲得
○堀内宏信, 飯塚博幸, ⼭本雅⼈(北海道⼤学)
 
敵対的模倣学習におけるカオス時系列の創発要因
○⼭嵜聖也, 飯塚博幸, ⼭本雅⼈(北海道⼤学)
 
 

(学術研究賞)
学術研究賞は,情報処理に関する技術で独創性,新規性に優れており,特に学術的意義が認められる成果の発表に対して贈呈する。
 
(研究奨励賞)
研究奨励賞は,情報処理に関する学問,技術の奨励のため,有為と認められる新進の科学者または技術者に贈呈する。

山嵜くん(M1)堀内くん(B4)が情報処理北海道シンポジウム2018に参加しました

2018年10月10日 / お知らせ, 学会

 
平成30年10月6日(土)に北見工業大学で開催された情報処理北海道シンポジウム2018に修士課程1年の山嵜聖也くんと4年生の堀内宏信くんが
参加し,以下の研究のポスター発表を行いました.
 
二人とも落ち着いて発表していました.
 
Deep Q-Network を⽤いたコミュニケーションシグナルの学習による協調⾏動の獲得
○堀内宏信, 飯塚博幸, ⼭本雅⼈(北海道⼤学)
  
敵対的模倣学習におけるカオス時系列の創発要因
○⼭嵜聖也, 飯塚博幸, ⼭本雅⼈(北海道⼤学)

山本雅人教授が実行委員長の IES 2018 の投稿募集を行っています

2018年8月28日 / お知らせ, 学会

自律系工学研究室の山本雅人教授が General Chair となる The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES 2018) の論文募集がされています.
 
投稿締切は9月28日です.たくさんの投稿をお待ちしています.
 
http://autonomous.jp/ies2018/

平田くん(M1)と山本教授がコンピュータオリンピアドでメダルを獲得しました

2018年7月17日 / お知らせ, 受賞, 学会

 
平成30年7月7日(金)から13日(金)まで台湾台北市の国立台北大学で開催された第21回コンピュータオリンピアドにおいて, EinStein würfelt nicht! というゲームにおいて,修士課程1年生の平田健二くんが開発した k=8πG というプログラムで銅メダルを獲得しました. 
 
また,デジタルカーリング部門では,山本雅人教授が「じりつくん」で優勝して金メダルを獲得しました.
 

 

 

 

 

 

野口くん(D1)・池田くん(M2)・松田くん(M1)が人工知能学会で口頭発表しました

2018年7月2日 / お知らせ, 学会

 
6月5日(火)〜8日(金)まで鹿児島市の城山ホテルで開催中の2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)で,博士後期課程1年の野口渉くん,修士課程2年の池田宥一郎くん,修士課程1年の松田啓祐くんが以下の発表を行いました.
 
「AIによる地域課題の解決」と「人工生命の新展開: 進化・創発・ウェブ計算」というオーガナイズドセッションでの発表でした
 
池田 宥一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークによるチンパンジーの個体識別, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)講演論文集, pp. 93-95 (2018)
 
野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 高次元データの認識から生まれる生命性についての深層学習アプローチ, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)講演論文集, pp. 1019-1020 (2018)
 
松田 啓祐, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 手話動作分類におけるRCNNモデルの性能評価と内部状態解析, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)講演論文集, pp. 2631-2634 (2018)
 

 

 

 

 

 

 

中西啓太くんと泉一成くん(M1)がROBOMEC2018にてポスター発表しました

2018年7月1日 / お知らせ, 学会

平成30年6月2日(土)〜5日(火)にかけて北九州市小倉にある北九州国際コンベンションゾーンで開催されたロボティクス・メカトロニクス講演会 in Kitakyushu に参加してきました。
 
修士1年の中西啓太くん,泉一成くんが以下の2件をポスター発表しました。なかなかの盛況で貴重なな意見をもらえて有意義だったようです。
 

中西 啓太, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTMによるつもり動作の抽出, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018) 講演論文集, 1A1-E14(2018)
  
泉 一成, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 一人称視点画像を用いた Deep Q-Network による群行動の創発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH201) 講演論文集, 2P2-G13(2018)
 

 

 

 

山本雅人教授が旭川市で講演をしました

2018年5月18日 / お知らせ, 学会

 
自律系工学研究室の山本雅人教授が,平成30年3月29日(木)に旭川市で開催された講演会で,「」Aiって何?~カーリングの戦略分析と今後の社会」というタイトルで講演しました.
 
40名くらいの参加者があり,AI全般や哲学的な質疑が行われるなど有意義な講演会でした. 
 

山本雅人教授が国際会議ICDP2018で招待講演しました

2018年5月16日 / お知らせ, 学会

 
自律系工学研究室の山本雅人教授が,The 1st International Conference on Digital Practice for Science, Technology, Education, and Management (ICDP 2018) にて,招待講演をしました.
 
ニューラルネットワークを用いた機械学習によって,不確定な要素をもつバックギャモンやカーリングへの応用について講演しました.
 
Yamamoto Masahito, The Power of Neural Networks for Uncertainty: from Backgammon to Curling, The 1st International Conference on Digital Practice for Science, Technology, Education, and Management (ICDP 2018), Invited Talk, p. (2018)

4年生全員が複雑系マイクロシンポジウムで口頭発表しました

2018年5月12日 / お知らせ, 学会

平成30年3月3日(土)に旭川市ときわ市民ホールで開催された第17回複雑系マイクロシンポジウムに,自律系工学研究室の4年生5名が口頭発表をしました.
論文は以下の通りです.
 
主に卒業論文の内容をテーマに発表を行いました.
 
(1) 山嵜 聖也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ニューラルネットワークを用いた敵対的模倣学習による時系列の複雑化, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 1-4 (2018)
 
(2) 平田 健二, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 味方のプレイスタイルに応じて協調可能な深層強化学習手法, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 5-10 (2018)
 
(3) 中西 啓太, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTMを用いた身体動作に基づくつもりインタフェース, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 48-52 (2018)
 
(4) 松田 啓祐, 飯塚 博幸, 山本 雅人, リカレント型畳み込みニューラルネットワークによる手話動作分類, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 66-69 (2018)
 
(5) 泉 一成, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Deep Q-Networkを用いたPredator-Preyモデルにおける群行動の創発, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 84-88 (2018)
 

 

中元陽介くん(M1)が国際会議 SII 2017 で口頭発表しました

2017年12月18日 / お知らせ, 学会

計測自動制御学会(SICE)のシステムインテグレーション(SI)部門の国際会議 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2017) で、修士課程1年の中元陽介くんが口頭発表しました。
 
各個体の行動ルールをニューラルネットワークで表現して、ボイドのルールで動く個体集団としての群れ行動を学習させ、群行動を再現したものです。また、実際の魚の群れについても同様に学習させ、生成された群行動をいくつかの指標で分析を行った論文です。
 
初めての海外、初めての国際会議でしたが、頑張りました。
 
Yosuke Nakamoto, Hiroyuki Iizuka and Masahito Yamamoto,
“Reproduction of Swarm Behavior by Learning Individual Rules Using Neural Network”, Proceedings of SII 2017 (2017)