寺尾颯人くん(4年生)が複雑系マイクロシンポジウムで古川賞を受賞しました

2019年4月20日 / お知らせ, 受賞, 学会, 研究

 
平成31年3月2日(土)に北見工業大学で開催された第18回複雑系マイクロシンポジウムで,自律系工学研究室の学部4年,寺尾颯人くんが古川賞(最優秀プレゼンテーション賞)を受賞しました.
 
発表論文は以下の通りです.
 
ある行動をしている動画を LSTM Autoencoder を用いた学習によって特徴ベクトルを抽出して,半教師あり学習によって行動分類を行う手法を提案したものです.古川賞は,最優秀のプレゼンテーション1件にのみ与えられる賞で,大変名誉ある賞の受賞でした. 

 
寺尾 颯人, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTM Autoencoderを用いた半教師あり学習による行動分類のための特徴ベクトル抽出手法, 第18回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 25-30 (2019)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください