4年生5名と修士1年1名が第16回複雑系マイクロシンポジウムで発表しました

2017年3月10日 / お知らせ, 学会

 
平成29年3月10日(金)に公立はこだて未来大学にて,第16回複雑系マイクロシンポジウムが開催されました.
 
自律系工学研究室からは以下の6件の発表がありました.
 
中村 格, 飯塚 博幸, 山本 雅人
Deep Q-Network を用いた影像模倣動作の学習
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 3-6 (2017)
  
杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人
リカレント型畳み込みニューラルネットワークを用いたロボットの自己位置推定
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 9-12 (2017)
  
野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人
階層型リカレントニューラルネットワークを用いた認知地図の自己組織化と目的行動の生成
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 13-17 (2017)
  
池田 宥一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人
姿勢制御によるヘルマンリクガメのオペラント条件付け
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 44-47 (2017)
  
中元 陽介, 飯塚 博幸, 山本 雅人
確信度の伝達を伴う二者間知覚学習における学習効果の解析
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 48-51 (2017)
  
渋谷 尚寛, 飯塚 博幸, 山本 雅人
運動の相互知覚を通したコミュニケーションの進化とその定量的解析
第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 76-81 (2017)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です