複雑系マイクロシンポジウムで野口くん(M1)と渋谷くん(B4)が受賞しました

2017年3月11日 / お知らせ, 受賞

 
平成29年3月10日(金)に公立はこだて未来大学で開催された第16回複雑系マイクロシンポジウムにおいて,自律系の修士課程1年,野口渉くんと4年生,渋谷尚寛くんの二人がそれぞれ優秀講演賞を受賞しました!
 
講演は合計32件あり,その中から3件の発表が受賞しました.受賞した論文は以下の通りです.
 

野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 階層型リカレントニューラルネットワークを用いた認知地図の自己組織化と目的行動の生成, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 13-17 (2017)
 
渋谷 尚寛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 運動の相互知覚を通したコミュニケーションの進化とその定量的解析, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 76-81 (2017)

 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です