野口渉くん(M1)と渋谷尚寛くん(B4)が国際会議AROB2017で口頭発表しました

2017年2月8日 / お知らせ, 学会

 
自律系工学研究室の修士課程1年の野口渉くんと4年生の渋谷尚寛くんが,人工生命とロボティクスるに関する国際会議(The Twenty-Second International Symposium on Artificial Life and Robotics 2017 (AROB 22nd 2017)) で口頭発表を行いました.
 
英語での発表でしたが,ふたりとも落ち着いており良いプレゼンでした.
 
夜は九州の海鮮料理と名物とり天,そして温泉を堪能しました.  
 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です