「2016年」の記事

加藤修くん(M2)が第21回知能メカトロニクスワークショップで口頭発表しました

2016年9月1日 / お知らせ, 学会

 
自律系工学研究室の修士課程2年の加藤修くんが,平成28年8月28日(日)〜29日(月)にかけて公立はこだて未来大学で開催された第21回知能メカトロニクスワークショップで口頭発表しました.
 
発表タイトルは以下の通りです.
 
加藤 修, 加藤 博幸, 山本 雅人, デジタルカーリングにおける局面評価関数の学習, 第21回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, pp. 215-217 (2016)
 
デジタルカーリングの局面を入力とし,得点の期待分布を出力する畳み込みニューラルネットワークの学習を行ったもので,先攻の最終投球前の局面における得点の期待分布にもとづく評価関数により,ヒューリスティックによって人手で作成した既存の局面票関数を用いた場合との比較を行ったもので,人手で作成したのと匹敵する評価関数が得られていることを示したものです.

 
2016-08-29 09.31.45
 
2016-08-29 09.47.34
 
2016-08-29 11.10.37
 
2016-08-29 15.42.54-1

3年生課題の内容をアップしました

2016年8月18日 / お知らせ, ゼミ

 
現在の自律系工学研究室4年生が3年生後期に実施した3年生課題のページをアップしました!
 
自律系工学研究室に配属後,半年ほどでこのような成果を出すことができるようになります.
 

http://autonomous.jp/?page_id=1907

大学院入試の決起集会が開催されました

2016年8月6日 / お知らせ, ジンパ

 
平成28年7月7日(木)の七夕の日に,大学院入試に向けて4年生の決起集会を行いました!
 
今年は自律系では,2名の学生が筆記試験免除となりましたが,その2名は研究がより推進するよう,残りの3名については大学院入試で無事進学できるよう恒例のジンパでお祝いしました.
 
飯塚先生からは,高級ステーキ肉の提供もあり,最後は,ゆるいお好み焼き,安定の焼きそばでシメました.
 
このメンバーで夏旅行に行けるように願っています!(by 山本教授)
 

2016-07-07 18.43.04
 

2016-07-07 19.03.05
 

2016-07-07 20.54.52

利根川凛さん(H27年度修士修了)の論文が情報処理学会論文誌に掲載されました

2016年6月21日 / お知らせ, 論文掲載

 
平成27年度に修士課程を修了した利根川凛さんの論文が情報処理学会論文誌に掲載されました.

ディープラーニングを用いて,被災地の航空写真から地図情報にもとづき,建造物の倒壊/非倒壊を判別する手法を提案したもので,東日本大震災の際などにいち早く被害状況を把握し,被災がれき量の推定を目的としています.
 
論文は,情報処理学会の電子図書館(情報学広場)からダウンロードできます.
 

利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東
被災がれき量推定に向けた畳み込みニューラルネットワークを用いた倒壊建造物の自動抽出
情報処理学会論文誌, 第57巻, 第6号, pp. 1565-1575 (2016)
 
情報学広場:情報処理学会電子図書館

芹沢廉くん(M1)が観光情報学会第13回研究発表会で口頭発表しました

2016年4月24日 / お知らせ, 学会

平成28年4月16日(土)に東北大学河内北キャンパスで開催されている観光情報学会第13回研究発表会に参加しています.
 
自律系からは以下の発表をしています.Twitterの書き込みからイベントに関する単語を検出するために,その単語の地域特性を考慮してローカルなイベントを検出する研究です..
 
芹沢 廉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Twitterにおける特徴語の地域性を用いた比較によるローカルイベント検出, 観光情報学会第13回研究発表会講演論文集, pp. 13-16 (2016)
 
2016-04-16 18.35.26
 
2016-04-16 14.47.12
 
2016-04-16 13.03.48

歓迎会が開催されました

2016年4月6日 / お知らせ, ジンパ

 
平成28年4月6日(水)に,今年度から新たに自律系工学研究室のメンバーに加わった齋藤渉くんと特別聴講生として中国より来日している趙逸凡くんの歓迎会として,ジンパを開催しました.
  
まだ寒いかな,という気温ではありましたが,そこまで気温は下がらず快適なジンパでした.
 

2016-04-06 17.38.27
 
2016-04-06 17.38.34

卒業式・修了式が行われました

2016年4月1日 / お知らせ

平成28年3月24日(木)に卒業式・修了式が行われました.
 
自律系工学研究室からは,卒業生5名,修士修了生5名,博士修了生1名の合計11名が学位記を手にしました.そのうち,卒業生5名は全員修士課程に進学,修士修了生5名のうち,4名が就職,1名が博士後期課程に進学,博士修了生1名は,日本学術振興会特別研究員として研究室に残ります.
 
そのため,11名のうち4名が自律系工学研究室を巣立っていきました.社会に出ての活躍を心より期待しています.
 
夜には打ち上げがあり大いに盛り上がりました.写真には写っていませんが,修士1年生や3年生も参加してくれました!
 
IMG_5509
 
IMG_7239
 
IMG_7242
 
IMG_7253

自律系冬旅行(兼追いコン)が開催されました

2016年3月31日 / お知らせ

 
平成28年3月22日(火)〜23日(水)にかけて,登別温泉万世閣にて自律系冬旅行が開催されました.
 
4月から北見工業大学から新しく修士課程の1年生となり,自律系工学研究室のメンバーになる齋藤渉くんも参加しての旅行でした.
 
温泉,卓球大会,宴会,ビンゴ大会,に加えて夜の2次会は追いコンを兼ねて行いましたが,主役が2名も参加できないという事態となりました.一人ずつ話をしているうちに,恒例のUNO大会の時間が短くなり残念でしたが,その後は朝方まで相当に盛り上がったようです.
  

2016-03-22 21.23.00
 
2016-03-22 22.13.28
 
2016-03-22 19.04.55
 
2016-03-22 20.12.46
 
2016-03-22 17.16.57
 
2016-03-22 19.12.14
 
2016-03-22 23.31.23
 
2016-03-23 10.59.07
 

精密工学会2016年度春季大会で齋藤健太郎くん(M2)の研究発表をしました

2016年3月15日 / お知らせ

 
平成28年3月15日(火)〜17日(木)まで東京理科大学野田キャンパスで開催されている2016年度精密工学会春季大会学術講演会において,修士課程2年の齋藤健太郎くんの研究内容を山本雅人教授が口頭発表しました.
 
齋藤 健太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 動作の分節化を利用した相互学習インタフェース, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 575-576 (2016)
 
2016-03-15 09.34.19

山本雅人教授が第3回カーリング研究会で発表しました

2016年3月15日 / お知らせ, 学会

 
平成28年3月13日(日)にどうぎんカーリングスタジアムで開催された第3回カーリング研究会で発表しました.科学研究費補助金の「カーリングを科学する」プロジェクトで取り組んでいるいくつかの研究についてそれぞれの研究者が発表させていただきました.
 
5.「カーリングを科学する~情報機械技術を統合した新たな戦術支援の試み」プロジェクト
 
(発表順)桝井 文人(北見工大)・伊藤 毅志(電通大)・山本 雅人(北大)・竹川 佳成(はこだて未来大)・松原 仁(はこだて未来大)
 
(1)プロジェクト紹介(桝井 15 分)
(2)デジタルカーリング(伊藤 5 分)
(3)カーリングAI について(山本 10 分)
(4)計測実験について(竹川 10 分)
(5)認知科学実験報告(伊藤・松原 10 分)
 

北海道大学の前野紀一名誉教授が主催した研究会で,カーリングのストーンがなぜ曲がるのか,といったテーマに理論と実験(前川製作所との共同研究)で明らかにしようとしています.
 
我々のグループは,カーリングというスポーツに対して,さまざまな観点から科学的にアプローチすることを試みています.私はデジタルカーリングで動くカーリングプレープログラムについてのお話をさせていただきました
 
第3回カーリング研究会の案内
 
2016-03-13 14.58.58