利根川凛さん(H27年度修士修了)の論文が情報処理学会論文誌に掲載されました

2016年6月21日 / お知らせ, 論文掲載

 
平成27年度に修士課程を修了した利根川凛さんの論文が情報処理学会論文誌に掲載されました.

ディープラーニングを用いて,被災地の航空写真から地図情報にもとづき,建造物の倒壊/非倒壊を判別する手法を提案したもので,東日本大震災の際などにいち早く被害状況を把握し,被災がれき量の推定を目的としています.
 
論文は,情報処理学会の電子図書館(情報学広場)からダウンロードできます.
 

利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東
被災がれき量推定に向けた畳み込みニューラルネットワークを用いた倒壊建造物の自動抽出
情報処理学会論文誌, 第57巻, 第6号, pp. 1565-1575 (2016)
 
情報学広場:情報処理学会電子図書館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です