第15回複雑系マイクロシンポジウムで4年生が口頭発表しました

2016年3月5日 / お知らせ, 学会

 
平成28年3月5日(土)に小樽商科大学札幌サテライトで開催されている第15回複雑系マイクロシンポジウムに参加して,自律系工学研究室の4年生が以下を発表を行いました.

 
西村 亮, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 生物-機械間相互作用のための Deep Q-Network による機械の行動学習, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 55-58 (2016)
 
野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ゲート型リカレントユニットを用いた運動と視覚の分節化と感覚統合モデル, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 59-62 (2016)
 
芹沢 廉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Twitter における特徴語の時系列変化を用いたローカルイベント検出, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 63-66 (2016)
  
石田 純一, 飯塚 博幸, 山本 雅人, サブリミナル刺激を用いた視覚ミスマッチ陰性電位の検出, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 73-76 (2016)
  
森田 萌, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた視覚情報に基づいた自律ロボットの作成および群行動への適用, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 77-80 (2016)

2016-03-05 16.07.54 HDR

2016-03-05 15.54.31 HDR

2016-03-05 15.01.24

2016-03-05 14.39.10 HDR

2016-03-05 14.26.50 HDR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です