卒業論文・修士論文発表会が開催されました

2016年3月4日 / お知らせ

 
平成28年2月8日(月)に卒業論文発表会が,2月9日(火)〜10日(水)に修士論文発表会が開催されました.自律系工学研究室からは4年生5名,修士2年生5名の計10名が発表しました.
 
皆,これまでの成果をしっかり説明していました.
 

【卒業論文】
 
石田純一
サブリミナル刺激を用いた視覚ミスマッチ陰性電位の検出
 
芹沢廉
Twitterにおける特徴語の時系列変化を用いたローカルイベント抽出
 
西村亮
生物ー機械間相互作用のための Deep Q-Networkによる機械の行動学習
 
野口渉
ゲート型リカレントユニットを用いた運動と視覚の分節化と感覚統合モデル
 
森田萌
カメラ画像入力にもとづく自律ロボットの群形成
 

【修士論文】
 
内野 敬介
両腕ラバーハンドイリュージョンにおける運動と視覚がもたらす交差・非交差身体イメージ
 
齋藤 健太郎
入力予測誤差最小化による人間と機械の相互学習インタフェース
 
高田 圭
ネットワーク指標に基づく Hex の局面状態分類とオーダリング関数の最適化による選択探索
 
利根川 凛
被災がれき量推計のための畳み込みニューラルネットワークを用いた倒壊建造物の自動抽出
 
三橋 允
ミニマックス法に基づく報酬を用いたモンテカルロ木探索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です