高田圭くん(M2)が学術研究賞,野口渉くん(B4)が優秀ポスター賞を受賞しました

2015年10月5日 / お知らせ, 受賞, 学会

 
情報処理北海道シンポジウム2015にて,高田圭くん(M2),本庄将也くん(D3),飯塚博幸(准教授),山本雅人(教授)が学術研究賞を受賞し,野口渉くん(B4)が優秀ポスター賞を受賞しました!
 
学術研究賞は,本シンポジウムで最も権威ある賞で,全64編の論文のうち2編のみに与えられる賞で,情報処理学会の推薦論文の対象ともなります.優秀ポスター賞は,当日の発表がポスターの効果的な使用法も含めて優れた発表に与えられるもので,初めての学会発表でしたが落ち着いて発表できていたように思います.
 
高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 棋譜分析に基づく新規探索手法の提案を目的としたHexアプリケーションの開発, 情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集, pp. 99-104 (2015)
 
野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTMとオートエンコーダを用いた感覚統合モデルによる模倣学習, 情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集, pp. 207-210 (2015)

 
IMG_0057

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です