高田圭くん(M2)の論文が人工知能学会論文誌に掲載されました

2015年7月14日 / お知らせ, 論文掲載

 
自律系工学研究室の修士2年高田圭くんが人工知能学会論文誌に投稿していた下記の論文がJ-Stageにて早期公開になりました.本公開は9月の予定です.
 
Hexというボードゲームの戦略に,局面がネットワークで表現できることを利用し,評価関数としてボード全体の媒介中心性に基づく大域的評価と一部のネットワークの媒介中心性に基づく局所的評価を組み合わせ,その重みの切り替えタイミングをサポートベクタマシン(SVM)を用いて学習する手法を提案したものです.
 
高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人

局面ネットワーク特徴量とSVMを用いたHex評価関数の構築 

人工知能学会誌, 第30巻, 第5号 (2015)

 
論文はこちらからダウンロードできます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です