加藤修くん(B4),遠峰孝太くん(B4)が精密工学会春季大会で発表しました

2015年3月20日 / お知らせ, 学会

 
平成27年3月17日(火)から19日(木)まで東洋大学にて開催された精密工学会春季大会に参加してきました.
自律系からは以下の2件の発表がありました.
 

加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ゲーム木探索に基づくカーリングAIの開発, 2015年度精密工学会春季大会講演論文集(2015)
 
 
遠峰 孝太, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた群行動の分類, 2015年度精密工学会春季大会講演論文集(2015)
 

加藤くんは,スポーツのカーリングにゲーム木探索の考え方を応用した戦略生成を行うAIプログラムの開発に関する研究です.
 
遠峰くんは,別なルール群で動いているにも関わらず,人の目では振る舞いの区別がつかない2つの群の振る舞いを個体間の相互作用から判別する畳み込みニューラルネットワークの学習に関する研究です.

 
IMG_0544
 

IMG_0550
 

IMG_0555
 

IMG_0556
 

IMG_0558

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です