家登亮太くん(M2)が国際会議 SII 2014 で発表しました

2014年12月13日 / お知らせ, 学会

 
平成26年12月13日(土)から15日(月)に中央大学後楽園キャンパスでかいさいされているIEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2014)に参加しています.

 

自律系からは,修士課程2年の家登くんが以下の発表をしました.羽ばたいて仮想物理環境を飛ぶ鳥モデルを蔵本モデルに基づく相互作用を導入して,群れ行動を実現して,その振る舞いを解析したものです.

 

Kato Ryota, Iizuka Hiroyuki, Yamamoto Masahito, Swarm Behavior of Simulated Flapping Birds using Kuramoto Model, Proceedings of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2014), pp. 112-117 (2014)

 

IMG_0188

 

IMG_0190

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です