内野敬介くん,高田圭くん(M1),宮澤初穂さん(B4)がSI2014で発表しました

2014年12月17日 / お知らせ, 学会

 
平成26年12月15日〜17日まで東京ビックサイトで開催されている第15回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2014)に参加しています.
自律系からは以下の3件の発表を行いました.
 

IMG_0204

 

1件目の高田くんの発表は,あのJohn Nashが発明したと言われるHexというゲームをプレイするプログラムのための評価関数に関するものです.詳細は以前の記事の論文掲載でも書きました.
 

2件目の宮澤さんの発表は,ニューロフィードバックトレーニング(NFT)と呼ばれる手法を二人で実行したときの相互作用について分析したものです.アルファ波の強さに連動した棒グラフを見せ,その値を大きくするように思考をコントロールすることでアルファ波を強くすることができるようになるNFTを二人で行い,互いに相手のアルファ波の強さのみを見たときにもできるようになるか,というものです.
 

3件目の内野くんの発表は,ラバーバンドイリュージョン(RHI)と呼ばれるゴムの手を自分の手だと思ってしまう現象と,閉眼で腕を交差していると.時間差の小さい刺激を両手の指先に与えると時間差の認識を誤るという時間順序判断に関する知見を併せ,時間差の認識を誤るような設定での指先への刺激によってRHIが生起するかを分析したものです.

 
高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, コンピュータHexにおける大域的・局所的観点に基づく局面評価関数の分析, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集(SI2014), pp. 149-152 (2014)
 
 
宮澤 初穂, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 一者と二者間ニューロフィードバックによるトレーニング効果の比較, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集(SI2014), pp. 164-167 (2014)

  
内野 敬介, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Rubber Hand Illusion下における触覚刺激の時間順序判断, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集(SI2014), pp. 185-188 (2014)

IMG_0210

IMG_0209

IMG_0206

IMG_0211

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です