学会報告:複雑系マイクロシンポジウム

2014年3月3日 / お知らせ, 学会

3月1日に苫小牧市の苫小牧市民活動センターで開催された第13回複雑系マイクロシンポジウムに自律系の学生が参加しました。
また、特別講演として自律系の准教授の飯塚博幸先生が講演を行いました。
講演題目は以下の通りです。

発表者の中には初めてのオーラル発表、および、聴講の学生もいましたが、
卒論発表をさらにブラッシュアップした発表をすることができました。
結果、自律系の学生が一名、優秀プレゼンテーション賞を受賞することができました。
また、終始アットホームな雰囲気であっため、
先生だけでなく学生も、他の講演者に対し質問を行ったり、積極的に議論に参加することができました。

特別講演では、人と機械の差はなんであるのか、という議題を元に活発な議論が行われました。
講演では、言語的でなくミニマルな運動と知覚での身体的相互作用において、いかに機械と人の差が生成されてるのか、
過去の研究や先生の研究に照らし合わせたお話があり、参加者全体で理解を深めました。

【特別講演】
演 題 : 「非言語相互作用における機械と人の区別」 飯塚博幸

【講演題目と受賞】
P1-4 「ゲーム木展開条件に基づくUCT 探索法のHex ゲーム戦略の解析」
○三橋允(北海道大学),本庄将也(北海道大学),飯塚博幸(北海道大学),山本雅人(北海道大学)
P1-5 「ネットワーク指標を用いた Hex 戦略の解析」
高田圭(北海道大学),本庄将也(北海道大学),飯塚博幸(北海道大学),○山本雅人(北海道大学)
P1-6 「被災がれき量推定のための画像データを利用した建造物の倒壊領域特定」<優秀プレゼンテーション賞>
○利根川凜(北海道大学),飯塚博幸(北海道大学),山本雅人(北海道大学),
古川正志(北海道情報大学),大内東(東北大学)
P2-6 「人間と機械の相互学習によるロボット操縦手法の提案」
○齋藤健太郎(北海道大学),飯塚博幸(北海道大学),山本雅人(北海道大学)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です