学会報告:第10回ネットワーク生態学シンポジウム合宿

2013年9月4日 / お知らせ, 学会

9月2から3日にかけて開催された第10回ネットワーク生態学シンポジウム合宿
修士1年の川口光さん、修士2年の小松琢也さんの2名が参加しました.
本シンポジウムは神戸の有馬温泉で行われ,
二日間にわたり活発に議論が交わされました.

招待講演には自律系工学研究室となじみの深い、
サイジニア株式会社の吉井伸一郎代表取締役が招かれ、
自律系の学生たちに研究に対する刺激を与えていただきました。

【学会の講演題目】
小松 琢也:「複数情報の伝播に対する時間遅れの影響」
川口 光 :「類似したネットワークデータの連続的可視化方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です