2000年以前の研究業績

学術論文(国際)

(1) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Ants War with Evolutive Pheromone Style Communication, Lecture Notes in Artificial Intelligence, No. 1674, pp. 639-643 (1999)

 

(2) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Tamotsu Mitamura, Azuma Ohuchi, Cooperative Search Based on Pheromone Communication for Vehicle Routing Problems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E81-A, No. 6, pp. 1089-1096 (1998)

 

(3) Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, A Reduction Method for Theorem Proving based on the Partial-Instantiation Technique, Decision Support Systems, Vol. 23, pp. 720-727 (1998)

 

(4) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Collective Search Algorithm with Pheromone Communication for Vehicle Routing Problems, Intelligent Autonomous Systems 5, pp. 587-594 (1998)

 

(5) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Ecological Approach to Retrieving Agents for Ambiguous Data, Intelligent Autonomous Systems 5, pp. 631-638 (1998)

 

(6) Masahito Yamamoto, Nobuhito Okada, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multiple Alignment of Amino Acid Sequences by Parallel Genetic Algorithm, Intelligent Autonomous Systems 5, pp. 743-748 (1998)

 

(7) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, Theorem Proving based on the Partial Instantiation Technique, Electronics and Communications in Japan, Vol. 79, No. 4, pp. 110-118 (1996)

 

(8) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, A Procedure for Satisfiability Problems Based on the Partial Instrantiation Technique, Electronics and Communications in Japan, Part3, Vol. 78, No. 9, pp. 94-103 (1995)

 

(9) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, Computational Results for Satisfiability Problems, Proceedings of the Third Conference of APORS(The Association of Asian-Pacific Operational Research Societies within IFORS), pp. 538-545 (1994)

 

学術論文(国内)

(1) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, インタラクティブGAに基づく画像検索システムの評価, 人工知能学会誌, 第13巻, pp. 431-438 (1998)

 

(2) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示に基づく定理自動証明, 電子情報通信学会論文誌A, 第J78-A巻, 第7号, pp. 864-871 (1995)

 

(3) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 命題論理におけるβ節充足可能性問題とその解法, 電気学会論文誌 C, 第114-C巻, 第7/8号, pp. 796-804 (1994)

 

(4) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づく充足可能性判定手続き, 電子情報通信学会論文誌A, 第J77-A巻, 第11号, pp. 1577-1584 (1994)

 

(5) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 陰的列挙法に基づくSATアルゴリズム, 情報処理学会論文誌, 第34巻, 第12号, pp. 2464-2473 (1993)

 

解説等

(1) 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 疑似生態系型処理に基づく自立的知能構成に関する研究-マルチエージェントにおけるフェロモン型コミュニケーションの獲得-, 平成9年度文部省科研費重点領域「知能ロボット」研究成果報告会, pp. 196-199 (1998)

 

国際会議

(1) Masahito Yamamoto, Jin Yamashita, Toshikazu Shiba, Takuo Hirayama, Shigeharu Takiya, Keiji Suzuki, Masanobu Munekata, Azuma Ohuchi, A Study on the Hybridization Process in DNA Computing, Preliminary Proceedings of DNA Based Computers 5, pp. 99-108 (1999)

 

(2) Takuo Hirayama, Toshikazu Shiba, Masahito Yamamoto, Kaori Tatsumi, Keiji Suzuki, Shigeharu Takiya, Masanobu Munekata, Azuma Ohuchi, Experimental Results in DNA Computation: solution of an HPP with eight vertices, Preliminary Proceedings of DNA Based Computers 5, p. 249 (1999)

 

(3) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of Competitive Social Behavior in Artificial Society, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 582-594 (1999)

 

(4) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Evaluation strategy for Nurse Scheduling Problem with GA, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop,, pp. 615-628 (1999)

 

(5) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Distributed Scheduling Algorithm with Multi Agent for Vehicle Scheduling Problems, Proceedings of ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 664-676 (1999)

 

(6) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Acceleration of Evolutionary Image Retrieval System, Proceedings of ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 898-913 (1999)

 

(7) Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Prediction of Kan-Sei Model Using MTS, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 914-926 (1999)

 

(8) Takahiro Sakurada, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Detection of Copy Pattern from PIR Protein Sequence Database, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 1091-1099 (1999)

 

(9) Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Acquisition of Evaluation Function for Shogi by learning of Self-play, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 1413-1421 (1999)

 

(10) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Nurse Scheduling Problem Applied to GA with Improved Pareto Selection Scheme, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 355-358 (1999)

 

(11) Masahito Yamamoto, Jin Yamashita, Toshikazu Shiba, Masanobu Munekata, Shigeharu Takiya, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Analysis of the Hybridization Process in DNA Computing, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 359-362 (1999)

 

(12) Yasuhiro Tuchida, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of Separation and Fusion Functions for Multi-Mobile Agent Programing, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 486-489 (1999)

 

(13) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Negotiation Strategies with Learning of Words, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 1222-1225 (1999)

 

(14) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Learning of Words in Negotiation between autonomous Agents, Proceedings of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC’99), pp. 598-603 (1999)

 

(15) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, MTS Approach to Facial Image Recognition, Proceedings of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC’99), pp. 937-942 (1999)

 

(16) Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study on the Construction of Effective Mahalanobis Space, Proceedings of 17th Annual ASI’s Taguchi Methods Symposium, pp. 110-123 (1999)

 

(17) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Robust Face Identification System Using MTS, Proceedings of 17th Annual ASI’s Taguchi Methods Symposium, pp. 124-142 (1999)

 

(18) Suguru Tanaka, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Application of Mahalanobis-Taguchi System to the Prediction of the Prevalence of Infectious Diseases, Proceedings of 17th Annual ASI’s Taguchi Methods Symposium, pp. 143-157 (1999)

 

(19) Keiko Motoyama, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Evolutionary State Space Configuration with Reinforcement Learning for Adaptive Airship Control, Proceedings of the Third Australia-Japan Joint Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems,, pp. 131-138 (1999)

 

(20) Tetsuya Murata, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Team Plays of Soccer Agents based on Evolutionary Dynamic Formations, The Fourth Int. Symp. on Artiflcial Life and Robotics, pp. 354-357 (1999)

 

(21) Takuo Hirayama, Toshikazu Shiba, Masahito Yamamoto, Kaori Tsutsumi, Shigeharu Takiya, Masanobu Munekata, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Analysis of DNA-based Computing Process, The Fourth Int. Symp. on Artiflcial Life and Robotics, pp. 358-361 (1999)

 

(22) Naoyuki Akiyama, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Adaptive Positioning of Soccer Agents with Hybrid Learning System, The Fourth Int. Symp. on Artiflcial Life and Robotics, pp. 759-762 (1999)

 

(23) Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multiagent Approach for Nurse Scheduling Problem, The 15th Triennial Conference, The International Federation of Operational Research Societies (1999)

 

(24) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multiple Ant Colonies Algorithm for Traveling Salesman Problems, Proceedings of the 15th Triennial Conference, The International Federation of Operational Research Societies (1999)

 

(25) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study on Facial Image Recognition based on MTS, he 15th Triennial Conference, The International Federation of Operational Research Societies (1999)

 

(26) Takahiro Sakurada, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Introduction of Copy Pattern in Ahrino Acid Sequences, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 277-280 (1998)

 

(27) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multi-Agents Approach for Subjective Image Retrieval, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1123-1126 (1998)

 

(28) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study on Fitness Landscape of Genetic Algorithm for Optimization Problems, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1235-1238 (1998)

 

(29) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Bottom-up Planning Approach Based on Distributed Pheromone Information, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1475-1478 (1998)

 

(30) Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Collective Approach to Combinatorial Optimization Problems, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1479-1482 (1998)

 

(31) Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, A New Branching Strategy for Satisfiability Problems, Proceedings of ITC-CSCC’97, pp. 39-42 (1997)

 

(32) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Tamotsu Mitamura, Azuma Ohuchi, Neighbours of a Solution in the Vehicle Routing Problem, Proceedings of ITC-CSCC’97, pp. 475-478 (1997)

 

(33) Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Experimental Results of Brancing Rules for Random 3-SAT, Abstract for APORS’97 (1997)

 

(34) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Tamotsu Mitamura, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Multi-Agent Algorithm for Vehicle Routing Problems, Abstract for APORS’97 (1997)

 

(35) Nobuhito Okada, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, The Multiple Alignment of Amino Acid Sequences Using Branch-and Bound Method, Abstract for APORS’97 (1997)

 

(36) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study of Retrieval Support System based on Communication Agents, Proceedings of IWAM’97, pp. 102-107 (1997)

 

(37) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Adaptive Optimization Based on Pheromone Communication for Vehicle Routing, Proceedings of IWAM’97, pp. 283-288 (1997)

 

(38) Hidetoshi Kitada, Kazuhiro Tono, Masahito Yamamoto, Tamotsu Mitamura, Azuma Ohuchi, Toshio Ohyanagi, Norio Matsushima, Multiple Alignment of Biological Sequences Containing Tandem Repeat, Proc. of the Seventh Workshop on Genome Infomatics, pp. 274-275 (1996)

 

(39) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, Theorem Proving based on the Partial Instantiation Technique, Proc. of 34th SICE Annual Conference, pp. 1183-1186 (1995)

 

国内学会

(1) 飯塚 博幸, 斎藤 一, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 協調コミュニケーションツールを用いたエージェントと人の合意形成, 第11回自律分散システム・シンポジウム講演論文集, pp. 155-158 (1999)

 

(2) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, GAによるNeural Networkの段階的生成と応用, 第11回自律分散システム・シンポジウム講演論文集, pp. 205-208 (1999)

 

(3) 松浦 亘男, 沼澤 政信, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, SRループの3次元化拡張に関する研究, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 39-40 (1999)

 

(4) 高松 一樹, 鈴木 恵二, 奥野 拓, 大内 東, Webブラウザをインターフェースとする圃場管理用GISのプロトタイプ構築, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 90-91 (1999)

 

(5) 本山 恵子, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, Actor/CriticモデルにおけるTD-Errorの生成法に関する考察, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 94-95 (1999)

 

(6) 四ツ柳 賢, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 強化学習を用いたコンピュータ将棋における評価関数の選択, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 96-97 (1999)

 

(7) 土田 安鉱, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, モバイルエージェントの分裂/融合機能の実現, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 113-114 (1999)

 

(8) 松野 賢太郎, 斎藤 一, 鈴木 恵二, 大内 東, メディア選択性を考慮したエージェント社会に関する基礎研究, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 115-116 (1999)

 

(9) 平本 雅俊, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントの状況把握能力の検証, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 117-118 (1999)

 

(10) 飯塚 博幸, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 仮想的交渉ワードの獲得による価格交渉エージェントの実現, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 119-120 (1999)

 

(11) 田中 卓, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTS法を用いた感染症発生動向予測, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 127-128 (1999)

 

(12) 田中 卓, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTS法による感染症発生動向予測, 第7回品質工学研究発表大会論文集, pp. 77-80 (1999)

 

(13) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTSに基づく表情認識に関する研究, 第7回品質工学研究発表大会論文集, pp. 73-76 (1999)

 

(14) 中津川 雅史, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTSに関する基礎的検討, 第7回品質工学研究発表大会論文集, pp. 69-72 (1999)

 

(15) 高松 一樹, 鈴木 恵二, 奥野 拓, 大内 東, 圃場情報管理用GISの開発(プロトタイプシステムの構築), 日本機会学会[No.99-9]ロボティクス・メカトロニクス講演会’99 講演論文集, 第2A1巻, 第03号, p. 54 (1999)

 

(16) 奥野 拓, 鈴木 恵二, 手島 昌一, 嘉数 侑昇, 圃場情報管理用GISの開発(システム構成に関する検討), 日本機会学会[No.99-9]ロボティクス・メカトロニクス講演会’99 講演論文集, 第2A1巻, 第03号, p. 53 (1999)

 

(17) 田中 宏明, 大内 東, 自由回答文分類支援機能を用いての「救急医療情報システム」に関する実態調査と分析, 第37回日本病院管理学会学術総会演題抄録集, p. 180 (1999)

 

(18) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, 段階的進化によるNeuralNetwork生成の有効性に関する検討, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 628-631 (1999)

 

(19) 平本 雅俊, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, サッカーエージェントの状況把握能力と行動決定に関する考察, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 195-196 (1999)

 

(20) 寺島 正人, 川村 秀憲, 鈴木 恵二, 大内 東, Ants Warゲームにおける通信の自己組織化, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 187-190 (1999)

 

(21) 土田 安鉱, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, ネットワークベースのマルチエージェントによる分散問題解決, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 177-180 (1999)

 

(22) 本山 恵子, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 小型飛行船への進化的状態空間獲得に基づく強化学習の適用, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 125-128 (1999)

 

(23) 秋山 直之, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, サッカーエージェントによる協調パスプレイの生成, ゲーム・プログラミングワークショップ’99, pp. 193-199 (1999)

 

(24) 田中 宏明, 大内 東, 自由回答文解析機能を付加した医療分野向けアンケートシステムの構築, 第19回医療情報学連合大会, pp. 842-843 (1999)

 

(25) 田中 卓, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 感染症発生動向予測に関する基礎研究, 第19回医療情報学連合大会, pp. 376-377 (1999)

 

(26) Ahmad Jan, Yamamoto Masahito, Suzuki Keiji, Ohuchi Azuma, Improved Evaluation Criteria for Nurse Scheduling Problem using Genetic Algorithm, 第19回医療情報学連合大会, pp. 1-2 (1999)

 

(27) 櫻田 隆宏, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 蛋白質配列における繰り返し抽出システム, 日本生物物理学会第37回講演予稿集, p. 172 (1999)

 

(28) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, インタラクティブ進化計算に基づいた画像検索システムの性能評価, インタラクティブ進化的計算論ワークショップ(1998)

 

(29) 寺島 正人, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 横尾 英俊, データ圧縮のための条件つきLZ法の実現と評価, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 21-22 (1998)

 

(30) 中津川 雅史, 大内 東, 瀬谷 浩一郎, 菅澤 喜男, 情報検索エージェントの協調機能の効率評価, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 23-24 (1998)

 

(31) 平山 拓央, 山本 雅人, 大内 東, 堤 香織, 柴 肇一, 棟方 正信, 滝谷 重治, DNAコンピューティングの8頂点ハミルトン経路問題への適用, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 30-31 (1998)

 

(32) 櫻田 隆広, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, アミノ酸配列コピーパターン抽出における進化計算的アルゴリズム, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 38-39 (1998)

 

(33) 秋山 直之, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントにおけるインターセプト能力の評価, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 102-103 (1998)

 

(34) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, 進化的重み修正法によるニューラルネットワークの生成 -重み修正操作要素数に関する考察-, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 119-120 (1998)

 

(35) 田中 宏明, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 保険・医療・福祉分野におけるインターネットを用いたアンケートシステムに関する考察, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 125-126 (1998)

 

(36) 山本 雅人, 平山 拓央, 鈴木 恵二, 大内 東, 堤 香織, 柴 肇一, 棟方 正信, 滝谷 重治, 組み合わせ問題に関す対するDNA計算アプローチ, 日本オペレーションズ・リサーチ学会,平成10年度春季研究発表会アブストラクト集, pp. 132-133 (1998)

 

(37) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, CMAC-based Q-learninngを用いたGAによる段階的状態分割生成, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’98講演論文集, 1BI1-4(1998)

 

(38) 秋山 直之, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, クラシファイヤーシステムを用いたサッカーシュミレーションエージェントの設計, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’98講演論文集, 1AIII4-1(1998)

 

(39) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, 適応的ニューラルネットワーク生成に向けた重み修正操作の進化的生成, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’98講演論文集, 1AI2-2(1998)

 

(40) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, フェロモンコミュニケーションによる自律的問題分割を用いた配送路問題の解法, 日本機械学会第3回最適化シンポジウム講演論文集, pp. 255-260 (1998)

 

(41) 斎藤 一, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 強調コミュニケーションにおける知識の獲得とその構造化の検討, 情報処理学会第57回(平成10年後期)全国大会講演論文集(1998)

 

(42) 小橋 岳史, 高柳 俊明, 鈴木 恵二, 大内 東, 自己修復挙動を示すCell-like Structureのモデル化, 平成10年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, pp. 171-171 (1998)

 

(43) 田中 宏明, 大内 東, 三田村 保, 宮腰 昭夫, 札幌市医師会夜間急病センターの実態調査と分析, 第36回日本病院管理学会学術総会, pp. 163-163 (1998)

 

(44) 田中 宏明, 三田村 保, 大内 東, 医療分野向けインターネット・アンケートシステムにおける自由回答文の解析, 第18回医療情報学連合大会講演論文集(1998)

 

(45) 三上 圭太, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 反例検索による推論の誤り検出と修正, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 101-102 (1997)

 

(46) 西川 亨, 山本 雅人, 大内 東, 限定合理性に基づく多数決原理のシミュレーション, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 103-104 (1997)

 

(47) 鎌田 慎, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 学生の希望と成績を用いたクラス編成法, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 105-106 (1997)

 

(48) 戸野 一博, 北田 英俊, 山本 雅人, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, アミノ酸配列のtandem repeat 抽出アルゴリズム, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 123-124 (1997)

 

(49) 北田 英俊, 戸野 一博, 山本 雅人, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 分枝限定法によるtandem repeat を考慮したアミノ酸配列の多重アライメント, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 125-126 (1997)

 

(50) 田中 剛範, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 遺伝子配列情報の統合処理支援モジュール, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 127-128 (1997)

 

(51) 蔦 桃子, 鈴木 恵二, 大内 東, 通信の自己組織化に基づく協調的タスク処理に関する研究, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 151-152 (1997)

 

(52) 小滝 和英, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, インターネットを用いたPERT計算支援システム, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 153-154 (1997)

 

(53) 大内 東, 山本 雅人, 棟方 正信, 柴 肇一, 滝谷 重治, 岡田 信人, DNA分子計算による新しい計算パラダイムの基礎的検討, 第54回情報処理学会全国大会, 第1巻, pp. 279-280 (1997)

 

(54) 鎌田 慎, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 総合成績を考慮したクラス編成法に関する一考察, 第54回情報処理学会全国大会, 第1巻, pp. 403-404 (1997)

 

(55) 正野 啓太, 澤田 朋之, 鈴木 恵二, 大内 東, 岩渕 和也, 大野 江和則, 抗原抗体反応のモデル化に関する基礎研究, 第54回情報処理学会全国大会, 第2巻, pp. 105-106 (1997)

 

(56) 山本 雅人, 大内 東, Davis-Putnam の手続きにおける分枝変数選択規則の提案, 第54回情報処理学会全国大会, 第3巻, pp. 329-330 (1997)

 

(57) 長尾 光悦, 三田村 保, 大内 東, 尾田 政臣, WWWによる顔画像データベース検索システムの実現と評価, 第54回情報処理学会全国大会, 第4巻, pp. 257-258 (1997)

 

(58) 田中 剛範, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 遺伝子情報の統合処理支援モジュールの構築, 第54回情報処理学会全国大会, 第4巻, pp. 423-424 (1997)

 

(59) 澤田 朋之, 正野 啓太, 鈴木 恵二, 大内 東, 岩渕 和也, 大野 江和則, 抗原抗体反応の細胞モデルに関する基礎研究, 1997年度精密工学会春期大会, pp. 583-584 (1997)

 

(60) 黒河 徹也, 大内 東, 宮腰 昭男, 加地 太一, 榊山 悠紀士, 救急医療施設の最適配置手法の提案, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 27-28 (1997)

 

(61) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, CMAC-based Q-learning の一般化能力に関する考察, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 89-90 (1997)

 

(62) 荒木 肇, 三田村 保, 大内 東, 加地 太一, 複合移動を用いた遺伝的アルゴリズムによる最適系列分割問題の解法, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 106-107 (1997)

 

(63) 長尾 光悦, 三田村 保, 大内 東, 尾田 政臣, 遺伝的アルゴリズムを適用した顔画像検索システムの実験的評価, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 108-109 (1997)

 

(64) 岡田 信人, 山本 雅人, 大内 東, 柴 肇一, 棟方 正信, 滝谷 重治, DNA 分子計算におけるコーディング配列間の干渉についての考察, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 116-117 (1997)

 

(65) 川村 秀憲, 山本 雅人, 三田村 保, 鈴木 恵二, 大内 東, アントアルゴリズムの配送経路問題への適用, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 164-165 (1997)

 

(66) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, GA によるサッカーエージェントの動的配置探索に関する基礎研究, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 166-167 (1997)

 

(67) 桂 麻希子, 蔦 桃子, 鈴木 恵二, 大内 東, 通信の自己組織化を用いたタスク処理に関する研究, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 168-168 (1997)

 

(68) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, 強化学習による飛行船の運動制御に関する基礎研究, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 869-872 (1997)

 

(69) 桂 麻希子, 蔦 桃子, 鈴木 恵二, 大内 東, 荷物運び問題における通信の自己組織化に関する研究, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 1165-1168 (1997)

 

(70) 荒木 肇, 三田村 保, 大内 東, 加地 太一, 進化型計算による無閉路有向グラフの最適系列分割問題の解法, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 1179-1180 (1997)

 

(71) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントの配置問題に関する研究, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 441-444 (1997)

 

(72) 山内 夕輝, 黒河 徹也, 大内 東, 三田村 保, 宮腰 昭男, 札幌市における在宅療養等サービスに関するアンケート調査の分析, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 346-346 (1997)

 

(73) Ahmad Jan, Nagao Mitsuyoshi, Suzuki Keiji, Ohuchi Azuma, A Study of Facial Image Retrieval System Applying Genetic Algorithm Operators, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 410-0 (1997)

 

(74) 小橋 岳史, 鈴木 恵二, 大内 東, 強化学習に基づく自律的航行制御に関する基礎研究, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 420-420 (1997)

 

(75) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, GA を用いたCMAC-based Q-learning における適応的状態分割, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 421-421 (1997)

 

(76) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントの行動に基づく動的配置探索に関する研究, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 428-428 (1997)

 

(77) 荒木 肇, 三田村 保, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 加地 太一, 最適系列分割問題への遺伝的アルゴリズムの適用 -個体の形質遺伝に関する考察-, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 301-304 (1997)

 

(78) 小橋 岳史, 鈴木 恵二, 大内 東, 行動の多様化に向けた学習法に関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 365-368 (1997)

 

(79) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, CMAC-based Q-learning を用いた飛行船の自律制御に関する研究 – GA を用いた状態分割生成に関する考察 -, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 381-384 (1997)

 

(80) 岡田 信人, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 同時双方向ヒューリスティック探索による蛋白質アミノ酸配列のマルチプルアラインメント, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 391-394 (1997)

 

(81) 正野 啓太, 鈴木 恵二, 大内 東, 境界面の概念を導入した創発的自己組織化モデルに関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 461-464 (1997)

 

(82) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, コミュニケーションエージェントによる検索支援に関する研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 489-492 (1997)

 

(83) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, GA によるサッカーエージェントの動的配置探索問題に関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 493-496 (1997)

 

(84) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, フェロモン情報に基づく配送経路問題の分散最適化手法に関する研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 501-504 (1997)

 

(85) 桂 麻希子, 鈴木 恵二, 大内 東, 通信形態の自己組織化による協調的タスク処理に関する研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 513-516 (1997)

 

(86) 山本 雅人, 平山 拓央, 大内 東, 柴 肇一, 堤 香織, 棟方 正信, 滝谷 重治, DNA 計算における計算精度に関する考察, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 549-552 (1997)

 

(87) 澤田 朋之, 鈴木 恵二, 大内 東, 詰将棋における静的評価関数の学習に関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 595-598 (1997)

 

(88) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, エージェント間の協調動作に基づく分散的探索手法, 第6回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(1997)

 

(89) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, エージェント間のコミュニケーションに基づく検索支援, 第6回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(1997)

 

(90) 村田 哲哉, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, GA によるサッカーエージェントの動的配置探索問題に関する基礎研究, 第6回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(1997)

 

(91) 勝間田 仁, 大内 東, 菅澤 喜男, 分散処理システムにおける故障系列のペトリネットモデルと構造的特性, 情報処理北海道シンポジウム’96, pp. 90-91 (1996)

 

(92) 能登 正人, 栗原 正仁, 大内 東, 拡張ステータス付き経路順序による項書き換え系の停止性検証, 情報処理北海道シンポジウム’96, pp. 151-152 (1996)

 

(93) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 命題論理へのリダクションによる定理自動証明, 情報処理北海道シンポジウム’96, pp. 160-161 (1996)

 

(94) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, Β節充足可能性問題の解法についての考察, 第53回情報処理学会全国大会, 第2号, pp. 143-144 (1996)

 

(95) 鎌田 慎, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 線形計画法を用いたクラス編成問題に関する一考察, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 2 (1996)

 

(96) 小滝 和英, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, インターネットを利用した事業日程計画支援システム, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 7 (1996)

 

(97) 川村 秀憲, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, Simulated Annealing 法によるフライトスケジューリング問題の解法, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 12 (1996)

 

(98) 黒河 徹也, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 札幌市医師会夜間急病センター配置問題の分析, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 13 (1996)

 

(99) 勝間田 仁, 大内 東, 菅澤 喜男, ペトリネットを用いた自律分散システムの解析モデルとその検討, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 15 (1996)

 

(100) 山本 雅人, 大内 東, Β節充足可能性問題の計算複雑性に関する考察, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 16 (1996)

 

(101) 長尾 光悦, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 遺伝的アルゴリズムを用いた顔画像検索アルゴリズム, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 18 (1996)

 

(102) 荒木 肇, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 加地 太一, 遺伝的アルゴリズムによる最適系列分割問題の解法, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 20 (1996)

 

(103) 戸野 一博, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 遺伝子情報の tandem repeat 解析に関する研究, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 21 (1996)

 

(104) 正野 啓太, 澤田 朋之, 鈴木 恵二, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 体液性免疫システムのモデル化, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 22 (1996)

 

(105) 澤田 朋之, 正野 啓太, 鈴木 恵二, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, マルチエージェントによる体液性免疫のモデル化, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 23 (1996)

 

(106) 北田 英俊, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, tanden repeat を考慮した配列アライメント, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 24 (1996)

 

(107) 田中 剛範, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 陽イオンチャンネルタンパク質中の特徴配列の解析, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 25 (1996)

 

(108) 岡田 信人, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 蛋白質立体構造予測のためのthreading 法の検討, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 26 (1996)

 

(109) 桂 麻希子, 山本 雅人, 三田村 保, 鈴木 恵二, 大内 東, TD(λ)強化学習を用いたマルチエージェントの強調的行動の学習, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 180 (1996)

 

(110) 田中 剛範, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 電位依存性陽イオンチャネルのトリペプチド縦列反復配列の解析, 日本生物物理学会第34回年会, p. 51 (1996)

 

(111) 黒河 徹也, 大内 東, 宮腰 昭男, 加地 太一, 榊山 悠紀士, 札幌市夜間急病センター利用患者の実態調査と分析, 第16回医療情報学連合大会, pp. 506-507 (1996)

 

(112) 川上 浩司, 遠藤 聡志, 大内 東, CSによるVehicle Schedule Problemに関する解法の検討, 情報処理北海道シンポジウム’95, pp. 65-66 (1995)

 

(113) 遠藤 聡志, 大内 東, 遺伝的アルゴリズムを用いた概念学習, 日本ファジィ学会第11回ファジィシンポジウム, pp. 215-216 (1995)

 

(114) 田中 剛範, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, タンパク質のダイペプチド縦列反復配列, 生物物理学会第33回年会, p. 175 (1995)

 

(115) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, β節充足可能性問題に対するDavis-Putnamの手続きの拡張, 統計数理研究所研究集会共同研究レポート, 第77号, pp. 42-45 (1995)

 

(116) 赤坂 徹志, 中川 嘉宏, 西村 知芳, 栗原 正仁, ハイパーテキストマークアップ言語によるネットワーク環境学習システムの試作, 電子情報通信学会技術研究報告, pp. 49-56 (1995)

 

(117) 鎌田 慎, 大内 東, 線形計画法を用いたクラス編成法に関する一考察, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 50 (1995)

 

(118) 勝間田 仁, 栗原 正仁, 大内 東, 菅澤 喜男, ペトリネットによる分散協調システムの確率的挙動解析, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 51 (1995)

 

(119) 近藤 久, 栗原 正仁, 二分決定グラフによる項書き換えの停止性検証, 電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 56-57 (1995)

 

(120) 小滝 和英, 大内 東, PERTを用いた日程計画の検討, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 58 (1995)

 

(121) 元田 進一, 大内 東, 合意形成支援機能を持った発想支援システムの構築, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 59 (1995)

 

(122) 藤田 賢, 中川 嘉宏, 大堀 隆文, 栗原 正仁, 自動推論システムにおけるデモジュレーションの完備化, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 317 (1995)

 

(123) 戸野 一博, 大内 東, 松嶋 範男, 遺伝子配列解析のための情報科学的方法論の一考察, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 318 (1995)

 

(124) 北田 英俊, 大内 東, 松嶋 範男, 遺伝子の繰り返し配列におけるアライメント手法の考察, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 319 (1995)

 

(125) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法を用いた定理自動証明手続き, 平成6年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集(1995)

 

(126) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, IEMSATアルゴリズムの実験的評価, 第48回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 3-4 (1994)

 

(127) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 陰的列挙法に基づくβSATアルゴリズム, 第48回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 1-2 (1994)

 

(128) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づいた定理自動証明手続き, 第49回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 13-14 (1994)

 

(129) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 第一階述語論理の充足可能性問題に対する部分例示アルゴリズム, 第25回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集, pp. 171-172 (1993)

 

(130) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 論理的推論問題に対する数理計画法の適用, 統計数理研究所研究集会共同研究レポート, 第45号, pp. 37-43 (1993)

 

(131) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 東, SAT に対する陰的列挙法とDavis-Putnamの方法の関係について, 第46回情報処理全国大会講演論文集(1993)

 

(132) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 述語論理式の充足可能性判定のための部分例示手続き, 情報処理北海道シンポジウム’93講演論文集, pp. 7-8 (1993)

 

(133) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づいた述語論理式の充足可能性判定手続き, 北海道大学工学部研究報告, 第165号, pp. 73-82 (1993)

 

(134) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づいた充足可能性判定手続き, 平成5年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 168 (1993)

 

(135) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 一般化SATに対する陰的列挙法の適用, 平成5年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 167 (1993)

 

(136) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 充足可能性問題に対するJeroslowの手法の拡張, 第44回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 15-16 (1992)

 

(137) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 充足可能性問題の0-1整数計画問題への定式化と計算効率, 第44回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 13-14 (1992)

 

(138) 大内 東, 大柳 俊夫, 山本 雅人, 論理的推論に対する定量的方法-枠組と適用可能性-, 第44回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, p. 11 (1992)

 

(139) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 栗原 正仁, 命題論理充足可能性問題に対する定量的アプローチと記号的アプローチの比較, 第45回情報処理全国大会講演論文集(1992)

 

(140) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 命題論理充足可能性問題に対する記号的方法と定量的方法に関する実験, 平成4年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 240 (1992)

 

(141) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 述語論理の充足可能性問題に対する命題論理へのリダクション, 平成3年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 367 (1991)