業績・著書

研究業績 (2018年)

学術論文(国際)

学術論文(国内)

解説等

(1) Yamamoto Masahito, The Power of Neural Networks for Uncertainty: from Backgammon to Curling, The 1st International Conference on Digital Practice for Science, Technology, Education, and Management (ICDP 2018), Invited Talk, p. (2018)

 

(2) 山本 雅人, AI技術の最新技術と今後の展開, 環境浄化技術, 第2018巻, 第5/6号, pp. 1-4 (2018)

 

(3) 山本 雅人, 伊藤 毅志, 桝井 文人, 松原 仁, カーリングとAI, 情報処理学会誌「情報処理」, 第59巻, 第6号, pp. 500-504 (2018)

 

国際会議

(1) Izuho Suginaka, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Robustness of Mobile Robot Localization using Recurrent Convolutional Neural Network, Proceedings of the 1st International Conference on Digital Practice for Science, Technology, Education, and Management (ICDP 2018), p. (2018)

 

(2) Yosuke Nakamoto, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Reproduction of Swarm Behavior by Learning Individual Rules Using Neural Network, Proceedings of the 1st International Conference on Digital Practice for Science, Technology, Education, and Management (ICDP 2018), p. (2018)

 

(3) Naohiro Shibuya, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Evolution of communication through differentiation of communicative and goaldirected behaviors, Proceedings of the 1st International Conference on Digital Practice for Science, Technology, Education, and Management (ICDP 2018), p. (2018)

 

(4) Masahito Yamamoto, Shu Kato, Hiroyuki Iizuka, Learning of Expected Scores Distribution for Positions of Digital Curling, Proceedings of Workshop on Curling Informatics (WCI 2018), pp. 8-9 (2018)

 

(5) Yuichiro Ikeda, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Combined Method of YOLO and IOU Tracker for Tracking and Identifying Chimpanzees, Proceedings of the 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), pp. 110-115 (2018)

 

(6) Hironobu Horiuchi, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Differentiation of communication signals to establish cooperation using Deep Q-Network, Proceedings of the 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), pp. 156-192 (2018)

 

(7) Kenji Hirata, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Deep Reinforcement Learning Method Enabling Stable Learning in Multi-Agent Environment, Proceedings of the 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2018), pp. 163-168 (2018)

 

国内学会

(1) 山嵜 聖也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ニューラルネットワークを用いた敵対的模倣学習による時系列の複雑化, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 1-4 (2018)

 

(2) 平田 健二, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 味方のプレイスタイルに応じて協調可能な深層強化学習手法, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 5-10 (2018)

 

(3) 中西 啓太, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTMを用いた身体動作に基づくつもりインタフェース, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 48-52 (2018)

 

(4) 松田 啓祐, 飯塚 博幸, 山本 雅人, リカレント型畳み込みニューラルネットワークによる手話動作分類, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 66-69 (2018)

 

(5) 泉 一成, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Deep Q-Networkを用いたPredator-Preyモデルにおける群行動の創発, 第17回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 84-88 (2018)

 

(6) 西村 亮, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 動作模倣のための姿 勢情報抽出を行う二 重オートエンコーダ モデル, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p. (2018)

 

(7) 中西 啓太, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTMによるつもり動作の抽出, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018) 講演論文集, p. (2018)

 

(8) 泉 一成, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 一人称視点画像を用いた Deep Q-Network による群行動の創発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH201) 講演論文集, p. (2018)

 

(9) 池田 宥一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークによるチンパンジーの個体識別, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)講演論文集, pp. 93-95 (2018)

 

(10) 野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 高次元データの認識から生まれる生命性についての深層学習アプローチ, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)講演論文集, pp. 1019-1020 (2018)

 

(11) 松田 啓祐, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 手話動作分類におけるRCNNモデルの性能評価と内部状態解析, 2018年度 人工知能学会全国大会(第32回)講演論文集, pp. 2631-2634 (2018)

 

(12) 山嵜 聖也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 敵対的模倣学習におけるカオス時系列の創発要因, 情報処理北海道シンポジウム2018講演論文集, pp. 168-173 (2018)

 

(13) 堀内 宏信, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Deep Q-Network を⽤いたコミュニケーションシグナルの学習による協調⾏動の獲得, 情報処理北海道シンポジウム2018講演論文集, pp. 152-157 (2018)