2013年の研究業績

学術論文(国際)

(1) Ryosuke Ooe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Study on evolution of the artificial flying creature controlled by neuro-evolution, Artificial Life and Robotics, Vol. 17, No. 3-4, pp. 470-475 (2013)

 

(2) Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Control of water flow to avoid twining of artificial seaweed, Journal of Artificial Life and Robotics, Vol. 17, No. 3-4, pp. 383-387 (2013)

 

(3) Yukiyasu Iwasaki, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Job-shop Scheduling Approach to Order-picking Problem, システム制御情報学会論文誌, Vol. 26, No. 3, pp. 103-109 (2013)

 

(4) Yasumasa Tamura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, The Hybrid Approach of LCO and SA to Solve Job-shop Scheduling Problem, システム制御情報学会論文誌, Vol. 26, No. 4, pp. 121-128 (2013)

 

(5) Tsuyoshi Mikami, Yohichiro Kojima, Kazuya Yonezawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Spectral Classification of Oral and Nasal Snoring Sounds using a Support Vector Machine, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 14, No. 4, pp. 611-621 (2013)

 

(6) Yasumasa Tamura, Masahito Yamamoto, Ikuo Suzuki, Masashi Furukawa, Acquisition of Dispatching Rules for Job-Shop Scheduling Problem by Artificial Neural Networks Using PSO, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 17, No. 5, pp. 731-738 (2013)

 

学術論文(国内)

(1) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合的人工ニューラルネットワーク-教師なし学習を用いた動的制御における選択型ニューラルネットワークアンサンブル-, 精密工学会誌, 第79巻, 第6号, pp. 552-558 (2013)

 

解説等

(1) 古川 正志, 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 渡辺 美知子, 人工生物の群れ行動のモデリングとその行動獲得, 計測と制御, 第52巻, 第3号, pp. 246-251 (2013)

 

(2) 松原 仁, 山本 雅人, 川村 秀憲, 鈴木 恵二, 観光情報学-情報処理技術の観光への適用, システム/制御/情報, 第57巻, 第8号, pp. 316-322 (2013)

 

(3) 山本 雅人, 観光情報学におけるバックグラウンドコンピューティングのすすめ~コンピュータは控えめがいい~, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第9巻, 第1号, pp. 59-63 (2013)

 

国際会議

(1) Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Study on Twining of Virtual Seaweed in Fluid Environment, Intelligent Autonomous Systems 12 Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol. 194, pp. 815-824 (2013)

 

(2) Zhuoran Xu, Mikko Polojärvi, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Attraction Basin Estimating GA: An Adaptive and Efficient Technique for Multimodal Optimization, Proceedings of IEEE Congress of Evolutionary Computation, pp. 333-340 (2013)

 

(3) Zhuoran Xu, Mikko Polojärvi, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, An Attraction Basin Estimating Genetic Algorithm for Multimodal Optimization, Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference, pp. 131-132 (2013)

 

(4) Jun Ogawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, DYNAMIC MODELING AND SIMULATION OF MOVING MARINE PLANT POPULATION, IADAS MULTI CONFERENCE ON COMPUTER SCIENCE AND INFORMATION SYSTEMS, pp. 157-160 (2013)

 

(5) Tsuyoshi Mikami, Kazuya Yonezawa, Yohichiro Kojima, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Tongue Morphology Analysis from the Upper Airway MRI for the Diagnosis of Obstructive Sleep Apnea, Proceedings of the 35th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), p. 3234 (2013)

 

(6) Masaya Honjo, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Extended Particle Swarm Optimization for Traveling Salesman Problem, Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-1 (2013)

 

(7) Kei Takada, Masaya Honjo, Masahito Yamamoto, Strategy of Computer Hex using Network Characteristics, Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-2 (2013)

 

(8) Yasumasa Tamura, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Application of Local Clustering Organization to Reactive Job-shop Scheduling, Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-4 (2013)

 

(9) Kenji Iwadate, Ikuo Suzuki, Michiko Watanabe, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, An Artificial Neural Network Based on the Architecture of the Cerebellum for Behavior Learning , Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-6 (2013)

 

(10) Jun Ogawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Estimation of Twist Phenomenon in Seaweed Population based on Diffusion Kernel , Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-3 (2013)

 

国内学会

(1) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, LEMとDSSMOのハイブリッド法によるネットワークの可視化, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 9-12 (2013)

 

(2) 南 賢一, 山本 雅人, 古川 正志, 注文商品の共起ネットワークを用いた商品の最適配置, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 13-18 (2013)

 

(3) 家登 亮多, 山本 雅人, 古川 正志, 人工生物の群行動獲得と複雑ネットワークに基づく解析, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 29-34 (2013)

 

(4) 高橋 文彦, 山本 雅人, 古川 正志, ニコニコ動画におけるタグの階層構造を利用した検索結果の分類, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 51-56 (2013)

 

(5) 松林 涼平, 古川 正志, 山本 雅人, 筋骨格モデルによる人工生命の行動獲得, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 77-82 (2013)

 

(6) 山本 雅人, 古川 正志, 高谷 敏彦, 大内 東, 画像解析による被災がれき量の推定に関する基礎研究, 情報処理学会第75 回全国大会講演論文集, pp. 497-498 (2013)

 

(7) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 高密度状態における海藻個体群の移動シミュレーションとその力学的解析, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 273-274 (2013)

 

(8) 田村 康将, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, JSPにおける局所クラスタリング組織化法を用いたリアクティブスケジューリング, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 275-276 (2013)

 

(9) Xu Zhuoran, Suzuki Ikuo, Yamamoto Masahito, Furukawa Masashi, The Boundary Archive Genetic Algorithm, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 283-284 (2013)

 

(10) 小松 琢也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 時間遅れを考慮した情報伝播におけるトポロジーの影響について, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 285-286 (2013)

 

(11) 横山 想一郎, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 割り付けルールによる局所探索を用いたジョブショップスケジューリング問題の近似解法, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 291-292 (2013)

 

(12) 本庄 将也, 山本 雅人, 古川 正志, 巡回セールスマン問題に対する粒子群最適化法の拡張, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文, pp. 295-296 (2013)

 

(13) 田中 航介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 電子掲示板におけるスレッドの分類指標の検証, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文, pp. 297-298 (2013)

 

(14) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 進化的ニューラルネットワークによる仮想ロボットの協調行動の獲得, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文, pp. 299-300 (2013)

 

(15) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, LEMとDSSOMのハイブリッド可視化法におけるパラメータ調整, 第98回知識ベースシステム研究会 人工知能学会研究会資料SIG-KBS-B203, pp. 21-26 (2013)

 

(16) 南 賢一, 古川 正志, 山本 雅人, 注文商品の共起ネットワークを利用した商品配置方法の提案, 情報処理学会研究報告知能システム(ICS), 第2013-ICS-1巻, 第10号, pp. 1-6 (2013)

 

(17) 高橋 文彦, 山本 雅人, 古川 正志, ニコニコ動画における共起関係を用いたタグの階層化, 情報処理学会研究報告知能システム(ICS), 第2013-ICS-1巻, 第3号, pp. 1-6 (2013)

 

(18) 小松 琢也, 山本 雅人, 古川 正志, 伝播遅れを考慮した情報伝播モデルにおける複数情報の伝播, 人工知能学会データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会報告(2013)

 

(19) 三上 剛, 米澤 一也, 小島 洋一郎, 山本 雅人, 古川 正志, 上気道MRIにおける舌領域の形態と睡眠時無呼吸症の重症度との相関性, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 45-46 (2013)

 

(20) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 撹拌シミュレーションに基づく海藻群の移動解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-M01(2013)

 

(21) 松林 涼平, 古川 正志, 山本 雅人, 筋骨格モデルによる人工生命の行動獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-N02(2013)

 

(22) 家登 亮多, 山本 雅人, 古川 正志, スワームモデルの複雑ネットワークに基づく行動解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-N03(2013)

 

(23) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 役割の動的変化を伴う協調行動の進化的獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-N04(2013)

 

(24) 岩館 健司, 鈴木 育男, 渡辺 美知子, 山本 雅人, 古川 正志, STDP 則に基づくオンライン学習型ニューラルネットモデルの提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1P1-M06(2013)

 

(25) 家登 亮多, 山本 雅人, 古川 正志, スワームモデルにおける群行動の学習と協調動作の獲得, 2013年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 63-64 (2013)

 

(26) 松林 涼平, 山本 雅人, 古川 正志, 筋骨格モデルを用いた人工カエルの跳躍行動制御, 2013年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 111-112 (2013)

 

(27) 横山 想一郎, 山本 雅人, 古川 正志, 割り付けルールによるフレキシブルジョブショップ問題の解法, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 761-762 (2013)

 

(28) 南 賢一, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワークトポロジー上の自己組織化マップによる商品配置, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 765-766 (2013)

 

(29) 利根川 凛, 山本 雅人, 古川 正志, 被災がれき量推定のための画像領域を利用した建造物の変化検出, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 773-774 (2013)

 

(30) 大江 亮介, 鈴木 育男, 古川 正志, 山本 雅人, 選択型ニューラルネットワークアンサンブルによる仮想ロボットの複合的行動獲得, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 787-788 (2013)

 

(31) 小松 琢也, 山本 雅人, 古川 正志, 複数情報の伝播に対する時間遅れの影響, 第10回ネットワーク生態学シンポジウム講演論文集, p. 21 (2013)

 

(32) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, 類似したネットワークデータの連続的可視化方法, 第10回ネットワーク生態学シンポジウム講演論文集, p. 21 (2013)

 

(33) 田中 航介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 2部グラフによる電子掲示板のスレッド分類手法, 第12回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp. 181-182 (2013)

 

(34) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, 時間変化を考慮したネットワーク可視化方法, 第12 回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp. 193-194 (2013)

 

(35) 小川 純, 山本 雅人, 古川 正志, 群移動シミュレーションにおける相互作用の解析支援システム-柔軟構造体群の移動時に発生する絡みの評価指標設計とその特徴解析-, 情報処理学会北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 13-20 (2013)

 

(36) 斎藤 健太郎, 山本 雅人, タブレット型端末を用いた人工ペットモデルの作成, 情報処理学会北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 21-24 (2013)

 

(37) 本庄 将也, 山本 雅人, 古川 正志, 巡回セールスマン問題に対する粒子群最適化の提案と性能評価, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 51-56 (2013)

 

(38) 利根川 凛, 山本 雅人, 古川 正志, 画像情報を利用した建造物の変化抽出による被災がれき量推定, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 169-174 (2013)

 

(39) 三橋 允, 本庄 将也, 山本 雅人, 枝刈りによる既存Hexゲーム戦略におけるUCTアルゴリズムの効率化, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 217-220 (2013)

 

(40) 高田 圭, 本庄 将也, 山本 雅人, HEX評価関数への媒介中心性の反映, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 223-226 (2013)

 

(41) 田村 康将, 山本 雅人, 古川 正志, 人工ニューラルネットワークを用いて獲得されるディスパッチングルールの調査, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 875-880 , 1L1-5(2013)

 

(42) 小松 琢也, 山本 雅人, 古川 正志, 情報伝播における人の振る舞いに由来する伝播遅れの影響, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 881-884 , 1L2-1(2013)

 

(43) 横山 想一郎, 山本 雅人, 古川 正志, 進化計算と局所探索の組み合わせによるジョブショップスケジューリング問題の解法, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 897-900 , 1L2-5(2013)

 

(44) 本庄 将也, 山本 雅人, 巡回セールスマン問題向け並列粒子群最適化の提案, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 914-919 , 1L3-5(2013)