深層学習によるチンパンジーの行動目録の自動作成

 
 

動物園の飼育動物の健康管理や飼育環境の改善のため、人工知能によってチンパンジーの行動目録を自動的に作成するシステムを開発しています

 
 動物園の飼育動物達は野生と全く異なる環境に置かれています。そのためストレスが原因となって、健康上の問題が発生したり、野生では見られない異常行動を見せたりします。時には死亡事故が発生することもあり、飼育動物の異常を見抜くことは深刻な課題となっています。しかし、こういった異常はいつ起こるか分からないため、飼育員の方々は日々のケアや録画ビデオのチェックに大変な労力を払っています。よって、われわれは札幌市円山動物園と協力し、人工知能によるチンパンジーの行動目録(エソグラム)の自動作成システムの開発を試みています。
 

 
 
 
 
 
 
 行動目録とは「どのチンパンジーが・いつどこで・何をしていたか」を記録したもので、飼育動物の健康状態を把握するために用いられます。行動目録の自動作成をするためには「個体識別・トラッキング・行動分類」の3つが出来なくてはなりません。しかし、飼育動物にウェアラブルデバイスなどのセンサ類を取り付けて計測を行うと逆にストレスを与えてしまうため、遠隔的に撮影された動画のみから行動目録を作成しなくてはなりません。本研究では深層学習(ディープラーニング)の手法によって動画による行動目録の自動作成システムを実現させ、実際の動物園において飼育動物管理システムとして応用することを目指しています。