学術研究員

田川幸宏


北海道札幌市出身
2011年 博士号(工学)取得
同年 室蘭工業大学大学院工学研究科
博士後期課程 修了
 
研究テーマ ー 制御理論 ー

博士後期課程 学位論文題目:
適応機能を持つ速度計測アルゴリズムに関する研究

博士後期課程3年

吉成 昇

博士後期課程2年

高田 圭(たかだ けい) (日本学術振興会特別研究員(DC1))

takada北海道札幌市出身
 
2010年 北海道札幌手稲高等学校 卒業
2014年 北海道大学工学部
    情報エレクトロニクス学科 卒業
2016年 北海道大学大学院情報科学研究科
    情報理工学専攻 修士課程 修了
 

研究テーマ 
ー 世界1位のコンピュータHexの開発 ー

 
 Hexというボードゲームを知っていますか?ノーベル賞受賞者の数学者ジョン・ナッシュが考案したボードゲームです。Hexをするコンピュータを開発していて、強くすることを目的に日々研究しています。ComputerOlympiadというコンピュータ同士の国際大会の競技種目のひとつでもあって、自律系から毎年参加しています.
 
自律系は研究も遊びも全力で取り組んでいる研究室です。近くの体育館でバトミントンをしたり、定期的にBBQをしたり、年2回旅行したり、よく飲んだり、ドライブしたりと、みんなでよく遊びます。もちろん、研究も全力で取り組んでいます。大学来たからには研究したい!遊びたい!という方々、ぜひ自律系にどうぞ!

修士過程2年

石田 純一(いしだ じゅんいち)

 
研究テーマ:

この研究室は、今より忙しくも充実した生活を提供します。3年生の間は、毎週課題を与えられ、自ら考え、調べ、解き、発表し、議論します。この継続により、問題解決能力、発表能力、議論能力といった研究に必要な能力が養われていきます。課題や講義、研究等で困ったときは、快く相談に乗ってくれます。有意義な研究活動を行える環境が整った研究室です。

芹沢 廉(せりざわ れん)

 青森県八戸市出身
2012年 青森県立八戸東高校卒業

 

研究テーマ 
ー 人狼ゲームAIの開発 ー

 
修士2年になります。配属から2年、あっという間でした。研究テーマを鞍替えしたこともあり、今のテーマを残り1年でどこまで進められるかが勝負です。
優秀な後輩がたくさん入ってきて、研究室の雰囲気が少しずつ変化しているのを感じます。先輩からも後輩からも良い刺激をもらえる環境がある今、飛躍の年であると意識して奮闘したいと思っています。

西村 亮(にしむら りょう)

 北海道札幌市出身
2012年 北海道札幌月寒高校卒業
 

研究テーマ 
ー DeepLearningによる画像生成 ー

 
こんにちは!西村です。
自律系のメンバーは一生懸命楽しむ人が多いなと思っています。先輩方はなにかわからないことがあったらすぐ教えてくれて、とても頼りになるし、普段の生活では、突発的に飲み会があったり、バドミントンや卓球、ボードゲームなんかをして、研究、勉強をしながらも、他のことでも楽しむ!というとても雰囲気のいい研究室です。研究室で充実した生活を過ごしたいという人に自律系はおすすめです。

野口 渉(のぐち わたる)

 岡山県美作市出身
2012年 岡山県立津山高等学校 卒業
2016年 北海道大学工学部
    情報エレクトロニクス学科 卒業
 

研究テーマ
ー 階層的リカレントニューラルネットワークを用いた空間認知能力のモデル化 ー

 
ヒトが道に迷わないで目的地にたどり着けたり,近道をしたりといった空間中での適応的な行動を取ることができるのは,ヒトが認知地図(Cognitive map)と呼ばれる空間構造の内部モデルを脳内にもっているからであると考えられています.実際,ネズミの脳内に特定の場所でのみ活動する場所細胞やネズミの活動する平面に対応した2次元の格子状の活動パターンを示す格子細胞が発見されていることからも,認知地図の存在は裏付けられています.認知地図は文字通り空間を俯瞰的にとらえた地図のようなもので,認知地図上の自分の今の位置と目的地の位置から考えて,どう歩いていけば目的地につけるのかがわかる,というわけなのですが,ここで,その認知地図はどのようにして獲得できるのか,という疑問が生じます.通常,ヒトが得ることのできる感覚情報は,目で見た視覚映像や自分がどう歩いたか,といった主観的な感覚のみで,地図のような客観的視点からの感覚情報は得られないため,認知地図のような空間の客観的なモデルの獲得方法は自明ではありません.
われわれは,階層的なリカレントニューラルネットワーク(RNN)を用いて,いかにして主観的な視覚と運動感覚だけから認知地図の獲得が可能か研究しています.

森田 萌(もりた めぐみ)

 埼玉県白岡市出身
2012年埼玉県立川越女子高校卒業

 

研究テーマ
ー 畳み込みニューラルネットワークを用いた自律ロボットによる群形成 ー

  
群行動のシミュレーションではBoidsアルゴリズムが有名ですね。私は視覚情報によって行動を制御する自律ロボットをつくって、群行動のシミュレーションに適用させる研究をしています。
 
自律系は先生も先輩方もとても優しいアットホームな研究室です。研究室には大体誰かしらいるので色々と質問もできます。飲み会も多々あるのでイベント好きな方はぜひ!

修士課程1年

賀川 祐太朗(かがわ ゆうたろう)

北海道札幌市出身
2013年 北海道大麻高等学校 卒業
2017年 室蘭工業大学情報電子工学系学科 卒業

この春から自律系工学研究室で研究させていただくことになりました, 賀川です.
去年までは外部の大学で最適化に関連する研究に従事していました.
外部からの進学ということでまだ自律系での研究テーマは決まっていませんが, 前の研究室で学んだ内容を生かしつつ, 自律系の特色も取り入れた研究に取り組んでいきたいと考えています.
この研究室は, 和気藹々としていて親しみやすい雰囲気を作りつつも, 一方で各々の研究に対するモチベーションは非常に高く, 真面目に取り組んでいるところが魅力的だと感じています.
自律系に興味をお持ちになった方, 外部からの院進学を希望される方は是非一度研究室を訪問してみてください.

中元 陽介(なかもと ようすけ)

 石川県白山市出身
2013年 石川県立金沢錦丘高等学校卒業

 

研究テーマ
ー 人と機械のペアによる知覚学習 ー

 
私は4年生の始めあたりから、人の行動やその変化など、認知科学の分野に興味を持ち、それについて何かしたいと思っていました。これは工学系とはあまり関係のなさそうな内容ですが、この研究室では自由にやらせてもらえることができ、現在は人を対象にした研究を行なっています。

自律系の研究室はゼミが多いのもそうですが、学外の方のお話を聞く機会も多い印象があります。そのため、今まで自分が知らなかったような面白いお話をたくさん聞くことができ、いろいろなことに興味を持つことができます。このように、様々な研究について知れるのもこの研究室の強みだと思います。

杉中 出帆(すぎなか いずほ)

 北海道札幌市出身
2013年 札幌第一高校卒業
2017年 北海道大学工学部 情報エレクトロニクス学科 卒業
  

研究テーマ
ー 自律ロボットの自己位置推定 ー

 
僕は自律ロボットの自己位置推定というテーマで研究を行っています。人間にとっては簡単なことですが、コンピュータには解決が困難である問題の一つとしてコンピュータビジョンと呼ばれる分野があり、僕が扱っているテーマもこのチャレンジングな課題の一つとして考えられます。研究を進めていくうち、論文を読んでいくうち、コンピュータは思ったよりも多くの課題を解決できるらしいということがわかってきました。このような発見を自分の手でみつけたり、他の人から聞いたりすることに面白みを感じています。

自律系は、研究室内の皆さんとの議論や、国内外の発表を通して自分を成長させることができるところだと思います。自律系に来られた際には是非気軽にお話しましょう。

池田 宥一郎(いけだ ゆういちろう)

 北海道札幌市出身
2011年 北海道札幌南高校卒業

 

研究テーマ
ー カメにインターフェイスを使わせる ー

 
この情報社会の中で私たちはヒトは日々の生活で難なく道具を使用して豊かな生活を築きあげています.それこそがヒトがヒトたる所以であると考える一方で,「では動物に道具を使わせることができたら?」という興味が湧きました.もし動物が道具を使いこなせることができれば日々の生活における動物の役割は一変するでしょうし,道具を使う上で重要な脳の働きについて解明できるかもしれません.というわけで私はカメにインターフェイスを使わせられないかという夢に溢れた研究をしています.

自律系では普段他愛もない世間話やゲームなどを気軽にできる環境で,リラックスしながら研究ができています,しかし,だからといって遊んでいるばかりではありません.毎週のゼミでは他の研究室以上に先生,先輩方から熱心な指導を受けており,学会などへの参加も積極的に行われています.遊びに研究に,充実した生活を送りたい方は是非とも自律系へ!

P.S. カメは匂いませんので苦手な方でも大丈夫です!

中村 格(なかむら いたる)

 北海道札幌市出身

2013年 北海道札幌北高校卒業
 

 

研究テーマ
ー 強化学習を用いた動作生成 ー

 
人や動物の動きに興味があり,様々な動きをロボットに模倣させることはできないかと考えています.
形状が違う複数のものを1つのものに模倣させることは容易ではありません.しかし,それができれば様々な特徴がわかるのではないでしょうか.

この研究室は様々なことが学べる研究室です.周囲の研究への熱意は高く,いつも刺激を受けています.
行事も多く,遊びと研究のメリハリのある研究室なので,僕のような自分に甘い人間でも充実した生活を送れます!

渋谷 尚寛(しぶや なおひろ)

 北海道札幌市出身

2013年 北海道札幌北高校卒業
 
 

研究テーマ
ー 運動の相互知覚を通したコミュニケーションの進化 ー

 
コミュニケーションというと言語や声を使ったものなど様々考えられます.
僕の研究では,それらのコミュニケーションがどのように生まれ,進化していったかをコンピュータ上でシミュレーションすることで明らかにしようとしています.

自律系はゼミが多く,先生方や先輩方と気軽に意見交換を出来る環境が整っています.自分では気づけなかったこともゼミを通して身につくことが多いです.
旅行・ジンパ・飲み会など研究以外も活発なので,充実した研究室生活が送れています.
研究室生活を充実させたい人はぜひ自律系へ!

学部4年

泉 一成(いずみ かずなり)

出身(生まれたの)は札幌、(育ったのが一番長いのは)江別です。
2013年 札幌北高校卒業
 
研究テーマ:未定

 
自律系工学研究室は研究室全体で仲が良く、とても雰囲気が良い研究室です。
先輩たちは様々な分野の研究をしているので、その中から得られる知識も多種多様です。三年生では配属されてから課題がありますが、これにより今まで授業で聞いたことがあるだけで使うことはできなかった知識などを実際に使えるようになり、力になります。

中西 啓太(なかにし けいた)

兵庫県出身
県立西脇高等学校卒業
 
研究テーマ:未定

この研究室では3年生の間3年課題というものが出されますが、課題でわからないことがあった場合は上級生に質問することができます。このおかげで他の研究室よりも上級生とのつながりが強いという特徴があります。当たり前ですが上級生のみなさんは様々な知識なノウハウを持っていらっしゃるので教えていただくだけでもとても勉強になります。

平田 健二(ひらた けんじ)

北海道深川市出身
2014年 旭川市立旭川東高等学校卒業
 
研究テーマ:未定

私は配属されて間もないため、まだ研究テーマが決まっていません。したがって現在は研究テーマを決めるために様々なことに触れて吸収していく期間にあります。やりたいことが明確に決まっている人もそうでない人も、様々な技術や知識を身につけていくことは自分の可能性を広げるためにとても重要なことです。その点では自律系は3年生ゼミにおいて早い段階から最低限の知識をつけられるため自分のためになる研究室だと思います。

松田 啓佑(まつだ けいすけ)

北海道旭川市出身
2014年 旭川東高等学校卒業
 
研究テーマ:未定

知識は実践にうつされることで、更に多くの意義が生まれると思います。
3年生のうちは課題が与えられ、授業で習ったアルゴリズムなどを
プログラムで書いて実際に動かすことが必要になります。
それによって今まで気づかなかった面白さに気づいたり、
新たな知見を得ることができただけでもこの研究室を選んで良かったと思っています。

山嵜 聖也(やまざき せいや)

長野県長野市出身
2013年 長野県長野高校卒業
 
研究テーマ:未定

去年の10月から自律系工学研究室に配属されましたが、先輩方は研究熱心な方が多く、何を聞いてもちゃんと親身になってこたえてくれます。しかも、毎週3年生には課題が与えられ、今までとは比べ物にならないくらい忙しくなりましたが、その分充実した毎日をすごすことができます。もしもこの研究室に配属されていなかったら自堕落な生活を送っていたんだなと断言できます!
充実した毎日を過ごしたい方は是非自律へ!