EN JP
人工生命・人工知能・ディープラーニング

卒論・修論タイトル

修士論文 (2020年度)

デジタルカーリングにおける得点差と残りエンド数を考慮した期待得点分布予測(安宅 耕太郎)

水路の水位予測におけるレーダ雨量予測学習を介した予測精度の改善(石川 拓実)

監視カメラ映像を用いた飼育動物のエソグラムの自動生成(加藤 圭吾)

圧縮動画と2DCNNを組み合わせた半教師あり行動認識手法(寺尾 颯人)

分散型マルチエージェント環境におけるコミュニケーションシグナルを用いた協調行動のための深層強化学習手法(堀内 宏信)

卒業論文 (2020年度)

物体検出と圧縮アルゴリズムによるホッキョクグマの常同行動検知(長田 光喜)

敵対的生成ネットワークを用いた敵対的模倣学習のモデル化 と時系列の複雑化(佐々木 太樹)

過去の修士論文・卒業論文タイトル

修士論文

2019年度

植物プランクトンの形状類似性を考慮した階層型分類(石田 純一)

リカレント畳み込みニューラルネットワークを用いた自己位置推定の頑健性(杉中 出帆)

SSDとI3Dを用いたツシマヤマネコのトラッキングと発情兆候検出(泉 一成)

定点カメラを用いたI3Dによる購買者の保持商品認識と保持時間の解析(貝塚 裕)

深層学習によるオフィスビルの空調データを用いた室温変化予測(中西 啓太)

World Modelのオンライン学習を用いたモデルベース強化学習(平田 健二)

手話学習システムのための手形と軌道に基づく単語認識と誤りの検出(松田 啓佑)

敵対的模倣学習による時系列の複雑化と構造化(山嵜 聖也)

2018年度

YOLOによる個体識別を利用したオフライントラッキング手法(池田 宥一郎)

SfMを利用した産業廃棄物最終処分場の三次元形状復元と容量推定(賀川 祐太朗)

身体的相互作用を通した群れの合意形成(渋谷 尚寛)

広告画像の自動生成に向けた深層学習評価モデルの構築(中村 格)

メダカにおける生物-機械間相互作用の確立とその振舞いの解析(中元 陽介)

2017年度

JSPにおける問題特徴を考慮した可変タブーリスト長TS/PRの提案(斎藤 渉)

人狼ゲームにおけるニューラルネットワークによる人狼推定(芹沢 廉)

2重オートエンコーダを用いた姿勢模倣(西村 亮)

階層型RNNを用いた視覚・運動統合学習による空間認知モデル(野口 渉)

2016年度

連続性と不確定性を含むデジタルカーリングにおけるゲーム木探索(加藤 修)

Perceptual Crossing実験における協調的相互作用の持続性の解析と向上(齋藤 宗太郎)

畳み込みニューラルネットワークによるメダカ群の時間特性の解析(遠峰 孝太)

ニューロフィードバックを用いた二者間脳波相互作用の実現(宮澤 初穂)

2015年度

両腕ラバーハンドイリュージョンにおける運動と視覚がもたらす交差・非交差身体イメージ(内野 敬介)

入力予測誤差最小化による人間と機械の相互学習インタフェース(齋藤 健太郎)

ネットワーク指標に基づく Hex の局面状態分類とオーダリング関数の最適化による選択探索(高田 圭)

被災がれき量推計のための畳み込みニューラルネットワークを用いた倒壊建造物の自動抽出(利根川 凛)

ミニマックス法に基づく報酬を用いたモンテカルロ木探索(三橋 允)

2014年度

羽ばたきの相互作用によるフォーメーションと群の安定性(家登 亮多)

構造変化が微小なテンポラルネットワークの可視化方法(川口 光)

筋骨格モデルを用いた人工生命の適応行動と筋構造の共進化(松林 涼平)

自己組織化マップを用いた物流センター内の商品の最適配置(南 賢一)

2013年度

海洋バイオマス培養における絡み制御技術に関する研究(小川 純)

人の伝達時間と物理時間スケールの違いが生み出す複数情報伝播ダイナミクス(小松 琢也)

JSPにおける割付け規則の学習と探索アルゴリズムへの応用(田村 康将)

JSPにおける局所的な割当て規則の適用による逐次改善法の提案(横山 想一郎)

2012年度

ジョブショップを用いた物流センターにおけるピッキングスケジュールの最適化(岩崎 幸安)

バッタモデルにおける複合ロコモーション行動の獲得(梅村 裕太)

コミュニティ分割問題に対する動的近傍競合学習の適用(小野寺 大地)

ネットワーク類似度を用いた特定の特徴量分布を持つネットワーク生成方法(瀧見 優太)

動的近傍を用いた局所エネルギー最小化法によるネットワークの可視化(辻本 陽平)

人工生物の形態獲得に関する遺伝子型表現の研究(萬谷 和之)

2011年度

巡回経路分割を用いた分割統治法による大規模巡回セールスマン問題の解法(石川 和典)

部分経路の挿入を導入したPSO戦略によるTSPの解法(市瀬 光生)

東日本大震災におけるリツイートネットワークの解析と成長予測(小笠原 寛弥)

筋骨格モデルによる人工生物の遊泳獲得(福本 晃宏)

局面ネットワークの特徴量を利用した Hex ゲーム戦略(本庄 将也)

卒業論文

2019年度

メダカと機械の双方向相互作用における異なる視覚刺激がもたらす振る舞いの解析(阿内 克樹)

畳み込みニューラルネットワークを用いた色の錯視の再現(市川 貴大)

画像分類を用いた浄水処理における凝集剤注入量の過不足判定(野村 和史)

畳み込みニューラルネットワークを用いた視覚と聴覚の統合学習(中村 健)

自己教師タスクによるメタ強化学習(荒木関 渉)

2018年度

不確定ゲームにおける深層強化学習による評価関数の獲得(安宅 耕太郎)

敵対的生成モデルを用いた強化学習による動作模倣手法(鷲見 知早)

リカレントオートエンコーダを用いた行動の教師無し分類(寺尾 颯人)

Deep Q-Network を用いたコミュニケーションシグナルの自己組織化(堀内 宏信)

2017年度

味方のプレイスタイルに応じて協調可能な深層強化学習手法(平田 健二)

Deep Q-Network を用いた Predator-Prey モデルにおける群行動の創発(泉 一成)

LSTMを用いた身体動作に基づくつもりインタフェース(中西 啓太)

リカレント型畳み込みニューラルネットワークによる手話動作分類(松田 啓佑)

ニューラルネットワークを用いた敵対的模倣学習による時系列の複雑化(山嵜 聖也)

2016年度

リカレント型畳み込みニューラルネットワークを用いたロボットの自己位置推定(杉中 出帆)

確信度の伝達を伴う二者間知覚学習における学習効果の解析(中元 陽介)

運動の相互知覚を通したコミュニケーションの 進化とその定量的解析(渋谷 尚寛)

姿勢制御によるヘルマンリクガメのオペラント条件付け(池田 宥一郎)

Deep Q-Networkを用いた影像模倣動作の学習(中村 格)

2015年度

サブリミナル刺激を用いた視覚ミスマッチ陰性電位の検出(石田 純一)

Twitterにおける特徴語の時系列変化を用いたローカルイベント抽出(芹沢 廉)

生物ー機械間相互作用のための Deep Q-Networkによる機械の行動学習(西村 亮)

ゲート型リカレントユニットを用いた運動と視覚の分節化と感覚統合モデル(野口 渉)

カメラ画像入力にもとづく自律ロボットの群形成(森田 萌)

2014年度

カーリング戦略の不確実性を考慮した候補手評価手法(加藤 修)

Perceptual Crossing 実験における人と同等の相互作用を形成するAIの開発(斎藤 宗太郎)

畳み込みニューラルネットワークによる生物集団の判別(遠峰 孝太)

恒常性ニューラルネットワークを用いた多脚ロボットの未経験変動への適応(中井 啓貴)

二者間ニューロフィードバックトレーニングの提案と訓練効果の検証(宮澤 初穂)

2013年度

人間と機械の相互学習によるロボット操作手法の提案(斎藤 健太郎)

ネットワーク指標を用いたコンピュータHex戦略の開発(高田 圭)

被災がれき量推定のための画像データを利用した建造物の倒壊領域特定(利根川 凛)

ゲーム木展開条件に基づくUCT探索のHexゲーム戦略の解析(三橋 允)

2012年度

筋骨格モデルによる人工生命の行動獲得(松林 涼平)

人工生物の群行動と複雑ネットワークに基づく行動解析(家登 亮多)

ニコニコ動画におけるタグの階層構造を利用した検索結果の分類(高橋 文彦)

LEMとDSSOMのハイブリッド法によるネットワーク可視化(川口 光)

注文商品の共起ネットワークを利用した商品配置方法の提案(南 賢一)

2011年度

人工海藻の絡み現象に関する研究(小川 純)

信頼関係ネットワークにおける相反情報伝播モデルの提案(小松 琢也)

フラクタル図形を用いた階層型データの可視化(田中 航介)

半順序先行関係を持つジョブショップスケジューリング問題の解法(田村 康将)

非対称なコストを持つ巡回セールスマン問題に対する局所クラスタリング組織化法の適用(横山 想一郎)