人狼ゲームAIの開発

 近年,人工知能の研究が盛んに行われています.その研究分野の一つとして,チェスにおけるDeep Blueや将棋におけるBonanza,囲碁の分野ではAlphaGOに代表されるようなゲームAIの研究があり,その発展はめざましいです.これらの研究は既に広く行われており,次に注目されているのがポーカーや麻雀,あるいは人狼ゲームなどの不完全情報ゲームのゲームAIです.不完全情報ゲームでは観測できない場の状態を推定する必要があるため,現状では強い戦略を見つけ出すことが難しいです.我々の研究は,強い人狼ゲームのゲームAI(人狼知能)をつくることを通して,嘘をついたり嘘を見破ったりといった高度なコミュニケーションをAIが行えるようにすることが目的です.

 人狼ゲームは村人陣営と人狼陣営に分かれて対戦する非対称のチームプレイゲームです.
  


 

 
人狼は嘘をついて村人に紛れることで処刑されないように立ち回り,村人は人狼の嘘を見破るために推論を行います.人狼知能はまだ人間のように自由度の高い自然言語を扱うことができないため,14種類のコミュニケーションに限定し対戦を行います.これらの構文を用いて,以下のようにAI同士の対戦が行われます.

 我々は,このような人狼AI同士の対戦のログを用いた機械学習により,人狼特有の戦略を学習し,村人のふりをしている人狼を見破る研究を行っています.村人のふりをしている人狼を見破ることで,村人陣営が同士討ちをする確率が減少し,村人陣営の勝率が高まることが期待されるからです.
 人狼知能の大会は過去に何度か開催されており,今年も夏に開催される予定です.初参加になりますが,良い成績を残すことを目指します.