これまでのすべての研究業績

学術論文(国際)

(1) Wataru Noguchi, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Cognitive map self-organization from subjective visuomotor experiences in a hierarchical recurrent neural network, Adaptive Behavior, pp. 1-18 (2017)

 

(2) Jun Ogawa, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, A Novel Approach to Quantitative Evaluation of Tangle Formations for Seaweeds in Stirrer Cultivation, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 28, No. 1, pp. 40-49 (2016)

 

(3) Zhuoran Xu, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Attraction Basin Sphere Estimation Approach for Niching CMA-ES, Soft Computing, p. (2015)

 

(4) Soichiro Yokoyama, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Priority Rule-Based Construction Procedure Combined with Genetic Algorithm for Flexible Job-Shop Scheduling Problem, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 19, No. 6, pp. 892-899 (2015)

 

(5) Jun Ogawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Estimation of Seaweed Twist based on Diffusion Kernels in Physical Simulation, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 18, No. 5, pp. 823-829 (2014)

 

(6) Yasumasa Tamura, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Application of local clustering organization to reactive job-shop scheduling, Soft Computing, p. (2014)

 

(7) Soichiro Yokoyama, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Priority rule-based reconstruction for total weighted tardiness minimization of job-shop scheduling problem, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol. 8, No. 5, pp. 1-12 (2014)

 

(8) Ryosuke Ooe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Study on evolution of the artificial flying creature controlled by neuro-evolution, Artificial Life and Robotics, Vol. 17, No. 3-4, pp. 470-475 (2013)

 

(9) Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Control of water flow to avoid twining of artificial seaweed, Journal of Artificial Life and Robotics, Vol. 17, No. 3-4, pp. 383-387 (2013)

 

(10) Yukiyasu Iwasaki, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Job-shop Scheduling Approach to Order-picking Problem, システム制御情報学会論文誌, Vol. 26, No. 3, pp. 103-109 (2013)

 

(11) Yasumasa Tamura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, The Hybrid Approach of LCO and SA to Solve Job-shop Scheduling Problem, システム制御情報学会論文誌, Vol. 26, No. 4, pp. 121-128 (2013)

 

(12) Tsuyoshi Mikami, Yohichiro Kojima, Kazuya Yonezawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Spectral Classification of Oral and Nasal Snoring Sounds using a Support Vector Machine, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 14, No. 4, pp. 611-621 (2013)

 

(13) Yasumasa Tamura, Masahito Yamamoto, Ikuo Suzuki, Masashi Furukawa, Acquisition of Dispatching Rules for Job-Shop Scheduling Problem by Artificial Neural Networks Using PSO, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 17, No. 5, pp. 731-738 (2013)

 

(14) Tsuyoshi Mikami, Yohichiro Kojima, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Automatic Classification of Oral/Nasal Snoring Sounds based on the Acoustic Properties, Proceedings of The 37th IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP), pp. 609-612 (2012)

 

(15) Tsuyoshi Mikami, Yoichiro Kojima, Kazuya Yonezawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Classification of Oral/Nasal Simulated Snores based on the Acoustic Properties, Journal of Biomechanical Science & Engineering, Vol. 7, No. 4, pp. 433-448 (2012)

 

(16) Masashi Furukawa, Makoto Morinaga, Ryosuke Ooe, Michiko Watanabe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, “Behavior Composed” for Artificial Flying Creature, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 15, No. 7, pp. 838-845 (2011)

 

(17) Kenji Iwadate, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Evolving Amphibian Behavior in Complex Environment, Advances in Artifical Life: 10th European Conference, ECAL 2009 Revised Selected Papers, Lecture Notes in Artificial Intelligence, No. 5777, pp. 107-114 (2011)

 

(18) Kenji Iwadate, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Behavior Emergence of Virtual Creature Living in Complex Environments, Artificial Life and Robotics, Vol. 16, No. 2, pp. 185-189 (2011)

 

(19) Keita Nakamura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Acquisition of Swimming Behavior on Artificial Creature in Virtual Water Environment, Advances in Artificial Life: 10th European Conference, ECAL 2009 Revised Selected Papers, Lecture Notes in Artificial Intelligence, No. 5777, pp. 99-106 (2011)

 

(20) Keisuke Yoneda, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Acquisition of Adaptive Behavior for Virtual Modular Robot Using Evolutionary Computation, Advances in Artificial Life: 10th European Conference, ECAL 2009 Revised Selected Papers, Lecture Notes in Artificial Intelligence, No. 5777, pp. 181-188 (2009)

 

(21) Masahito Yamamoto, Kenji Iwadate, Ryosuke Ooe, Ikuo Suzuki, Masashi Furukawa, Autonomous Animated Robots, International Journal of CAD/CAM, Vol. 9, No. 1, pp. 85-91 (2009)

 

(22) Atsushi Kameda, Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Masami Hagiya, Combining Randomness and a High-capacity DNA Memory, DNA Computing, Lecture Note in Computer Science, No. 4848, pp. 109-118 (2008)

 

(23) Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Satsuki Yaegashi, Masami Hagiya, Unravel four hairpins!, Natural Computing, Vol. 7, No. 2, pp. 287-298 (2008)

 

(24) Masahito Yamamoto, Satoshi Kashiwamura, Azuma Ohuchi, DNA Memory with 16.8M Addresses, DNA Computing, Lecture Notes in Computer Science, No. 4848, pp. 99-108 (2008)

 

(25) Naoki Iimura, Masahito Yamamoto, Fumiaki Tanaka, Azuma Ohuchi, Sequence Design Support System for 4×4 DNA Tiles, DNA Computing, Lecture Notes in Computer Science, No. 4848, pp. 140-145 (2008)

 

(26) Masashi Furukawa, Yoshinobu Kajiura, Akihiro Mizoe, Michiko Watanabe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Self-Organization Stock Assignment for Large-Scale Logistic Center, Intelligent Autonomous System 10, pp. 164-172 (2008)

 

(27) Masahito Yamamoto, Satoshi Kashiwamura, Azuma Ohuchi, Masashi Furukawa, Large-scale DNA memory based on the nested PCR, Natural Computing, Vol. 7, No. 3, pp. 335-346 (2008)

 

(28) Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Mashito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Analysis of Circular Tour Activity Based on GPS Log, Information and Communication Technologies in Tourism 2006, pp. 87-98 (2006)

 

(29) Takatomo Honda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Automatic Classification of Websites based on Keyword Extraction of Nouns, Information and Communication Technologies in Tourism 2006, pp. 263-272 (2006)

 

(30) Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Specificity of Hybridization between DNA Sequences Based on Free Energy, DNA Computing: 11th International Meeting on DNA Computing, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 3892, pp. 371-379 (2006)

 

(31) Toshihiko Takaya, Hidenori Kawamura, Yoshihiro Minagawa, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, PID Landing Orbit Motion Controller for Blimp Robot, Artificial Life and Robotics, Vol. 10, No. 2, pp. 177-184 (2006)

 

(32) Masahito Yamamoto, Yutaka Kita, Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Azuma Ohuchi, Development of DNA Relational Database and Data Manipulation Experiments, DNA Computing (DNA12), Lecture Notes in Computer Science, No. 4287, pp. 418-427 (2006)

 

(33) Naoki Iimura, Masahito Yamamoto, Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Azuma Ohuchi, Sequence Design for Stable DNA Tiles, DNA Computing (DNA12), Lecture Notes in Computer Science, No. 4287, pp. 172-181 (2006)

 

(34) Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Satsuki Yaegashi, Masami Hagiya, Unravel Four Hairpins!, DNA Computing (DNA12), No. 4287, pp. 381-392 (2006)

 

(35) Ken Komiya, Kensaku Sakamoto, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Daisuke Kiga, Shigeyuki Yokoyama, Masami Hagiya, DNA polymerase programmed with a hairpin DNA incorporates a multi ple-instruction architecture into molecular comput- ing, Biosystems, Vol. 83, pp. 18-25 (2006)

 

(36) Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Design of nucleic acid sequences for DNA computing based on a thermodynamic approach, Nucleic Acids Research, Vol. 33, No. 3, pp. 903-911 (2005)

 

(37) Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Potential for enlarging DNA memory: the validity of experimental operations of scaled-up nested primer molecular memory, Biosystems, Vol. 80, No. 1, pp. 99-112 (2005)

 

(38) Naoto Takahashi, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Aqueous Computing with DNA Hairpin-Based RAM, DNA Computers (DNA10), Vol. 3384, pp. 355-364 (2005)

 

(39) Hidenori Kawamura, Hisao Kadota, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, Motion Design for Indoor Blimp Robot with PID Controller, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 17, No. 5, pp. 500-508 (2005)

 

(40) Masahito Yamamoto, Kohichiro Takagi, Masashi Nakatsugawa, Hidenori Kawamura, Azuma Ohuchi, An Automatically Generated Portal Site of Official Accommodation Web Sites, Information and Communication Technologies in Tourism 2004, pp. 317-325 (2004)

 

(41) Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Nearest-Neighbor Thermodynamics of DNA Sequences with Single Bulge Loop, DNA Computing (DNA 9), Lecture Notes in Computer Science, No. 2943, pp. 170-179 (2004)

 

(42) Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Hiroki Uejima, Masami Hagiya, Kensaku Sakamoto, Azuma Ohuchi, Conformational Addressing Using the Hairpin Structure of Single-Strand DNA, DNA Computers (DNA 9), Lecture Notes in Computer Science, No. 2943, pp. 219-224 (2004)

 

(43) Derrel Blain, Max Garzon, Soo-Yong Shin, Byoung-Tak Zhang, Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Azuma Ohuchi, Development, Evaluation and Benchmarking of Simulation Software for Biomolecule-based Computing, Natural Computing, Vol. 3, No. 4, pp. 427-442 (2004)

 

(44) Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Thermodynamic Parameters Based on a Nearest-Neighbor Model for DNA Sequences with a Single-Bulge Loop, Biochemistry, Vol. 43, No. 22, pp. 7143-7150 (2004)

 

(45) Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Two-Step Search for DNA Sequence Design, IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E87-A, No. 6, pp. 1446-1453 (2004)

 

(46) Keiko Motoyama, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Design of Action-value Function in Motion Planning for Autonomous Blimp Robot, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systemes, Vol. 10, No. 124, pp. 1930-1937 (2004)

 

(47) Keiko Motoyama, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of Automnomous Blimp robot with Intelligent Control, Entertainment Computing -Technologies and Applications, pp. 191-198 (2003)

 

(48) Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, The Effect of the Bulge Loop upon the Hybridization Process in DNA Computing, The 5th International Conference on Evolvable Systems: From Biology to Hardware (ICES2003), Lecture Notes in Computer Science, No. 2606, pp. 446-456 (2003)

 

(49) Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Hierarchical DNA Memory Based on Nested PCR, DNA Computing (DNA8), Lecture Notes in Computer Science, No. 2568, pp. 112-123 (2003)

 

(50) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Improved Multiple Ant Colonies System for Traveling Salesman Problems, Operations Research/Management Science at Work, the International Series in Operations Research & Management Science, Vol. 43, pp. 41-52 (2002)

 

(51) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Search Algorithms For Nurse Scheduling With Genetic Algorithms, Operations Research/Management Science at Work, the International Series in Operations Research & Management Science, pp. 149-161 (2002)

 

(52) Keiko Motoyama, Keiji Suzuki, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Design of Adaptive Self Navigated Airship in SImulated Environment, Operations Research/Management Science at Work, the International Series in Operations Research & Management Science, Vol. 43, pp. 205-213 (2002)

 

(53) Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Nobuo Matsuura, Toshikazu Shiba, Yumi Kawazoe, Azuma Ohuchi, A Separation Method for DNA Computing Based on Concentration Control, New Generation Computing, Vol. 20, pp. 251-261 (2002)

 

(54) Satoshi Kashiwamura, Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Towards Optimization of PCR Protocol in DNA Computing, DNA Computing (DNA7), Lecture Notes in Computer Science, No. 2340, pp. 14-22 (2002)

 

(55) Fumiaki Tanaka, Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Developing Support System for Sequence Design in DNA Computing, DNA Computing (DNA7), Lecture Notes in Computer Science, No. 2340, pp. 129-137 (2002)

 

(56) Masahito Yamamoto, Nobuo Matsuura, Toshikazu Shiba, Yumi Kawazoe, Azuma Ohuchi, Solutions of Shortest Path Problems by Concentration Control, DNA Computing (DNA7), Lecture Notes in Computer Science, No. 2340, pp. 203-212 (2002)

 

(57) Atsushi Kameda, Nobuo Matsuura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, An Analysis of Computational Efficiency of DNA Computing, Unconventional Models of Computation, Lecture Notes in Computer Science, No. 2509, pp. 191-198 (2002)

 

(58) Masashi Nakatsugawa, Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Towards a High Reliability of the PCR Amplification Process in DNA Computing, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol. 2, No. 4, pp. 423-432 (2002)

 

(59) Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Nobuo Matsuura, Toshikazu Shiba, Yumi Kawazoe, Azuma Ohuchi, Local Search by Concentration Controlled DNA Computing, International Journal of Computational Intelligence and Applications, Vol. 2, No. 4, pp. 447-455 (2002)

 

(60) Yumi Kawazoe, Toshikazu Shiba, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, A Security System for Personal Genome Information at DNA level, Proceedings of IEEE Computer Society Bioinfomation Conference, pp. 314-320 (2002)

 

(61) Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Acquisition of Evaluation Function for Shogi by Learning Self-play, International Transactions in Operational Research, Vol. 8, No. 3, pp. 305-315 (2001)

 

(62) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Face Identification System based on MTS, International Transactions in Operational Research, Vol. 8, No. 1, pp. 31-45 (2001)

 

(63) Keiko Motoyama, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Effects of Evolutionary Configuration of Reinforcement Learning Applied to Airship Control, Intelligent Autonomous Systems 6, pp. 567-572 (2000)

 

(64) Keiko Motoyama, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Evolutionary Design of Learning State Space for Small Airship Control, Animals to Animats 6, J.A.Meyer et al. (Eds), The MIT Press, pp. 307-316 (2000)

 

(65) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multiple Ant Colonies Algorithm Based on Colony Level Interactions, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E83-A, No. 2, pp. 371-379 (2000)

 

(66) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Learning of Virtual Words Utilized in Negotiation Process between Agents, IEICE Transactions on Fundamenals of Electonics, Communications and Computer Sciences, Vol. E83-A, No. 6, pp. 1075-1082 (2000)

 

(67) Masahito Yamamoto, Jin Yamashita, Toshikazu Shiba, Takuo Hirayama, Shigeharu Takiya, Keiji Suzuki, Masanobu Munekata, Azuma Ohuchi, A Study on the Hybridization Process in DNA Computing, DIMACS Series in Discrete Mrthematics and Theoretical Computer Science, Vol. 54, pp. 101-110 (2000)

 

(68) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Ants War with Evolutive Pheromone Style Communication, Lecture Notes in Artificial Intelligence, No. 1674, pp. 639-643 (1999)

 

(69) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Tamotsu Mitamura, Azuma Ohuchi, Cooperative Search Based on Pheromone Communication for Vehicle Routing Problems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E81-A, No. 6, pp. 1089-1096 (1998)

 

(70) Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, A Reduction Method for Theorem Proving based on the Partial-Instantiation Technique, Decision Support Systems, Vol. 23, pp. 720-727 (1998)

 

(71) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Collective Search Algorithm with Pheromone Communication for Vehicle Routing Problems, Intelligent Autonomous Systems 5, pp. 587-594 (1998)

 

(72) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Ecological Approach to Retrieving Agents for Ambiguous Data, Intelligent Autonomous Systems 5, pp. 631-638 (1998)

 

(73) Masahito Yamamoto, Nobuhito Okada, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multiple Alignment of Amino Acid Sequences by Parallel Genetic Algorithm, Intelligent Autonomous Systems 5, pp. 743-748 (1998)

 

(74) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, Theorem Proving based on the Partial Instantiation Technique, Electronics and Communications in Japan, Vol. 79, No. 4, pp. 110-118 (1996)

 

(75) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, A Procedure for Satisfiability Problems Based on the Partial Instrantiation Technique, Electronics and Communications in Japan, Part3, Vol. 78, No. 9, pp. 94-103 (1995)

 

(76) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, Computational Results for Satisfiability Problems, Proceedings of the Third Conference of APORS(The Association of Asian-Pacific Operational Research Societies within IFORS), pp. 538-545 (1994)

 

学術論文(国内)

(1) 利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東, 被災がれき量推定に向けた畳み込みニューラルネットワークを用いた倒壊建造物の自動抽出, 情報処理学会論文誌, 第57巻, 第6号, pp. 1565-1575 (2016)

 

(2) 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 巡回セールスマン問題に対する粒子群最適化の提案と性能評価 , 日本知能情報ファジィ学会誌「知能と情報」, 第28巻, 第4号, pp. 744-755 (2016)

 

(3) 加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 不確定性を含むデジタルカーリングにおけるゲーム木探索, 情報処理学会論文誌, 第57巻, 第11号, pp. 2354-2364 (2016)

 

(4) 南 賢一, 飯塚 博幸, 古川 正志, 山本 雅人, ネットワークトポロジーを考慮した自己組織化マップによる商品配置方法の提案, 人工知能学会誌, 第30巻, 第5号, p. (2015)

 

(5) 高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 局面ネットワーク特徴量とSVMを用いたHex評価関数の構築, 人工知能学会誌, 第30巻, 第5号, pp. 729-736 (2015)

 

(6) 三上 剛, 米澤 一也, 小島 洋一郎, 山本 雅人, 古川 正志, 重度の閉塞型睡眠時無呼吸症候群の鑑別を目的とした上気道MRIの画像解析とその有用性, 医用画像情報学会雑誌, 第31巻, 第1号, pp. 13-18 (2014)

 

(7) 高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ネットワーク指標を用いたコンピュータHex戦略の開発, 情報処理学会論文誌, 第55巻, 第11号, pp. 2421-2430 (2014)

 

(8) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合的人工ニューラルネットワーク-教師なし学習を用いた動的制御における選択型ニューラルネットワークアンサンブル-, 精密工学会誌, 第79巻, 第6号, pp. 552-558 (2013)

 

(9) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 流体中の運動計算のための物理シミュレーション環境ー粒子群最適化によるダ・ヴィンチ型螺旋翼の形状決定ー, 精密工学会誌, 第78巻, 第4号, pp. 348-353 (2012)

 

(10) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想流体環境内における人工生物の形状と移動能力の関係, 精密工学会誌, 第78巻, 第12号, pp. 1069-1075 (2012)

 

(11) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合型ビヘイビアによる円環構造弾性ロボットの自律行動獲得, 精密工学会誌, 第77巻, 第5号, pp. 476-482 (2011)

 

(12) 原田 恵雨, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, コミュニティの対応関係を考慮した二部モジュラリティによるコミュニティ分割, コンピュータソフトウェア, 第28巻, 第1号, pp. 127-134 (2011)

 

(13) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 行為者の属性・関係構造による行為の動的変化を考慮したネットワーク成長モデル, 情報処理学会論文誌, 第52巻, 第10号, p. (2011)

 

(14) 山本 雅人, 岩館 健司, 大江 亮介, 鈴木 育男, 古川 正志, 自律的行動獲得に基づく仮想ロボットの開発, 計測自動制御学会論文集, 第46巻, 第1号, pp. 1-7 (2010)

 

(15) 岩館 健司, 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究−剛体モデリングツールの開発とその応用−, 精密工学会誌, 第76巻, 第2号, pp. 232-237 (2010)

 

(16) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 円環構造型モジュラーロボットの自律的移動行動の獲得, 精密工学会誌, 第76巻, 第12号, pp. 1351-1357 (2010)

 

(17) 高谷 敏彦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 小型自律飛行船シミュレーションの実装及び効果検証, 電気学会論文誌C, 第129巻, 第1号, pp. 181-188 (2009)

 

(18) 村田 賢太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, スケールフリーネットワークの生成方法およびベキ指数が結合振動子ネットワークの同期へ与える影響, 日本知能情報ファジィ学会誌「知能と情報」, 第21巻, 第2号, pp. 265-276 (2009)

 

(19) 三添 朗宏, 古川 正志, 宮脇 恵理, 渡辺 美知子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 大規模物流センターにおけるオーダーピッキングのナビゲーションスケジュールに関する研究, 精密工学会誌, 第75巻, 第10号, pp. 1260-1264 (2009)

 

(20) 岩田 泰士, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 動的信号領域を用いたSOMによるネットワークの可視化, 情報処理学会論文誌, 第50巻, 第11号, pp. 2752-2759 (2009)

 

(21) 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, 複雑ネットワークとロボティクス, 日本ロボット学会誌, 第26巻, 第1号, pp. 2-5 (2008)

 

(22) 山本 雅人, 柏村 聡, 大内 東, 数理モデルによるDNAメモリの容量解析, 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用, 第49巻, pp. 36-44 (2008)

 

(23) Cser Katalin, Ohuchi Azuma, Yamamoto Masahito, Survey and Comparison of European Hotel Classification Systems, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第3巻, 第1号, pp. 36-44 (2007)

 

(24) 大柳 幸彦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 柳森 利宣, 孫田 茂樹, 宿泊施設情報開示システムにおける宿泊施設評価手法の提案, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第3巻, 第1号, pp. 29-35 (2007)

 

(25) 高谷 敏彦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 小型自律飛行船の研究プラットホームの実現, 電気学会論文誌C, 第127巻, 第9号, pp. 1419-1429 (2007)

 

(26) 川村 秀憲, 角田 久雄, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, ホバリング制御に基づくエンタテイメントバルーンロボットの開発, 知能・情報・ファジイ学会論文誌, 第17巻, 第2号, pp. 203-211 (2005)

 

(27) 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東, 観光インターネットディレクトリ構築に向けたWebサイトの自動分類, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第2巻, 第1号, pp. 49-57 (2005)

 

(28) 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, GPSログマイニングに基づく観光動態情報の獲得, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第1巻, 第1号, pp. 38-46 (2005)

 

(29) 佐藤 博信, 村上 仁, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 顧客指導型予約メカニズムによる新電子予約システムの開発, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第1巻, 第1号, pp. 64-70 (2005)

 

(30) 角田 久雄, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, カメラ搭載型バルーンロボットシステムの開発とPD制御による位置制御の実現, 情報処理学会論文誌, 第45巻, 第6号, pp. 1715-1724 (2004)

 

(31) 大内 東, 栗原 正仁, 三田村 保, 山本 雅人, 宮腰 昭男, 中川 俊男, 長澤 邦雄, 都市医師会情報化実態指標の構築, 医療情報学, 第21巻, 第6号, pp. 397-405 (2002)

 

(32) 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 外部観測に基づく進化的フェロモンコミュニケーションの評価と群知能の創発現象に関する研究, 計測自動制御学会論文誌, 第37巻, 第5号, pp. 455-464 (2001)

 

(33) 荒木 肇, 加地 太一, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 遺伝的アルゴリズムによる最適系列分割問題の解法, 電気学会論文誌C, 第120-C巻, 第2号, pp. 215-221 (2000)

 

(34) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 表情識別に対するMTS法の適用, 電気学会論文誌, 第120-C巻, 第8号, pp. 1157-1164 (2000)

 

(35) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, インタラクティブGAに基づく画像検索システムの評価, 人工知能学会誌, 第13巻, pp. 431-438 (1998)

 

(36) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示に基づく定理自動証明, 電子情報通信学会論文誌A, 第J78-A巻, 第7号, pp. 864-871 (1995)

 

(37) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 命題論理におけるβ節充足可能性問題とその解法, 電気学会論文誌 C, 第114-C巻, 第7/8号, pp. 796-804 (1994)

 

(38) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づく充足可能性判定手続き, 電子情報通信学会論文誌A, 第J77-A巻, 第11号, pp. 1577-1584 (1994)

 

(39) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 陰的列挙法に基づくSATアルゴリズム, 情報処理学会論文誌, 第34巻, 第12号, pp. 2464-2473 (1993)

 

解説等

(1) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 松原 仁, 観光情報学と観光情報学会の取り組み, サービソロジー, 第1巻, 第4号, pp. 36-41 (2015)

 

(2) 山本 雅人, 訪日外国人旅行者の増加に向けて, 観光と情報, 第11巻, 第1号, pp. 20-22 (2015)

 

(3) 古川 正志, 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 渡辺 美知子, 人工生物の群れ行動のモデリングとその行動獲得, 計測と制御, 第52巻, 第3号, pp. 246-251 (2013)

 

(4) 松原 仁, 山本 雅人, 川村 秀憲, 鈴木 恵二, 観光情報学-情報処理技術の観光への適用, システム/制御/情報, 第57巻, 第8号, pp. 316-322 (2013)

 

(5) 山本 雅人, 観光情報学におけるバックグラウンドコンピューティングのすすめ~コンピュータは控えめがいい~, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第9巻, 第1号, pp. 59-63 (2013)

 

(6) 山本 雅人, 大内 東, 宿泊施設の分類システムと自己評価, 人工知能学会誌, 第26巻, 第3号, pp. 272-279 (2011)

 

(7) 川村 秀憲, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 松原 仁, 観光情報学, 会誌「情報処理」 特集:新しい◯◯情報学, 第51巻, 第6号, pp. 642-648 (2010)

 

(8) 山本 雅人, 鈴木 育男, 古川 正志, 観光情報学会誌にみる国内研究動向, 観光情報学会誌「観光と情報」, 第5巻, 第1号, pp. 97-100 (2009)

 

(9) 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, TIPS:その構想と開発, 精密工学会北海道支部発足50周年記念集, pp. 41-46 (2009)

 

(10) 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, 複雑ネットワークとロボティクス, 日本ロボット学会誌, 第26巻, 第1号, pp. 2-5 (2008)

 

(11) 大内 東, 山本 雅人, 川村 秀憲, 北山 憲武, ハンディGPSを用いたレンタカー利用観光客の観光動態調査, ノーステック財団研究開発助成事業研究成果報告書, p. 161 (2005)

 

(12) 山本 雅人, デューク大学にみる大学人としての誇り, 北海道大学大学院情報科学研究科 IST NEWS, 第3号, pp. 1-1 (2005)

 

(13) 萩谷 昌己, 山本 雅人, 亀田 充史, 分子プログラミング 大容量分子メモリと分子, 臨時別冊・数理科学SGCライブラリ-31 分子コンピュータの現状と展望 -分子プログラミングへの展開-, pp. 112-118 (2004)

 

(14) 大内 東, 山本 雅人, 川村 秀憲, 北海道観光産業の活性化のためのビジネス実現に関する提案, ノーステック財団研究開発助成事業研究成果報告書2003, p. 73 (2003)

 

(15) 山本 雅人, 大内 東, 濃度制御DNAコンピューティング, 電気学会誌, 第3巻, 第122号, pp. 152-155 (2002)

 

(16) 山本 雅人, 柴 肇一, 大内 東, 解説 DNAコンピューティングパラダイム-その原理と工学応用への課題, システム/制御/情報, 第5巻, p. (2002)

 

(17) 中津川 雅史, 山本 雅人, 大内 東, MTSにおけるマハラノビス距離 -その導出過程と算出式-, 品質工学, 第8巻, 第5号, pp. 19-26 (2000)

 

(18) 大内 東, 川村 秀憲, 山本 雅人, 第12回RAMPシンポジウムルポ, オペレーションズ・リサーチ学会誌, 第46巻, 第3号, pp. 153-154 (2000)

 

(19) 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 疑似生態系型処理に基づく自立的知能構成に関する研究-マルチエージェントにおけるフェロモン型コミュニケーションの獲得-, 平成9年度文部省科研費重点領域「知能ロボット」研究成果報告会, pp. 196-199 (1998)

 

国際会議

(1) Naohiro Shibuya, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Evolution of communication through differentiation of communicative and goal-directed behaviors, Proceedings of the Twenty-Second International Symposium on Artificial Life and Robotics 2017 (AROB 22nd 2017), pp. 67-72 (2017)

 

(2) Noguchi Wataru, Iizuka Hiroyuki, Yamamoto Masahito, Hierarchical recurrent neural network model for goal-directed motion planning using self-organized cognitive map, Proceedings of the Twenty-Second International Symposium on Artificial Life and Robotics 2017 (AROB 22nd 2017), pp. 73-78 (2017)

 

(3) Hiroya Nagata, Stefan Walke, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Hidenori Kawamura, Development of entertainment balloon robot system for an indoor event venue, Proceedings of the Twenty-Second International Symposium on Artificial Life and Robotics 2017 (AROB 22nd 2017), pp. 365-370 (2017)

 

(4) Noboru Yoshinari, Yukihiro Oyanagi, Azuma Ohuchi, Masahito Yamamoto, Development of Disaster Waste Management System, Proceedings of the 9th Asia-Pacific Landfill Symposium (APLAS 2016), A3-4 (2016)

 

(5) Noboru Yoshinari, Masahito Yamamoto, Rin Tonegawa, Yukihiro Oyanagi, Azuma Ohuchi, Detecting Collapsed Houses from Image Data for Estimating Amount of Disaster Debris, Proceedings of the 2016 International Conference on Civil, Architecture and Environmental Engineering (ICCAE 2016), IC2797 (2016)

 

(6) Sohtaroh Saitoh, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Increasing Stability of Human Interaction Against Time Delay on Perceptual Crossing Experiment, Proceedings of the 20th Asia Pacific Symposium (IES 2016), pp. 361-369 (2016)

 

(7) Jun Ogawa, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Water Flow Control for Inhibiting Seaweed Twist in Real Environment and Physical Simulation, Proceedings of the Twentieth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 20th 2015), pp. 291-296 (2015)

 

(8) Kei Takada, Masaya Honjo, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Developing Computer Hex using Global and Local Evaluation based on Board Network Characteristics, Proceedings of 14th Advanced in Computer Games Conference, LNCS, Vol. 9525, pp. 235-246 (2015)

 

(9) Iizuka Hiroyuki, Nakai Hiroki, Yamamoto Masahito, Applying homeostatic neural controller to multi-legged robot and adaptivity to novel disruptions, Proceedings of the European Conference on Artificial Life 2015, pp. 264-270 (2015)

 

(10) Masahito Yamamoto, Shu Kato, Hiroyuki Iizuka, Digital Curling Strategy based on Game Tree Search, Proceedings of 2015 IEEE Conference on Computational Intelligence and Games, pp. 474-480 (2015)

 

(11) Hiroyuki Iizuka, Sohtaro Saitoh, Davide Marocco, Masahito Yamamoto, Time Delay Effect on Social Interaction Dynamics, Proceedings of the 3rd International Conference on Human-Agent Interaction, pp. 217-219 (2015)

 

(12) Kota Tomine, Wataru Noguchi, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Discriminating Social Behavior of Guppy Swarm by Convolutional Neural Network, Proceedings of the First International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics, pp. 414-417 (2015)

 

(13) Nishimura Ryo, Iizika Hiroyuki, Yamamoto Masahito, Establishing Interaction between Machine and Medaka using Deep Q-Network, Proceeding of the 9th EAI International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies (BICT 2015), 7 Pages (2015)

 

(14) Noguchi Wataru, Iizuka Hiroyuki, Yamamoto Masahito, Proposing Multimodal Integration Model Using LSTM and Autoencoder, Proceedings of the 9th EAI International Conference on Bio-inspired Information and Communications Technologies (BICT 2015), 8 Pages (2015)

 

(15) Zhuoran Xu, Masahito Yamamoto, ABEGA-2: Improved Attraction Basin Estimating Genetic Algorithm for High Dimensional Space, Proceedings of 19th International Symposium on Artificial Life and Robotics AROB, pp. 275-279 (2014)

 

(16) Tsuyoshi Mikami, Kazuya Yonezawa, Yohichiro Kojima, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, mage-Based Classification of Severe Obstructive Sleep Apnea Using the Morphology of Upper Airway Soft Tissues, 2014 International Symposium on Biomedical Imaging (ISBI 2014), (2014)

 

(17) Jun Ogawa, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Twist-state Classifier for Floating Marine Biomass based on Physical Simulation, Proceedings of 2014 International Conference on Autonomous Intelligent Systems (IAS-13), CD-ROM (2014)

 

(18) Tamura Yasumasa, Iizuka Hiroyuki, Yamamoto Masahito, Extended Local Clustering Organization with Rule-Based Neighborhood Search for Job-shop Scheduling Problem, Proceedings of the 18th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems, Vol. 2, pp. 465-477 (2014)

 

(19) Soichiro Yokoyama, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Hybrid Genetic Algorithm with Priority Rule-based Reconstruction for Flexible Job-shop Scheduling, Proceedings of Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2014), pp. 749-754 (2014)

 

(20) Masaya Honjo, Hiroyuki Iizuka, Masahito Yamamoto, Insertion-based Particle Swarm Optimization with Local Interaction, Proceedings of Joint 7th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 15th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2014), pp. 755-760 (2014)

 

(21) Kato Ryota, Iizuka Hiroyuki, Yamamoto Masahito, Swarm Behavior of Simulated Flapping Birds using Kuramoto Model, Proceedings of the 2014 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2014), pp. 112-117 (2014)

 

(22) Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Study on Twining of Virtual Seaweed in Fluid Environment, Intelligent Autonomous Systems 12 Advances in Intelligent Systems and Computing, Vol. 194, pp. 815-824 (2013)

 

(23) Zhuoran Xu, Mikko Polojärvi, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Attraction Basin Estimating GA: An Adaptive and Efficient Technique for Multimodal Optimization, Proceedings of IEEE Congress of Evolutionary Computation, pp. 333-340 (2013)

 

(24) Zhuoran Xu, Mikko Polojärvi, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, An Attraction Basin Estimating Genetic Algorithm for Multimodal Optimization, Proceedings of the Genetic and Evolutionary Computation Conference, pp. 131-132 (2013)

 

(25) Jun Ogawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, DYNAMIC MODELING AND SIMULATION OF MOVING MARINE PLANT POPULATION, IADAS MULTI CONFERENCE ON COMPUTER SCIENCE AND INFORMATION SYSTEMS, pp. 157-160 (2013)

 

(26) Tsuyoshi Mikami, Kazuya Yonezawa, Yohichiro Kojima, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Tongue Morphology Analysis from the Upper Airway MRI for the Diagnosis of Obstructive Sleep Apnea, Proceedings of the 35th Annual Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), p. 3234 (2013)

 

(27) Masaya Honjo, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Extended Particle Swarm Optimization for Traveling Salesman Problem, Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-1 (2013)

 

(28) Kei Takada, Masaya Honjo, Masahito Yamamoto, Strategy of Computer Hex using Network Characteristics, Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-2 (2013)

 

(29) Yasumasa Tamura, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Application of Local Clustering Organization to Reactive Job-shop Scheduling, Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-4 (2013)

 

(30) Kenji Iwadate, Ikuo Suzuki, Michiko Watanabe, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, An Artificial Neural Network Based on the Architecture of the Cerebellum for Behavior Learning , Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-6 (2013)

 

(31) Jun Ogawa, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Estimation of Twist Phenomenon in Seaweed Population based on Diffusion Kernel , Proceedings of the 14th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS 2013), T1f-3 (2013)

 

(32) Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Control of water flow to avoid twining of artificial seaweed, Proceedings of the Seventeenth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 17th ’12), GS3-2 (2012)

 

(33) Ryosuke Ooe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Study on evolution of the artificial flying creature controlled by neuro-evolution, Proceedings of the Seventeenth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 17th ’12), GS13-2 (2012)

 

(34) Mikami Tsuyoshi, Kojima Yohichiro, Yonezawa Kazuya, Yamamoto Masahito, Furukawa Masashi, An SVM-based Classification of Oral and Nasal Snoring Sounds with Kullback-Leibler Kernel, 2012 Proceedings of SICE Annual Conference, pp. 1795-1797 (2012)

 

(35) Takuya Komatsu, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Conflicting Information Propagation Model in Trust Network, The 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems & The 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems, pp. 1833-1838 (2012)

 

(36) Yukiyasu Iwasaki, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Job-shop Scheduling Approach to Order-picking Problem, Proceeings of the ASME/ISCIE 2012 International Symposium on Flexible Automation, 7213 (2012)

 

(37) Yasumasa Tamura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, The Hybrid Approach of LCO and SA to Solve Job-hop Scheduling Problem, Proceeings of the ASME/ISCIE 2012 International Symposium on Flexible Automation, 7226 (2012)

 

(38) Soichiro Yokoyama, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, A New Heuristic for Traveling Salesman Problem Based on LCO, Proceeings of the ASME/ISCIE 2012 International Symposium on Flexible Automation, 7227 (2012)

 

(39) Yuta Umemura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Acquisition of Ground Behavior on the Locust Model under the Virtual Physical Environment, Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS-12), T3C-S2 (2012)

 

(40) Jun Ogawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Study on Twining of Virtual Seaweed in Fluid Environment, Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS-12), T4C-S1 (2012)

 

(41) Ryosuke Ooe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Composite Artificial Neural Network for Controlling Artificial Flying Creature, Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent Autonomous Systems (IAS-12), F3D-S1 (2012)

 

(42) Keisuke Yoneda, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Acquisition of Adaptive Behavior for Virtual Modular Robot Using Evolutionary Computation, Proceedings of the 10th European Conference on Artificial Life, pp. 181-188 (2011)

 

(43) Keisuke Yoneda, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Behavioral Acquisition of Complicated Locomotion for Artificial Elastic Robot using Decentralized Behavior Composed, Proceedings of the 11th European Conference on Artificial Life, pp. 882-889 (2011)

 

(44) Kenji Iwadate, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Behavior Emergence of Virtual Creature Living in Complex Environments, Proceedings of the Sixteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics, GS2-5 (2011)

 

(45) Ryosuke Ooe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, A Physics Modeling of Butterfly’s Flight Control by GA and ANN and its Over-Evolution Problem, Proceedings of the Sixteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics, GS2-3 (2011)

 

(46) Yuta Umemura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Acquisition of Jumping Behavior on the Artificial Creature under Virtual Physical Environment, Proceedings of the 3rd International Joint Conference on Computational Intelligence, pp. 311-314 (2011)

 

(47) Keita Nakamura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Emergence of Behavior Intelligence on Artificial Creature in Different Virtual Fluid Environments, Proceedings of the Sixteenth International Symposium on Artificial Life and Robotics, GS2-4 (2011)

 

(48) Keita Nakamura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Virtual Fluid Environment on Behavior Ability for Artificial Creature, Proceedings of the Eleventh European Conference on the Synthesis and Simulation of Living Systems, pp. 581-588 (2011)

 

(49) Nobuhiro Sakamoto, Michiko Watanabe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Optimization of Vehicle Routing Problem by use of New Meta-Heuristics, Proceedings of 2010 International Symposium on Flexible Automation (ISFA), JPL-2564 (2010)

 

(50) Keiu Harada, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Community Extraction by Bipartite Modularity Using Communities Correspondence, Proceedings of SWWS10 (The 2010 International Conference on Semantic Web and Web Services), pp. 147-151 (2010)

 

(51) Keita Nakamura, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Effect of Morphology to Swimming Ability for Artificial Creature in Under-water Environment, Proceedings of International Conference on Advanced Mechatronics 2010 (ICAM 2010), 1A2-2 (2010)

 

(52) Keisuke Yoneda, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Emergence of Autonomous Behaviors on Elastic Circular Robot Consisting of Modular Units -Planning for a Task with Composite Behaviors-, Proceedings of International Conference on Advanced Mechatronics 2010 (ICAM 2010), 1A2-3 (2010)

 

(53) Kenji Iwadate, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Behavior Emergence of Virtual Creature that can Live in Different Environments, Proceedings of International Conference on Advanced Mechatronics 2010 (ICAM 2010), 1A2-4 (2010)

 

(54) Masashi Furukawa, Makoto Morinaga, Michiko Watanabe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Artificial Flying Creature by Flapping, Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC2010), pp. 624-629 (2010)

 

(55) Masahito Yamamoto, Autonomous Animated Robots, The Second Joint Workshop of Hokkaido University and Korea Maritime University, pp. 53-59 (2010)

 

(56) Keiu Harada, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masahshi Furukawa, Quantifying Plural Corresponding Community in Bipartite Graphs, Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2010), pp. 3-12 (2010)

 

(57) Masashi Furukawa, Ryota Shigeo, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Michiko Watanabe, Visualizing Complex Network by Use of Local Energy Minimization, Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2010), pp. 13-22 (2010)

 

(58) Masahito Yamamoto, Kazuya Ojiri, Ikuo Suzuki, Masashi Furukawa, Autonomous Locomotion Control for Multi-legged Virtual Robot, Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2010), pp. 206-212 (2010)

 

(59) Makiko Takahashi, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Michiko Watanabe, Masashi Furukawa, Optimum Picking Navigation for Large-scale Logistic Center under Energy Minimization, Proceedings of the 14th Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems (IES2010), pp. 305-315 (2010)

 

(60) Masashi Furukawa, Makoto Morinaga, Ryosuke Ooe, Michiko Watanabe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Behaivor Composed for Artificial Flying Creature, Proceeding of the Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent systems (SCIS & ISIS 2010), pp. 861-867 (2010)

 

(61) Ikuo Suzuki, Yasushi Iwata, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, A Study on Visualization of Complex Networks Using DSSOM, Proceedings of the Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent systems (SCIS & ISIS 2010), pp. 868-873 (2010)

 

(62) Keisuke Yoneda, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Acquisition of Locomotion for Elastic Circular Robot by using Composite Behavior, Proceedings of the Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent systems (SCIS & ISIS 2010), pp. 1162-1167 (2010)

 

(63) Kazunori Ishikawa, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Solving for Large-Scale Traveling Salesman Problem with Divide-and-Conquer Strategy, Proceedings of the Joint 5th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on Advanced Intelligent systems (SCIS & ISIS 2010), pp. 1168-1173 (2010)

 

(64) Takao Chiba, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, A Study of an Information Propagation Model Relted with Topic and Person Characteristics, Proceedings o Aplications of Physics in Financial Analysis 7th International Conference, pp. 117-118 (2009)

 

(65) Masahito Yamamoto, Kenji Iwadate, Ryosuke Ooe, Ikuo Suzuki, Masashi Furukawa, A Study on Autonomous Animated Robots: Anibots, Proceedings of 11th IEEE International Conference on Computer-Aided Design and Computer Graphics (CAD/Graphics 2009), pp. 404-409 (2009)

 

(66) Nobuhiro Sakamoto, Ikuo Suzuki, Michiko Watanabe, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, A New Solution for Vehicle Routing Problem using Local Clustering Organization, Proceeings of the 20th National Conference of Australian Society for Operations Research & the 5th International Intelligent Logistics System Conference, 83.1-83.14 (2009)

 

(67) Keisuke Yoneda, Kenji Iwadate, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Development of Modeling Tools for Animated Robot, Conference Abstracts of Fourth International Symposium on Adaptive Motion of Animals and Machines (AMAM2008), pp. 165-166 (2008)

 

(68) Keita Nakamura, Makoto Morinaga, Kenji Iwadate, Keisuke Yoneda, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Development of Modeling Tools for Animated Robot, Conference Abstracts of Fourth International Symposium on Adaptive Motion of Animals and Machines (AMAM2008), pp. 123-124 (2008)

 

(69) Masashi Furukawa, Kenji Iwadate, Michiko Watanabe, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Evaluation of AGV Path Topology using Small Worlds’ Characteristics, Proceedings of Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS), pp. 1870-1875 (2008)

 

(70) Kenta Murata, Ikuo Suzuki, Masahito Yamamoto, Masashi Furukawa, Synchronization Effects on Clustering Coefficient Characteristics in Scale-Free Networks, Proceedings of Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS), pp. 1882-1887 (2008)

 

(71) Yukihiko Oyanagi, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Toshinori Yanagimori, Shigeki Magota, Self-Assessment System for Hotel Classification in Japan, Work in Progress Proceedings of the 14th International ENTER Conference, pp. 183-193 , (2007)

 

(72) Ryouta Nishioka, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, Vision based control for line following blimp robot, The Twelfth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2007, (2007)

 

(73) Yoshihiro Minagawa, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, Learning landing control of indoor blimp robot for autonomous energy recharging, The Twelfth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2007, GS22-3 (2007)

 

(74) Toshihiko Takaya, Hidenori Kawamura, Yoshihiro Minagawa, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, A study on improvement of the surveillance system of an indoor robot, The Twelfth International Symposium on Artificial Life and Robotics 2007, GS22-6 (2007)

 

(75) Akihiro Yamashita, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of User-Adaptive Tourism Website with Weblog and Recommender System, Work in Progress Proceedings of the 14th International ENTER Conference, pp. 173-181 (2007)

 

(76) Yasunao Mori, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Cases-based Information Extraction from HTML using Data Type, Work in Progress Proceedings of the 14th International ENTER Conference, pp. 163-171 (2007)

 

(77) Masahito Yamamoto, Satoshi Kashiwamura, Azuma Ohuchi, DNA Memorty with 16.8M addresses, Preliminary Proceedings of the 13th International Meeting on DNA Computing, pp. 19-29 (2007)

 

(78) Atsushi Kameda, Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Masami Hagiya, Combining Randomness and a High-capacity DNA Memory, Preliminary Proceedings of the 13th International Meeting on DNA Computing, pp. 261-269 (2007)

 

(79) Naoki Iimura, Masahito Yamamoto, Fumiaki Tanaka, Azuma Ohuchi, Sequence Design Support System for 4×4 DNA Tiles, Preliminary Proceedings of the 13th International Meeting on DNA Computing, pp. 270-278 (2007)

 

(80) Naoki Iimura, Masahito Yamamoto, Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Azuma Ohuchi, Stability evaluation method of DNA tile structure, The Eleventh International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB11th), (2006)

 

(81) Yutaka Kita, Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Data Manipulation of DNA Relational Database, The Eleventh International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 11th ’06), (2006)

 

(82) Naoki Iimura, Masahito Yamamoto, Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Azuma Ohuchi, Sequence Design for Stable DNA tiles, Proceedings of The 12th International Meeting on DNA computing, pp. 262-272 (2006)

 

(83) Yutaka Kita, Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of DNA Relational Database and Data Munipulation Experiments, Preliminary Proceedings of The 12th International Meeting on DNA Computing, pp. 353-362 (2006)

 

(84) Toshihiko Takaya, Hidenori Kawamura, Yoshihiro Minagawa, Masahito Yamamoto, Azuma Ouchi, Motion Control in Three Dimensional Round System of Blimp Robot, Proceedings of SICE-ICASE International Joint Conference 2006, pp. 1291-1294 , TP15-4 (2006)

 

(85) Koji Nishikawa, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Qualitative Analysis of Self-organizing multiagent Interaction with Entropy and Mutual Information, Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, (2005)

 

(86) Yutaka Kita, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Design of Soccer-ball-shape DNA Molecules and Preliminary Experiments in Vitro, Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, (2005)

 

(87) Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, PID Orbit Motion Controller for Indoor Blimp Robot, Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, (2005)

 

(88) Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, GPS Log Mining Method for Tourism Activity Analysis, Proceedings of the 4th IEEE International Workshop WSTST’05, pp. 285-294 (2005)

 

(89) Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Specificity of Hybridization between DNA Sequences Based on Free Energy, Proceedings of The 11th International Meeting on DNA Computing, pp. 366-375 (2005)

 

(90) Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Azuma Ohuchi, Experimental Challenge of Scaled-up Hierarchical DNA Memory, Proceedings of The 11th International Meeting on DNA Computing, p. 396 (2005)

 

(91) Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of Tourism Activity Analysis System Based on GPS Log Data, Proceedings of IFORS2005 (17th Triennial Conference of the International Federation of Operations Research Societies)
, p. 46 (2005)

 

(92) Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Azuma Ohuchi, A Location-based Search Engine for Official Web-sites, IFORS2005 (17th Triennial Conference of the International Federation of Operations Research Societies), p. 46 (2005)

 

(93) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Multiagent Simulation of Customer-driven Reservation Adjustment Mechanism, Proceedings of the 9th Japan and Australia Joint Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems 2005, (2005)

 

(94) Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, General Protocol for Evaluating the Degree of Occurrence of Miss-Hybridization, Proceedings of the Ninth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 9th ’04), Vol. 1, pp. 303-308 (2004)

 

(95) Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, Design of Vision-Based Motion Control System for Balloon Robot, Proceedings of the Ninth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 9th ’04), Vol. 1, pp. 325-328 (2004)

 

(96) Naoto Takahashi, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Construction and Verification of DNA Hairpin-based RAM, Proceedings of the Ninth International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 9th ’04), Vol. 2, pp. 388-391 (2004)

 

(97) Naoto Takahashi, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Aqueous Computing with DNA hairpin-based RAM, Preliminary Proceedings of the Tenth International Meeting on DNA Based Computers (DNA10), pp. 50-59 (2004)

 

(98) Atsushi Kameda, Keisuke Hashimoto, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Probabilistic State Transition Model based on PCR, Preliminary Proceedings of the Tenth International Meeting on DNA Based Computers (DNA10), pp. 448-448 (2004)

 

(99) Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, Vision-Based Positioning System for Indoor Blimp Robot, Proceedings of 5th IFAC/EURON Symposium on Intelligent Autonomous Vehicles (IAV2004), (2004)

 

(100) Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, Vision-Based Motion Control of Indoor Blimp Robot, Proceedings of The 4th International Conference on Advanced Mechatronics -Toward Evolutionary Fusion of IT and Mechatronics-(ICAM’04), (2004)

 

(101) Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Acquisition of Personal Tourism Activity Information Based on GPS Log Mining Method, Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, (2004)

 

(102) Hajime Saito, Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Saburo Nakano, Nobuo Hashimoto, Azuma Ohuchi, A Study on Digital Archive For Field (Outdoor) Sculpture on Constructing Hokkaido Sculpture Web, Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, (2004)

 

(103) Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Azuma Ohuchi, Efficient Collection Method of Official Websites by Robot Program, Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, (2004)

 

(104) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Multiagent Analysis of Customer-Driven Reservation System, Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, (2004)

 

(105) Masaki Onodera, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Koichi Kurumatani, Azuma Ohuchi, Design of Adaptive Trading Strategy for Trading Agent Competition, Proceedings of the 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2003), (2003)

 

(106) Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya, Azuma Ohuchi, Vision-based Control of Autonomous Flying Airship Robot, Proceedings of the 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2003), (2003)

 

(107) Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Study of the Efficient Parameter Setting based on Mahalanobis-Taguchi Strategy, Proceedings of the 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2003), (2003)

 

(108) Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Two-Step Search for DNA Sequence Design, Proceedings of the 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2003),, (2003)

 

(109) Keisuke Hashimoto, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, State Transition Model Based on DNA Polymerization, Proceedings of the 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2003), (2003)

 

(110) Naoto Takahashi, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Construction of DNA Hairpin-based RAM, Proceedings of the 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2003), (2003)

 

(111) Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, The Effect on a Bonding Strength by the Freedom of Movement of a DNA Strand on a Solid Support in DNA Computing, Proceedings of the 2003 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2003), (2003)

 

(112) Kohichiro Takagi, Masahito Yamamoto, Masashi Nakatsugawa, Hidenori Kawamura, Azuma Ohuchi, An Automatic Collection System for Official Accommodation Websites, 人工知能学会研究会資料 (SIG-KBS-A301), pp. 99-104 (2003)

 

(113) Keiko Motoyama, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Design of Action-value Function in Motion Planning for Autonomous Balloon Robot, Proceedings of 2003 Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems: Technology and Applications, pp. 190-195 (2003)

 

(114) Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Evaluation and Benchmarking, Proceedings of Workshop on Simulation Tools for Biomolecular Computing in 2003 Congress on Evolutionary Computation (CEC2003), pp. 22-26 (2003)

 

(115) Ayako Nishimura, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Learning control of autonomous airship for three-dimensional pursuit problem, Procedings of Artifical Life And Robotics 8th(AROB 8th’03), pp. 194-197 (2003)

 

(116) Nobuo Matsuura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, The Efficiency of Computation by using DNA Concentration, Proceedings of The Seventh International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp. 681-684 (2002)

 

(117) Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Hierarchical DNA Memory based on Nested PCR, Proceedings of 8th International Meeting on DNA Based Computers, pp. 231-240 (2002)

 

(118) Fumiaki Tanaka, Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Towards a General-Purpose Sequence Design System in DNA Computing, Proceedings of 2002 Congress on Evolutionary Computation(CEC2002), pp. 73-78 (2002)

 

(119) Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Nobuo Matsuura, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Simulation Analysis of Hybridization Process for DNA Computing with Concentration Control, Proceedings of 2002 Congress on Evolutionary Computation(CEC2002), pp. 85-90 (2002)

 

(120) Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Design of a PCR Protocol for Improving Reliability of PCR in DNA Computing, Proceedings of 2002 Congress on Evolutionary Computation(CEC2002), pp. 91-96 (2002)

 

(121) Takahiro Hamada, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, A Study on Behavioral Structure of Artificial Market Based on Adaptive Game, Proceedings of 2002 Congress on Evolutionary Computation(CEC2002), pp. 2011-2016 (2002)

 

(122) Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Improvement of the Reliability of Experiments in DNA Computing, Preliminary Proceedings of 8th International Meeting on DNA Based on Computings(DNA8), pp. 333-333 (2002)

 

(123) Yumi Kawazoe, Toshikazu Shiba, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Constructions of Security System for Information Encoded by DNA, Proceedings of 8th International Meeting on DNA Based on Computings(DNA8), pp. 337-337 (2002)

 

(124) Tomohisa Yamashita, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Analysis of Norms Game with Mutual Choice, Proceedings of JSAI 2001 Internal workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems, pp. 123-130 (2001)

 

(125) Nobuo Matuura, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Yumi Kawazoe, Azuma Ohuchi, Solutions of Shortest Path Problems by Concentration Control, Proceedings of 7th International Meeting on DNA Based Computers, pp. 231-240 (2001)

 

(126) Satoshi Kashiwamura, Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Towards Optimization of PCR Protocol in DNA Computing, Proceedings of 7th International Meeting On DNA Based Computers, pp. 283-292 (2001)

 

(127) Masashi Nakatsugawa, Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, Towards a High Reliability of the PCR Amplification Process in DNA Computing, Proceedings of Fourth International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications, pp. 158-162 (2001)

 

(128) Masahito Yamamoto, Nobuo Matuura, Toshikazu Shiba, Yumi Kawazoe, Azuma Ohuchi, Local Search by Concentration Controlled DNA Computing, Proceedings of Fourth International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications, pp. 167-171 (2001)

 

(129) Tomohisa Yamashita, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Effects of Proportion of Metanorm Players on Establishment of Norm, Proceedings of Fourth International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications, pp. 195-199 (2001)

 

(130) Kentaro Matsuno, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, An in vivo approach to molecular computation, Proceeding of The Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp. 532-535 (2001)

 

(131) Nobuo Matsuura, Masahito Yamamoto, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, DNA computing for shortest path problem, Proceeding of The Sixth International Symposium on Artificial Life and Robotics, pp. 81-84 (2001)

 

(132) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Design of the Mutation Operator for Nurse Scheduling Problem with Pareto Ranking Scheme, Proceedings of the 2nd Joint International Workshop ORSJ-The Operations Research Society of Japan, pp. 120-127 (2000)

 

(133) Masatoshi Hiramoto, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Co-evolutionary Design of Team Level Play in Soccer Server, International Technical Conference on Circuits Systems Computers and Communications, pp. 727-730 (2000)

 

(134) Yasuhiro Tsutida, Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Azuma Ohuchi, Cooperative Task Processing by Separating and Fusing Multi-Mobile-agents, International Technical Conference on Circuits Systems Computers and Communications, pp. 97-100 (2000)

 

(135) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Formation of Interdependence in Selecting Game, International Technical Conference on Circuits Systems Computers and Communications, pp. 80-83 (2000)

 

(136) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Evolutionary Algorithms for Nurse Scheduling Problem, Congress on Evolutionary Computation 2000, Vol. 1, pp. 196-203 (2000)

 

(137) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Emergence of Negotiating Words between Adaptive Agents, Simulated Adaptive Systems 2000 Proceedings, Vol. 1, pp. 285-294 (2000)

 

(138) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Analysis of Collective Behavior in Selecting Game, Proceedings of The Fourth Japan-Australia Joint Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems, pp. 164-170 (2000)

 

(139) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Bottom-up Consensus Formation in Voting Game, Proceedings of the Fourth Annual Conference of the Japan Association for Evolutionary Economics, pp. 174-177 (2000)

 

(140) Keiko Motoyama, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Design of Adaptive Self-Navigated Airship in Simulated Environment, Proceedings of the 2nd Joint Interational Workshop ORSJ-The Operations Research Society of Japan, Hokkaido Chapter and ASOR-The Australian Soceity for Operations Research Inc. Queensland Branch, pp. 26-33 (2000)

 

(141) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Evaluation of Face Identification System based on Devision of Image Region, Proceedings of the 2nd Joint Interational Workshop ORSJ-The Operations Research Society of Japan, Hokkaido Chapter and ASOR-The Australian Soceity for Operations Research Inc. Queensland Branch, pp. 301-308 (2000)

 

(142) Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Azuma Ohuchi, Improved Ant Algorithm by Evolving Ant Agents, Proceedings of the 2nd Joint Interational Workshop ORSJ-The Operations Research Society of Japan, Hokkaido Chapter and ASOR-The Australian Soceity for Operations Research Inc. Queensland Branch, pp. 66-73 (2000)

 

(143) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Improved Multiple Ant Colonies Algorithm for Travelling Salesman Problems, Proceedings of the 2nd Joint Interational Workshop ORSJ-The Operations Research Society of Japan, Hokkaido Chapter and ASOR-The Australian Soceity for Operations Research Inc. Queensland Branch, pp. 74-81 (2000)

 

(144) Tomohisa Yamashita, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Evolution of Cooperation in Dynamic Model of Distributed Social Dilemma, Proceedings of the 2nd Joint Interational Workshop ORSJ-The Operations Research Society of Japan, Hokkaido Chapter and ASOR-The Australian Soceity for Operations Research Inc. Queensland Branch, pp. 152-159 (2000)

 

(145) Masahito Yamamoto, Nobuo Matsuura, Toshikazu Shiba, Azuma Ohuchi, DNA Solution of the Shortest Path Problem by Concentration Control, Genome Informatics 2000, pp. 466-467 (2000)

 

(146) Masahito Yamamoto, Jin Yamashita, Toshikazu Shiba, Takuo Hirayama, Shigeharu Takiya, Keiji Suzuki, Masanobu Munekata, Azuma Ohuchi, A Study on the Hybridization Process in DNA Computing, Preliminary Proceedings of DNA Based Computers 5, pp. 99-108 (1999)

 

(147) Takuo Hirayama, Toshikazu Shiba, Masahito Yamamoto, Kaori Tatsumi, Keiji Suzuki, Shigeharu Takiya, Masanobu Munekata, Azuma Ohuchi, Experimental Results in DNA Computation: solution of an HPP with eight vertices, Preliminary Proceedings of DNA Based Computers 5, p. 249 (1999)

 

(148) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of Competitive Social Behavior in Artificial Society, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 582-594 (1999)

 

(149) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Evaluation strategy for Nurse Scheduling Problem with GA, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop,, pp. 615-628 (1999)

 

(150) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Distributed Scheduling Algorithm with Multi Agent for Vehicle Scheduling Problems, Proceedings of ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 664-676 (1999)

 

(151) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Acceleration of Evolutionary Image Retrieval System, Proceedings of ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 898-913 (1999)

 

(152) Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Prediction of Kan-Sei Model Using MTS, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 914-926 (1999)

 

(153) Takahiro Sakurada, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Detection of Copy Pattern from PIR Protein Sequence Database, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 1091-1099 (1999)

 

(154) Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Acquisition of Evaluation Function for Shogi by learning of Self-play, ASOR Queensland Branch and ORSJ Hokkaido Chapter Joint Workshop, pp. 1413-1421 (1999)

 

(155) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Nurse Scheduling Problem Applied to GA with Improved Pareto Selection Scheme, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 355-358 (1999)

 

(156) Masahito Yamamoto, Jin Yamashita, Toshikazu Shiba, Masanobu Munekata, Shigeharu Takiya, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Analysis of the Hybridization Process in DNA Computing, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 359-362 (1999)

 

(157) Yasuhiro Tuchida, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Development of Separation and Fusion Functions for Multi-Mobile Agent Programing, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 486-489 (1999)

 

(158) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Negotiation Strategies with Learning of Words, Proceedings of the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC99), pp. 1222-1225 (1999)

 

(159) Hiroyuki Iizuka, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Learning of Words in Negotiation between autonomous Agents, Proceedings of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC’99), pp. 598-603 (1999)

 

(160) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, MTS Approach to Facial Image Recognition, Proceedings of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC’99), pp. 937-942 (1999)

 

(161) Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study on the Construction of Effective Mahalanobis Space, Proceedings of 17th Annual ASI’s Taguchi Methods Symposium, pp. 110-123 (1999)

 

(162) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Robust Face Identification System Using MTS, Proceedings of 17th Annual ASI’s Taguchi Methods Symposium, pp. 124-142 (1999)

 

(163) Suguru Tanaka, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Application of Mahalanobis-Taguchi System to the Prediction of the Prevalence of Infectious Diseases, Proceedings of 17th Annual ASI’s Taguchi Methods Symposium, pp. 143-157 (1999)

 

(164) Keiko Motoyama, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Evolutionary State Space Configuration with Reinforcement Learning for Adaptive Airship Control, Proceedings of the Third Australia-Japan Joint Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems,, pp. 131-138 (1999)

 

(165) Tetsuya Murata, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Team Plays of Soccer Agents based on Evolutionary Dynamic Formations, The Fourth Int. Symp. on Artiflcial Life and Robotics, pp. 354-357 (1999)

 

(166) Takuo Hirayama, Toshikazu Shiba, Masahito Yamamoto, Kaori Tsutsumi, Shigeharu Takiya, Masanobu Munekata, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Analysis of DNA-based Computing Process, The Fourth Int. Symp. on Artiflcial Life and Robotics, pp. 358-361 (1999)

 

(167) Naoyuki Akiyama, Keiji Suzuki, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Adaptive Positioning of Soccer Agents with Hybrid Learning System, The Fourth Int. Symp. on Artiflcial Life and Robotics, pp. 759-762 (1999)

 

(168) Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multiagent Approach for Nurse Scheduling Problem, The 15th Triennial Conference, The International Federation of Operational Research Societies (1999)

 

(169) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multiple Ant Colonies Algorithm for Traveling Salesman Problems, Proceedings of the 15th Triennial Conference, The International Federation of Operational Research Societies (1999)

 

(170) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study on Facial Image Recognition based on MTS, he 15th Triennial Conference, The International Federation of Operational Research Societies (1999)

 

(171) Takahiro Sakurada, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, An Introduction of Copy Pattern in Ahrino Acid Sequences, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 277-280 (1998)

 

(172) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Multi-Agents Approach for Subjective Image Retrieval, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1123-1126 (1998)

 

(173) Ahmad Jan, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study on Fitness Landscape of Genetic Algorithm for Optimization Problems, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1235-1238 (1998)

 

(174) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Bottom-up Planning Approach Based on Distributed Pheromone Information, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1475-1478 (1998)

 

(175) Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Collective Approach to Combinatorial Optimization Problems, Proceedings of ITC-CSCC’98, pp. 1479-1482 (1998)

 

(176) Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, A New Branching Strategy for Satisfiability Problems, Proceedings of ITC-CSCC’97, pp. 39-42 (1997)

 

(177) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Tamotsu Mitamura, Azuma Ohuchi, Neighbours of a Solution in the Vehicle Routing Problem, Proceedings of ITC-CSCC’97, pp. 475-478 (1997)

 

(178) Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, Experimental Results of Brancing Rules for Random 3-SAT, Abstract for APORS’97 (1997)

 

(179) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Tamotsu Mitamura, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Multi-Agent Algorithm for Vehicle Routing Problems, Abstract for APORS’97 (1997)

 

(180) Nobuhito Okada, Masahito Yamamoto, Azuma Ohuchi, The Multiple Alignment of Amino Acid Sequences Using Branch-and Bound Method, Abstract for APORS’97 (1997)

 

(181) Mitsuyoshi Nagao, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, A Study of Retrieval Support System based on Communication Agents, Proceedings of IWAM’97, pp. 102-107 (1997)

 

(182) Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Keiji Suzuki, Azuma Ohuchi, Adaptive Optimization Based on Pheromone Communication for Vehicle Routing, Proceedings of IWAM’97, pp. 283-288 (1997)

 

(183) Hidetoshi Kitada, Kazuhiro Tono, Masahito Yamamoto, Tamotsu Mitamura, Azuma Ohuchi, Toshio Ohyanagi, Norio Matsushima, Multiple Alignment of Biological Sequences Containing Tandem Repeat, Proc. of the Seventh Workshop on Genome Infomatics, pp. 274-275 (1996)

 

(184) Masahito Yamamoto, Toshio Ohyanagi, Azuma Ohuchi, Theorem Proving based on the Partial Instantiation Technique, Proc. of 34th SICE Annual Conference, pp. 1183-1186 (1995)

 

国内学会

(1) 石田 純一, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 運動結果予測の逸脱に伴う非オドボール系列に対する事象関連電位, 第49回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 89-92 (2017)

 

(2) 芹沢 廉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 人狼ゲームにおける発言の順序関係, 第49回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 71-74 (2017)

 

(3) 中村 格, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Deep Q-Network を用いた影像模倣動作の学習, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 3-6 (2017)

 

(4) 杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人, リカレント型畳み込みニューラルネットワークを用いたロボットの自己位置推定, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 9-12 (2017)

 

(5) 野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 階層型リカレントニューラルネットワークを用いた認知地図の自己組織化と目的行動の生成, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 13-17 (2017)

 

(6) 池田 宥一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 姿勢制御によるヘルマンリクガメのオペラント条件付け, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 44-47 (2017)

 

(7) 中元 陽介, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 確信度の伝達を伴う二者間知覚学習における学習効果の解析, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 48-51 (2017)

 

(8) 渋谷 尚寛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 運動の相互知覚を通したコミュニケーションの進化とその定量的解析, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 76-81 (2017)

 

(9) 永田 紘也, Stefan Walke, 横山 想一郎, 山下 倫央, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 川村 秀憲, 屋内イベント会場のためのエンターテインメントバルーンロボットシステムの開発, 第16回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 73-75 (2017)

 

(10) 小川 純, 飯塚 博幸, 山本 雅人, パレート最適化戦略に基づくソフトロボットの多目的形状設計, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 15-16 (2017)

 

(11) 西村 亮, 飯塚 博幸, 山本 雅人, DCGANにおける潜在空間上の局在配置を用いた画像融合, 2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 27-28 (2017)

 

(12) 野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 深層強化学習によるシグナル伝達を介したマルチエージェントフォーメーションの形成, 情報処理学会第79回全国大会講演論文集, 第2巻, pp. 659-660 (2017)

 

(13) 岩館 健司, 鈴木 育男, 渡辺 美知子, 山本 雅人, 古川 正志, 自己組織化によるスワームロボットの自己位置推定と屋内探索, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 (ROBOMECH2017) 講演論文集, pp. 1-2 , 2A1-G11 (2017)

 

(14) 杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Recurrent Convolutional Neural Networkに基づく一人称視点画像からのロボットの自己位置推定 , ロボティクス・メカトロニクス講演会2017 (ROBOMECH2017) 講演論文集, pp. 1-4 , 2P2-F02(2017)

 

(15) 麻野 将平, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた運動認識による入力インタフェースの構築, 第48回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集, pp. 81-84 (2016)

 

(16) 斎藤 健太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 動作分節の獲得による人間と機械の相互学習インタフェース, 第48回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集, pp. 95-96 (2016)

 

(17) 齋藤 宗太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Perceptual Crossing実験における知覚と運動への異なる時間遅れに対する社会的相互作用の安定性, 人工知能学会知識ベースシステム研究会資料(第107回), pp. 13-18 (2016)

 

(18) 西村 亮, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 生物-機械間相互作用のための Deep Q-Network による機械の行動学習, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 55-58 (2016)

 

(19) 野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ゲート型リカレントユニットを用いた運動と視覚の分節化と感覚統合モデル, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 59-62 (2016)

 

(20) 芹沢 廉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Twitter における特徴語の時系列変化を用いたローカルイベント検出, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 63-66 (2016)

 

(21) 石田 純一, 飯塚 博幸, 山本 雅人, サブリミナル刺激を用いた視覚ミスマッチ陰性電位の検出, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 73-76 (2016)

 

(22) 森田 萌, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた視覚情報に基づいた自律ロボットの作成および群行動への適用, 第15回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 77-80 (2016)

 

(23) 斎藤 健太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 動作の分節化を利用した相互学習インタフェース, 2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 575-576 (2016)

 

(24) 芹沢 廉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Twitterにおける特徴語の地域性を用いた比較によるローカルイベント検出, 観光情報学会第13回研究発表会講演論文集, pp. 13-16 (2016)

 

(25) 岩館 健司, 鈴木 育男, 渡辺 美知子, 山本 雅人, 古川 正志, 自己組織化によるスワームロボットの自己位置推定とフォーメーション形成, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 (ROBOMECH2016) 講演論文集, 1A1-04b4(2016)

 

(26) 森田 萠, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた視覚情報に基づく自律ロボットの群形成, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 (ROBOMECH 2016) 講演論文集, 1A1-05a1(2016)

 

(27) 加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, デジタルカーリングにおける局面評価関数の学習, 第21回知能メカトロニクスワークショップ講演論文集, pp. 215-217 (2016)

 

(28) 杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた一人称視点画像による自己位置推定, 第15回情報科学技術フォーラム(2016)講演論文集, pp. 57-58 (2016)

 

(29) 杉中 出帆, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた一人称視点画像による自己位置推定における実用に向けた検証, 情報処理北海道シンポジウム2016講演論文集, pp. 151-156 (2016)

 

(30) 渋谷 尚寛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 複数個体間における非言語コミュニケーションの進化, 情報処理北海道シンポジウム2016講演論文集, pp. 169-174 (2016)

 

(31) 斎藤 渉, 横山 想一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, JSP に対するタブーサーチ 法におけるタブーリストの長さと 解探索性能の関係, 第17回システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp. 1469-1474 (2016)

 

(32) 高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネット ワークによる局面評価手法を用い たコンピュータ Hex の開発, 第17回システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp. 1497-1501 (2016)

 

(33) 横山 想一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 人工ニューラルネットワー クを用いた動的スケジューリング 問題の解法, 第17回システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp. 1513-1518 (2016)

 

(34) 中井 啓貴, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 恒常性ニューラルネットワークを用いた多脚ロボットの未経験変動への適応, 第14回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 22-25 (2015)

 

(35) 加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, カーリング戦略の不確実性を考慮した候補手評価手法, 第14回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 26-31 (2015)

 

(36) 宮澤 初穂, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 二者間におけるニューロフィードバックトレーニングの提案と訓練効果の検証, 第14回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 46-49 (2015)

 

(37) 加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 戦略の不確実性を考慮したカーリングAIの開発, 人工知能学会研究会資料ー知識ベースシステム研究会(第104回), pp. 7-12 (2015)

 

(38) 加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ゲーム木探索に基づくカーリングAIの開発, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 915-916 (2015)

 

(39) 遠峰 孝太, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークを用いた群行動の分類, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 923-924 (2015)

 

(40) 内野 敬介, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 触覚刺激の時間順序判断の逆転を利用した非同期刺激によるラバーバンド錯覚の生起, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集 (Robomec 2015), 1P1-G08(2015)

 

(41) 齋藤 宗太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Perceptual Crossing実験における人間と同等の相互作用を形成するAIの解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集 (Robomec 2015), 2A1-M01(2015)

 

(42) 岩館 健司, 鈴木 育男, 渡辺 美知子, 山本 雅人, 古川 正志, STDP則に基づく大脳皮質ニューラルネットワークの提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2015講演論文集 (Robomec 2015), 2A1-M04(2015)

 

(43) 山本 雅人, 飯塚 博幸, 伝法 毅, 観光地における屋外無線LAN環境の整備と経済効果の検証実験について〜旭川冬まつり2015での事例〜, 第12回観光情報学会全国大会講演予稿集, pp. 42-43 (2015)

 

(44) 伊藤 毅志, 桝井 文人, 宮越 勝美, 河村 隆, 山本 雅人, 竹川 佳成, 柳 等, 松原 仁, カーリングを科学するプロジェクト, 電子情報通信学会技術研究報告ー第16回クラウドネットワークロボット研究会, 第115巻, 第118号, pp. 5-10 (2015)

 

(45) 三橋 允, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ミニマックス法に基づく報酬伝搬を用いたモンテカルロ木探索法, 2015年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 755-756 (2015)

 

(46) 利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東, 被災がれき量推定に向けた画像解析を利用した倒壊建造物の自動抽出, 第14回情報科学技術フォーラム(FIT2015)講演論文集, pp. 479-480 (2015)

 

(47) 加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 不確実性を含むカーリングにおける先読み手法の提案と有効性検証, 第14回情報科学技術フォーラム(FIT2015)講演論文集, pp. 313-314 (2015)

 

(48) 斎藤 健太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 入力予測誤差最小化による相互学習インタフェース, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集, pp. 592-597 (2015)

 

(49) 加藤 修, 飯塚 博幸, 山本 雅人, デジタルカーリングにおけるゲーム木枝刈りの有効性検証, エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2015論文集, pp. 412-417 (2015)

 

(50) 齋藤 宗太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Perceptual Crossing実験における触覚刺激に対する時間遅れの影響, 情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集, pp. 95-98 (2015)

 

(51) 高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 棋譜分析に基づく新規探索手法の提案を目的としたHexアプリケーションの開発, 情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集, pp. 99-104 (2015)

 

(52) 永田 紘也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 川村 秀憲, 鈴木 恵二, エンターテインメント飛行のための屋内用バルーンロボットの開発, 情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集, pp. 203-204 (2015)

 

(53) 野口 渉, 飯塚 博幸, 山本 雅人, LSTMとオートエンコーダを用いた感覚統合モデルによる模倣学習, 情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集, pp. 207-210 (2015)

 

(54) 内野 敬介, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 腕左右交換状態におけるゴム手錯覚の生起と触覚刺激の時間順序判断, 第16回システムインテグレーション部門講演会講演論文集, pp. 33-36 (2015)

 

(55) 吉成 昇, 上野 篤, 大柳 幸彦, 大内 東, 山本 雅人, 東日本大震災から学ぶ災害リスクに対する事業継続のための経営戦略, 廃棄物資源循環学会第6回東北支部研究発表会予稿集, pp. 27-28 (2014)

 

(56) 利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東, 被災がれき量推定に向けた航空写真を用いた建造物の変化抽出, 廃棄物資源循環学会第6回東北支部研究発表会予稿集, pp. 31-32 (2014)

 

(57) 南 賢一, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ネットワークトポロジーを考慮した自己組織化マップを用いた倉庫の商品配置の最適化, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 1053-1054 (2014)

 

(58) 家登 亮多, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 進化的手法を用いた飛翔ロボットによる群行動の獲得, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 1061-1062 (2014)

 

(59) 三橋 允, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ゲーム木展開条件に基づくUCT 探索のHex ゲーム戦略の解析, 第13回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 61-64 (2014)

 

(60) 大江 亮介, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 自律行動を行う仮想ロボットの行動獲得, 2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 1065-1066 (2014)

 

(61) 高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ネットワーク指標を用いた Hex 戦略の解析, 第13回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 65-68 (2014)

 

(62) 利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東, 被災がれき量推定のための画像データを利用した建造物の倒壊領域特定, 第13回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 69-72 (2014)

 

(63) 斎藤 健太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 人間と機械の相互学習によるロボット操縦手法の提案, 第13回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 85-90 (2014)

 

(64) 高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 局面ネットワークの媒介中心性に着目したHexゲーム戦略, 電子情報通信学会技術報告, 第113巻, 第459号, pp. 7-12 , (2014)

 

(65) 横山 想一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, JSP に対する部分的な割り付け規則の適用による局所探索法の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集 (Robomec 2014), 1A1-L01(2014)

 

(66) 田村 康将, 飯塚 博幸, 山本 雅人, JSP に対する遺伝的アルゴリズムと割付け規則に基づく 近似解法の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集 (Robomec 2014), 1A1-L03(2014)

 

(67) 小川 純, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 海洋バイオマスの運動制御に向けた絡み状態評価指標の設計, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集 (Robomec 2014), 1A1-K06(2014)

 

(68) 岩館 健司, 鈴木 育男, 渡辺 美知子, 山本 雅人, 古川 正志, 形態進化におけるタスク難易度と進化戦略, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014講演論文集 (Robomec 2014), 1A1-X05(2014)

 

(69) 飯塚 博幸, 斎藤 健太郎, 山本 雅人, 人間と機械の相互作用による共創造型インタフェースの構築, 電子情報通信学会技術研究報告ー第13回クラウドネットワークロボット研究会, pp. 17-22 (2014)

 

(70) 田村 康将, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 割付け規則を用いた遺伝的局所探索によるJSPの解法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2014年秋季研究発表会アブストラクト集, pp. 66-67 (2014)

 

(71) 横山 想一郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, ジョブショップ問題の重み付き納期遅れ最小化に対する割付け規則を用いた近似解法の提案, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2014年秋季研究発表会アブストラクト集, pp. 68-69 (2014)

 

(72) 山本 雅人, 飯塚 博幸, 伝法 毅, 観光地における屋外Wi-Fi環境整備の実証実験についてー旭川冬まつりと道庁赤レンガ前庭での事例ー, 観光情報学会第9回研究発表会, pp. 44-47 (2014)

 

(73) 山本 雅人, ニューラルネットワークとメタヒューリスティクス, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2014年秋季シンポジウム(2014)

 

(74) 利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東, 災害廃棄物量推定のための空撮画像内の直線検出を利用した建造物の自動倒壊判定, 第25回廃棄物資源循環学会研究発表会講演原稿集, pp. 109-110 (2014)

 

(75) 斎藤 健太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 人間と機械の相互学習によるロボット操縦インタフェースの作成, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 69-70 (2014)

 

(76) 三橋 允, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Hexゲーム戦略におけるUCT探索法の適切なゲーム木展開条件の解析, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 739-740 (2014)

 

(77) 利根川 凛, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 古川 正志, 大内 東, 被災がれき量推定に向けた画像情報を利用した建造物の倒壊判定, 2014年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 743-744 (2014)

 

(78) 三上 剛, 米澤 一也, 小島 洋一郎, 山本 雅人, 重度の閉塞型睡眠時無呼吸症候群の自動識別を目的とした上気道MR画像における 軟部組織の形態評価, 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2014)講演論文集, pp. 42-45 (2014)

 

(79) 家登 亮多, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 蔵本モデルを用いた鳥群行動のモデル化, 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2014)講演論文集, pp. 100-103 (2014)

 

(80) 南 賢一, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 自己組織化マップを用いた商品配置法におけるパラメータの最適化, 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2014)講演論文集, pp. 152-155 (2014)

 

(81) 松林 涼平, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 筋骨格モデルを用いた筋構造と適応行動の共進化, 第24回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2014)講演論文集, pp. 210-213 (2014)

 

(82) 遠峰 孝太, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 畳み込みニューラルネットワークによる動画データを用いたエージェント行動癖の認識, 情報処理北海道シンポジウム2014講演論文集, pp. 26-29 , A-09(2014)

 

(83) 宮澤 初穂, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 二者間における協力ニューラルフィードバックトレーニング, 情報処理北海道シンポジウム2014講演論文集, pp. 64-67 , A-20(2014)

 

(84) 齋藤 宗太郎, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 多者間での身体的相互作用による個性の発現, 情報処理北海道シンポジウム2014講演論文集, pp. 268-271 , B-37(2014)

 

(85) 高田 圭, 本庄 将也, 飯塚 博幸, 山本 雅人, コンピュータHexにおける大域的・局所的観点に基づく局面評価関数の分析, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集(SI2014), pp. 149-152 (2014)

 

(86) 宮澤 初穂, 飯塚 博幸, 山本 雅人, 一者と二者間ニューロフィードバックによるトレーニング効果の比較, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集(SI2014), pp. 164-167 (2014)

 

(87) 内野 敬介, 飯塚 博幸, 山本 雅人, Rubber Hand Illusion下における触覚刺激の時間順序判断, 第15回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集(SI2014), pp. 185-188 (2014)

 

(88) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, LEMとDSSMOのハイブリッド法によるネットワークの可視化, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 9-12 (2013)

 

(89) 南 賢一, 山本 雅人, 古川 正志, 注文商品の共起ネットワークを用いた商品の最適配置, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 13-18 (2013)

 

(90) 家登 亮多, 山本 雅人, 古川 正志, 人工生物の群行動獲得と複雑ネットワークに基づく解析, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 29-34 (2013)

 

(91) 高橋 文彦, 山本 雅人, 古川 正志, ニコニコ動画におけるタグの階層構造を利用した検索結果の分類, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 51-56 (2013)

 

(92) 松林 涼平, 古川 正志, 山本 雅人, 筋骨格モデルによる人工生命の行動獲得, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 77-82 (2013)

 

(93) 山本 雅人, 古川 正志, 高谷 敏彦, 大内 東, 画像解析による被災がれき量の推定に関する基礎研究, 情報処理学会第75 回全国大会講演論文集, pp. 497-498 (2013)

 

(94) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 高密度状態における海藻個体群の移動シミュレーションとその力学的解析, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 273-274 (2013)

 

(95) 田村 康将, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, JSPにおける局所クラスタリング組織化法を用いたリアクティブスケジューリング, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 275-276 (2013)

 

(96) Xu Zhuoran, Suzuki Ikuo, Yamamoto Masahito, Furukawa Masashi, The Boundary Archive Genetic Algorithm, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 283-284 (2013)

 

(97) 小松 琢也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 時間遅れを考慮した情報伝播におけるトポロジーの影響について, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 285-286 (2013)

 

(98) 横山 想一郎, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 割り付けルールによる局所探索を用いたジョブショップスケジューリング問題の近似解法, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 291-292 (2013)

 

(99) 本庄 将也, 山本 雅人, 古川 正志, 巡回セールスマン問題に対する粒子群最適化法の拡張, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文, pp. 295-296 (2013)

 

(100) 田中 航介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 電子掲示板におけるスレッドの分類指標の検証, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文, pp. 297-298 (2013)

 

(101) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 進化的ニューラルネットワークによる仮想ロボットの協調行動の獲得, 2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文, pp. 299-300 (2013)

 

(102) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, LEMとDSSOMのハイブリッド可視化法におけるパラメータ調整, 第98回知識ベースシステム研究会 人工知能学会研究会資料SIG-KBS-B203, pp. 21-26 (2013)

 

(103) 南 賢一, 古川 正志, 山本 雅人, 注文商品の共起ネットワークを利用した商品配置方法の提案, 情報処理学会研究報告知能システム(ICS), 第2013-ICS-1巻, 第10号, pp. 1-6 (2013)

 

(104) 高橋 文彦, 山本 雅人, 古川 正志, ニコニコ動画における共起関係を用いたタグの階層化, 情報処理学会研究報告知能システム(ICS), 第2013-ICS-1巻, 第3号, pp. 1-6 (2013)

 

(105) 小松 琢也, 山本 雅人, 古川 正志, 伝播遅れを考慮した情報伝播モデルにおける複数情報の伝播, 人工知能学会データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会報告(2013)

 

(106) 三上 剛, 米澤 一也, 小島 洋一郎, 山本 雅人, 古川 正志, 上気道MRIにおける舌領域の形態と睡眠時無呼吸症の重症度との相関性, 第12回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 45-46 (2013)

 

(107) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 撹拌シミュレーションに基づく海藻群の移動解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-M01(2013)

 

(108) 松林 涼平, 古川 正志, 山本 雅人, 筋骨格モデルによる人工生命の行動獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-N02(2013)

 

(109) 家登 亮多, 山本 雅人, 古川 正志, スワームモデルの複雑ネットワークに基づく行動解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-N03(2013)

 

(110) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 役割の動的変化を伴う協調行動の進化的獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1A2-N04(2013)

 

(111) 岩館 健司, 鈴木 育男, 渡辺 美知子, 山本 雅人, 古川 正志, STDP 則に基づくオンライン学習型ニューラルネットモデルの提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 in Tsukuba 講演論文集, 1P1-M06(2013)

 

(112) 家登 亮多, 山本 雅人, 古川 正志, スワームモデルにおける群行動の学習と協調動作の獲得, 2013年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 63-64 (2013)

 

(113) 松林 涼平, 山本 雅人, 古川 正志, 筋骨格モデルを用いた人工カエルの跳躍行動制御, 2013年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 111-112 (2013)

 

(114) 横山 想一郎, 山本 雅人, 古川 正志, 割り付けルールによるフレキシブルジョブショップ問題の解法, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 761-762 (2013)

 

(115) 南 賢一, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワークトポロジー上の自己組織化マップによる商品配置, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 765-766 (2013)

 

(116) 利根川 凛, 山本 雅人, 古川 正志, 被災がれき量推定のための画像領域を利用した建造物の変化検出, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 773-774 (2013)

 

(117) 大江 亮介, 鈴木 育男, 古川 正志, 山本 雅人, 選択型ニューラルネットワークアンサンブルによる仮想ロボットの複合的行動獲得, 2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 787-788 (2013)

 

(118) 小松 琢也, 山本 雅人, 古川 正志, 複数情報の伝播に対する時間遅れの影響, 第10回ネットワーク生態学シンポジウム講演論文集, p. 21 (2013)

 

(119) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, 類似したネットワークデータの連続的可視化方法, 第10回ネットワーク生態学シンポジウム講演論文集, p. 21 (2013)

 

(120) 田中 航介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 2部グラフによる電子掲示板のスレッド分類手法, 第12回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp. 181-182 (2013)

 

(121) 川口 光, 山本 雅人, 古川 正志, 時間変化を考慮したネットワーク可視化方法, 第12 回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp. 193-194 (2013)

 

(122) 小川 純, 山本 雅人, 古川 正志, 群移動シミュレーションにおける相互作用の解析支援システム-柔軟構造体群の移動時に発生する絡みの評価指標設計とその特徴解析-, 情報処理学会北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 13-20 (2013)

 

(123) 斎藤 健太郎, 山本 雅人, タブレット型端末を用いた人工ペットモデルの作成, 情報処理学会北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 21-24 (2013)

 

(124) 本庄 将也, 山本 雅人, 古川 正志, 巡回セールスマン問題に対する粒子群最適化の提案と性能評価, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 51-56 (2013)

 

(125) 利根川 凛, 山本 雅人, 古川 正志, 画像情報を利用した建造物の変化抽出による被災がれき量推定, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 169-174 (2013)

 

(126) 三橋 允, 本庄 将也, 山本 雅人, 枝刈りによる既存Hexゲーム戦略におけるUCTアルゴリズムの効率化, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 217-220 (2013)

 

(127) 高田 圭, 本庄 将也, 山本 雅人, HEX評価関数への媒介中心性の反映, 情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集, pp. 223-226 (2013)

 

(128) 田村 康将, 山本 雅人, 古川 正志, 人工ニューラルネットワークを用いて獲得されるディスパッチングルールの調査, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 875-880 , 1L1-5(2013)

 

(129) 小松 琢也, 山本 雅人, 古川 正志, 情報伝播における人の振る舞いに由来する伝播遅れの影響, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 881-884 , 1L2-1(2013)

 

(130) 横山 想一郎, 山本 雅人, 古川 正志, 進化計算と局所探索の組み合わせによるジョブショップスケジューリング問題の解法, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 897-900 , 1L2-5(2013)

 

(131) 本庄 将也, 山本 雅人, 巡回セールスマン問題向け並列粒子群最適化の提案, 第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2013)講演論文集, pp. 914-919 , 1L3-5(2013)

 

(132) 横山 想一郎, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 構築法を取り入れた局所クラスタリング組織化法によるTSPの解法, 第11回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 21-26 (2012)

 

(133) 田村 康将, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 半順序先行関係を持つジョブショップスケジューリング問題の解法, 第11回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 29-34 (2012)

 

(134) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 流体環境における海藻の絡み現象の解析, 第11回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 37-42 (2012)

 

(135) 小松 琢也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 信頼関係ネットワークにおける相反情報伝播モデルの提案, 第11回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 55-60 (2012)

 

(136) 田中 航介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, フラクタル図形を用いた階層型データの可視化, 第11回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 81-86 (2012)

 

(137) Mikami Tsuyoshi, Kojima Yohichiro, Yonezawa Kazuya, Yamamoto Masahito, Furukawa Masashi, An SVM-based Classification of Oral and Nasal Snoring Sounds with Kullback-Leibler Kernel, 第11回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 95-96 (2012)

 

(138) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, エネルギーを考慮した人工生物の形状と移動能力の関係, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, E31(2012)

 

(139) 梅村 裕太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境におけるバッタモデルの地上動作に関する研究, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, E34(2012)

 

(140) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想水中環境下における人工海藻の挙動の解析, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, E43(2012)

 

(141) 岩崎 幸安, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 大規模物流センターの混雑を考慮したピッキング作業の最適化, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, E45(2012)

 

(142) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合的人工ニューラルネットワークを用いた仮想飛翔ロボットの3次元追従行動, 2012年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, E46(2012)

 

(143) 滝見 優太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 類似ノードの特徴量を考慮したネットワーク間距離の提案, 第8回ネットワーク生態学シンポジウム予稿集, ROMBUNNO.O(2012)

 

(144) 三上 剛, 小島 洋一郎, 米澤 一也, 山本 雅人, 古川 正志, 模擬いびき音に見られるSAS固有の音響的特徴, 医療機器学, 第82巻, 第2号, p. 228 (2012)

 

(145) 辻本 陽平, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所エネルギー最小化法における近傍半径パラメータの効果に関する検証, 情報処理学会第74回全国大会講演論文集, pp. 415-416 (2012)

 

(146) 辻本 陽平, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所エネルギー最小化法におけるパラメータの効果, 2012年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 85-86 (2012)

 

(147) 山本 雅人, 平島 淳嗣, ムリグン, 古川 正志, 大内 東, 旭川市における公衆無線LAN環境の整備について, 観光情報学会第9回全国大会発表概要集, pp. 54-55 (2012)

 

(148) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 行動獲得における目的タスクの多様性と汎化能力, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (Robomec 2012) 講演論文集, 1A2-C06(2012)

 

(149) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多目的最適化を用いた適応行動の多様性とその応用について, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (Robomec 2012) 講演論文集, 1A2-E06(2012)

 

(150) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想流体環境におけるエネルギー効率を考慮した人工生物の行動獲得, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (Robomec 2012) 講演論文集, 1A2-E07(2012)

 

(151) 梅村 裕太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境におけるバッタモデルの歩行・跳躍動作, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (Robomec 2012) 講演論文集, 1A2-E08(2012)

 

(152) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人工海藻モデルによる海藻培養環境に関する研究, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (Robomec 2012) 講演論文集, 1A2-E09(2012)

 

(153) 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 動的なインタラクションを考慮した人工生物の行動創発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (Robomec 2012) 講演論文集, 1A2-E10(2012)

 

(154) 小野寺 大地, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 動的近傍競合学習のしきい値による コミュニティ分割への影響, ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN’12)講演論文集, p. 12013 (2012)

 

(155) 横山 想一郎, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ディスパッチングルールを用いたLCOによるJSPの近似解法, 第22回インテリジェント・システム・シンポジウム講演概要集(2012)

 

(156) 田村 康将, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ジョブショップスケジューリング問題に対するNeuro-evolutionの適用, 第22回 インテリジェント・システム・シンポジウム 講演論文集, 1B1-5(2012)

 

(157) 田中 航介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 共起ネットワークを用いた電子掲示板からの情報抽出, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)講演論文集, pp. 83-84 (2012)

 

(158) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ニューロエボリューションによる仮想ロボットの行動制御, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, F38(2012)

 

(159) 横山 想一郎, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 割り付けルールを用いたジョブショップスケジューリング問題の近似解法, 2012年度精密工学秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 457-458 (2012)

 

(160) 横山 想一郎, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, クリティカルパスを考慮したジョブショップスケジューリング問題の近似解法, 日本機械学会北海道支部第五十一回講演会講演概要集, pp. 175-176 (2012)

 

(161) 辻本 陽平, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所エネルギー最小化法における近傍半径パラメータの効果, 第11回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp. 143-144 (2012)

 

(162) 滝見 優太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ノードの特徴量を考慮したネットワーク間類似度, 第11回情報科学技術フォーラム, pp. 81-82 (2012)

 

(163) 滝見 優太, 山本 雅人, 古川 正志, ノードの特徴量とネットワーク構造差異の関係, 2012年度精密工学会北海道支部学術講演会論文集, pp. 93-94 (2012)

 

(164) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多自由度培養海藻モデルの接触回避のための水流制御, 2012年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 3-4 (2012)

 

(165) 岩崎 幸安, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物流センターにおける商品配置を考慮したピッキング作業の最適化, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 461-462 (2012)

 

(166) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 進化計算群を用いた仮想流体環境における人工生物の行動獲得とその比較, 2012年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 83-84 (2012)

 

(167) XU ZHUORAN, 山本 雅人, 古川 正志, A Study on Falling Cat Landing Problem Using Composite Neuroevolution, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 451-452 (2012)

 

(168) XU ZHUORAN, 山本 雅人, 古川 正志, A Study on the Compose Method by Composite Neuroevolution on Cat Landing Problem, 2012年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 87-88 (2012)

 

(169) 田村 康将, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ジョブショップスケジューリング問題に対する人工ニューラルネットワークを用いたジョブ割り付けルールの獲得, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 459-460 (2012)

 

(170) 田村 康将, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ジョブ割り付けルールの解析によるJSPベンチマーク問題の分類, 日本機械学会北海道支部 第51回講演概要集, pp. 173-174 (2012)

 

(171) 梅村 裕太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, バッタモデルの目標高さに応じた跳躍動作の獲得, 2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 447-448 (2012)

 

(172) 松林 涼平, 山本 雅人, 古川 正志, 異なる環境下における人工生物の最適行動の獲得, 情報処理学会北海道シンポジウム2012講演論文集, pp. 141-144 (2012)

 

(173) 川口 光, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワークの大域的可視化におけるLEMとDSSOMの組み合わせ, 情報処理学会北海道シンポジウム2012講演論文集, pp. 41-44 (2012)

 

(174) 髙橋 麻希子, 小野寺 大地, 鈴木 育男, 山本 雅人, 渡辺 美知子, 古川 正志, オーダーピッキングにおける局所性鋭敏型ハッシュを用いた伝票割当問題の解法, 情報処理学会北海道シンポジウム2012, pp. 45-48 (2012)

 

(175) 小松 琢也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人の生活時間による伝播遅れを考慮した情報伝播モデルにおける, 情報処理北海道シンポジウム2012 講演論文集, pp. 65-70 (2012)

 

(176) 家登 亮多, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 群行動シミュレーションにおける振る舞いの観測, 情報処理学会北海道シンポジウム2012, pp. 153-156 (2012)

 

(177) 高橋 文彦, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ニコニコ動画におけるタグ共起ネットワークを用いたコンテンツ抽出, 情報処理学会北海道シンポジウム2012, pp. 5-6 (2012)

 

(178) 南 賢一, 山本 雅人, 古川 正志, 共起ネットワークを用いた商品の注文データの解析, 情報処理学会北海道シンポジウム講演論文集, pp. 39-40 (2012)

 

(179) 小松 琢也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 時間遅れを考慮した情報伝播モデルの提案, 第13回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演論文集, pp. 230-235 (2012)

 

(180) 高橋 文彦, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ニコニコ動画のタグによる動画関係の研究, 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 196-199 (2012)

 

(181) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 自律分散型 Behavior Composed による弾性ロボットの行動制御, 第23回自律分散システムシンポジウム, 2B1-4(2011)

 

(182) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合型タスクに対する多自由度ロボットの自律移動行動の形成, ロボティクス・メカトロニクス講演会2011, 1A1-O01(2011)

 

(183) 滝見 優太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ユーザのクラスタリングを用いたWebインタフェース設計のための操作ログ解析, 第10回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 43-47 (2011)

 

(184) 滝見 優太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, リンク重みの増加・減衰を考慮した重み付きネットワークのネットワークモデルの提案, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 9-10 (2011)

 

(185) 滝見 優太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ユーザのコミュニティ分割を用いたWebインタフェース設計のための操作ログ解析, 第10回情報科学技術フォーラム講演論文集, 第第3分冊巻, pp. 773-774 (2011)

 

(186) 田中 航介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, シェルピンスキーのギャスケットを用いた階層型データの可視化, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 11-12 (2011)

 

(187) 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 様々な形態的特徴を持つ人工生物に対する自律行動アニメーション生成, ロボティクス・メカトロニクス講演会’11(Robomec’11), 1A1-M09(2011)

 

(188) 岩崎 幸安, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物流センターの集配計画へのジョブショップスケジューリング問題の適用, 第10回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 29-32 (2011)

 

(189) 田村 康将, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ジョブの先行関係が半順序であるJSPの解法, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 55-60 (2011)

 

(190) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 蝶の飛行制御におけるANNの汎化能力に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会’11(Robomec’11), 1A1-P02(2011)

 

(191) 岩崎 幸安, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 大規模物流センターにおける集配計画の研究, 日本機械学会2011年度年次大会講演論文集, S142012(2011)

 

(192) 岩崎 幸安, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物流センターのピッキング作業へのJSPの適用, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 99-102 (2011)

 

(193) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 遺伝子型と表現型の関連性に着目した形態創発に関する研究, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 631-632 (2011)

 

(194) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多様性のある人工生物の形態創発に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2011, 1A1-O08(2011)

 

(195) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多様性のある人工生物の形態創発を目的とした進化の性質の解析, 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p. 0 , K81(2011)

 

(196) 小松 琢也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 感染モデルを用いた情報伝播モデルの作成の実験, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 3-6 (2011)

 

(197) 横山 想一郎, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 非対称コストのTSPに対するLCOの適用, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 61-64 (2011)

 

(198) 辻本 陽平, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 状態遷移図を用いたWebインタフェース設計のための操作ログ解析, 第10回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 39-42 (2011)

 

(199) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所クラスタリング組織化法を応用した大規模TSPの分割統治解法, 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, H75(2011)

 

(200) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所クラスタリング組織化法を応用した分割統治法による大規模TSPの解法, 2011年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 57-58 (2011)

 

(201) 梅村 裕太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境におけるバッタモデルの連続跳躍行動の獲得, 第10回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 3-6 (2011)

 

(202) 梅村 裕太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境におけるバッタモデルの跳躍行動の獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会’11(Robomec’11), 1A1-M01(2011)

 

(203) 梅村 裕太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境における跳躍モデルの姿勢制御を考慮した連続跳躍動作の獲得, 2011年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 45-46 (2011)

 

(204) 梅村 裕太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境におけるバッタモデルの姿勢制御を考慮した跳躍動作の獲得, 2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 639-640 (2011)

 

(205) 市瀬 光生, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 枝交換交叉を用いた粒子群最適化法によるTSPの解法, 第23回自律分散システム・シンポジウム講演論文集, pp. 283-286 (2011)

 

(206) 市瀬 光生, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 巡回セールスマン問題に対する粒子群最適化法の一解法, 2011年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 53-54 (2011)

 

(207) 辻本 陽平, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 重み付有向グラフを用いたWebインタフェース設計のための操作ログ解析, 第10回情報科学技術フォーラム講演論文集, 第第3分冊巻, pp. 769-770 (2011)

 

(208) 辻本 陽平, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所エネルギー最小化法におけるエッジクロス解消のための局所調整, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 39-40 (2011)

 

(209) 小野寺 大地, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 学習近傍を動的に制限したSOMを用いたコミュニティ分割手法, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 23-24 (2011)

 

(210) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想流体環境が人工生物の行動知能創発に及ぼす影響, ロボティクス・メカトロニクス講演会’11(Robomec’11), 1A1-M11(2011)

 

(211) 小川 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 正志, 仮想水中環境における海藻モデルの絡み現象の開発, 情報処理北海道シンポジウム2011講演論文集, pp. 173-176 (2011)

 

(212) 原田 恵雨, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 有向グラフの二部グラフ化による二部コミュニティ対応関係の解析, 第52回数理社会学会大会 第7回ネットワークが創発する知能研究会, pp. 145-149 (2011)

 

(213) 原田 恵雨, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ウェブ上で構成される二部グラフのコミュニティ対応関係, 第10回情報科学技術フォーラム講演論文集, 第第3分冊巻, pp. 771-772 (2011)

 

(214) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想筋肉による人工生物の遊泳行動獲得, 第3回日本ロボット学会北海道ロボット技術研究専門委員会学術講演会, pp. 47-49 (2011)

 

(215) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想水中環境における人工生物の遊泳行動獲得-仮想筋肉による運動制御-, 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 623-624 (2011)

 

(216) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 弾性バネによって運動する人工生物の遊泳行動獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会’11(Robomec’11), 1A1-O13(2011)

 

(217) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想筋肉による人工生物の遊泳行動の解析, 2011年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 43-44 (2011)

 

(218) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Twitterにおける東日本大震災時の情報伝搬に関する研究, 2011年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 91-92 (2011)

 

(219) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 結合振動子を用いたネットワーク成長モデルの提案とその評価, 2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, H69(2011)

 

(220) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 結合振動子を用いたネットワーク成長のモデル化とその有効性の検証, 第43回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集, pp. 19-22 (2011)

 

(221) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 古川 雅人, , 水中環境における仮想筋肉を用いた人工生命の遊泳獲得, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp. 400-402 (2011)

 

(222) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 東日本大震災時のTwitterデータに基づく情報伝搬ネットワークの解析, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp. 413-415 (2011)

 

(223) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想流体環境における人工生物の形状と移動能力の関係, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp. 424-427 (2011)

 

(224) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多目的最適化を用いた仮想自律ロボットの複合型行動の実現, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp. 1244-1247 (2011)

 

(225) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合的人工ニューラルネットワークによる仮想飛翔ロボットの飛翔制御, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp. 1248-1251 (2011)

 

(226) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所部分経路を組合せた分割統治法による大規模TSPの解法, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp. 1256-1259 (2011)

 

(227) 市瀬 光生, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 巡回セールスマン問題に対する群知能的解法, 第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2011), pp. 1260-1263 (2011)

 

(228) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 円環構造型モジュラーロボットの自律行動獲得, 日本ロボット学会北海道ロボット技術研究専門委員会(RSJ-HRT)学術講演会講演論文集, pp. 5-6 (2010)

 

(229) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想流体環境の提案と飛行生物のモデル化, 日本ロボット学会北海道ロボット技術研究専門委員会(RSJ-HRT)学術講演会講演論文集, pp. 7-11 (2010)

 

(230) 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人工ニューラルネットワークによる人工生物の自律行動生成, 日本ロボット学会北海道ロボット技術研究専門委員会(RSJ-HRT)学術講演会講演論文集, pp. 29-30 (2010)

 

(231) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 円環構造型モジュラーロボットの移動行動獲得とモジュール拡張性に関する考察, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 87-88 , B03(2010)

 

(232) 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Central pattern generatorによる人工生物のアニメーション生成, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 93-94 , B07(2010)

 

(233) 蜂谷 俊泰, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境における多関節ロボットアームのタスク獲得, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 311-312 , D61(2010)

 

(234) 高橋 麻希子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 渡辺 美知子, 古川 正志, 大規模物流センターの割り込みスケジューリングの研究−割り込み時刻とオーダー数に応じたリアクティブスケジューリング−, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 315-316 , D63(2010)

 

(235) 坂本 延寛, 渡辺 美知子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物流センターにおける商品配置を考慮した伝票割当手法の提案, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 319-320 , D66(2010)

 

(236) 拓 徐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人工トンボモデルの飛翔行動の獲得, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 323-324 , D68(2010)

 

(237) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多様な形状の人工生物の遊泳行動知能創発, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 327-328 , D73(2010)

 

(238) 白石 直樹, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングによる天井移動体の行動獲得, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 331-332 , D75(2010)

 

(239) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想環境内における飛行生物の行動に関する研究, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 337-338 , D79(2010)

 

(240) 猿島 悠輔, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 二次割り当て問題における局所クラスタリング組織化法の適用, 2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 341-342 , D81(2010)

 

(241) 茂尾 亮太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所エネルギー最小可視化によるネットワークの大域的可視化, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, 第1巻, pp. 265-266 (2010)

 

(242) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 振動子ネットワークからみた同期現象におけるネットワーク構造の変化, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, 第1巻, pp. 267-268 (2010)

 

(243) 三好 栄次, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, コミニュティ構造の影響を考慮したネットワーク成長モデルの提案, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, 第1巻, pp. 269-270 (2010)

 

(244) 竹内 尚, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Webタグの階層的クラスタリング手法の提案, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会講演論文集, 第2巻, pp. 75-76 (2010)

 

(245) 三上 剛, 小島 洋一郎, 山本 雅人, 古川 正志, いびき音はカオスか?, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 1A2-F25(2010)

 

(246) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 円環構造型弾性ロボットの進化計算によるロコモーション形成について, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A1-F26(2010)

 

(247) 蜂谷 俊泰, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理シミュレーションによる多関節ロボットアームの手の平タスク獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A2-F17(2010)

 

(248) 市瀬 光生, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, TSPにおけるLCOのハイブリッドに関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A2-F19(2010)

 

(249) 白石 直樹, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングによる多脚型天井移動ロボットの制御獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A2-F21(2010)

 

(250) 高橋 麻希子, 渡辺 美知子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 大規模物流センターの割り込み再スケジュール, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A2-F28(2010)

 

(251) 坂本 延寛, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物流センターにおける集配ナビゲーション手法の提案, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A2-G03(2010)

 

(252) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 分割統治型LCOによる大規模TSPの解法, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A2-G06(2010)

 

(253) 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, 猿島 悠輔, 評価値基準によるLCOを用いた二次割当問題への適用, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2A2-G08(2010)

 

(254) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 振動子ネットワークの構造変化における振動子の挙動の解析, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2P1-F26(2010)

 

(255) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想環境内における飛行生物の羽ばたき飛行実験, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2P1-F27(2010)

 

(256) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人工生物のための遺伝子表現型に関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2P1-F29(2010)

 

(257) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 結合振動子を用いたネットワーク成長モデルとそのダイナミクス, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2P1-G04(2010)

 

(258) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想水中環境下における人工生物の形状と遊泳能力の関係, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2P1-G05(2010)

 

(259) 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Central Pattern Generatorによる人工生物の行動獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2P1-G06(2010)

 

(260) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 弾性体を用いた人工生物の遊泳行動獲得, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (Robomec 2010), 2P1-G14(2010)

 

(261) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 行為者の属性・関係構造を考慮した ネットワーク成長モデルとそのダイナミクス, ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN10)講演論文集, 4(2010)

 

(262) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 同期的ネットワーク構造最適化により創発されるネットワークの特徴解析, ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN10)講演論文集, 7(2010)

 

(263) 本庄 将也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Hexゲームの局面ネットワークの解析, ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN10)講演論文集, 11(2010)

 

(264) 本庄 将也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワークの特徴量に基づくHexゲーム戦略の解析, 第9回情報技術フォーラム(FIT2010)講演論文集, pp. 429-430 , F-031(2010)

 

(265) 竹内 尚, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Webページの情報粒度を考慮したタグを利用した階層クラスタリングの生成, 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2010)講演論文集, 69(2010)

 

(266) 市瀬 光生, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, PSOとLCOのハイブリッドによるTSPの解法, 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2010)講演論文集, 74(2010)

 

(267) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 大規模TSPの局所組み合わせ部分問題最適化による大域的最適化法, 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2010)講演論文集, 83(2010)

 

(268) 徐 拓, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 風影響下におけるトンボモデルの飛翔学習, 2010年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 21-22 (2010)

 

(269) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 抗力による蝶モデルの羽ばたき飛行解析, 2010年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 23-24 (2010)

 

(270) 蜂谷 俊泰, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理シュミュレーションによる多関節アームロボットのタスク獲得, 2010年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 61-62 (2010)

 

(271) 白石 直樹, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, シミュレーションによる天井移動ロボットの行動の獲得と解析, 2010年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 73-74 (2010)

 

(272) 猿島 悠輔, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, LCOによる制約最適化問題への適用, 2010年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 75-76 (2010)

 

(273) 竹内 尚, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Webタグの情報粒度を考慮したWebネットワーク構造の階層クラスタリング, 2010年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 79-80 (2010)

 

(274) 坂本 延寛, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物流センター内の商品配置最適化法の提案, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 679-680 , K03(2010)

 

(275) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 弾性体を制御する人工生物による遊泳行動獲得, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 685-686 , K07(2010)

 

(276) 蜂谷 俊泰, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理シミュレーションによる多関節アームロボットのロバストな行動の獲得, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 689-690 , K09(2010)

 

(277) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人工生物のための形態創発可能な遺伝子表現型に関する研究, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 695-696 , K15(2010)

 

(278) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理法則に基づく蝶モデルの飛行, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 699-700 , K18(2010)

 

(279) 猿島 悠輔, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 制約充足問題のための局所クラスタリング組織化法の適用, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 705-706 , K21(2010)

 

(280) 高橋 麻希子, 渡辺 美知子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 大規模物流センターの割り込みスケジューリングの研究−再スケジュールにかかる時間を考慮した構内物流スケジューリング−, 2010年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 711-712 , K25(2010)

 

(281) 三好 栄次, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ノード特性とコミュニティ情報を考慮したシナジーテックなネットワーク成長モデル, 情報処理学会研究報告「数理モデル化と問題解決」(MPS-80), No. 17(2010)

 

(282) 市瀬 光生, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, TSPにおけるPSOとLCOのハイブリッド, 情報処理北海道シンポジウム2010講演論文集, pp. 33-36 (2010)

 

(283) 本庄 将也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局面ネットワークを利用したHexゲーム戦略の提案, 情報処理北海道シンポジウム2010講演論文集, pp. 37-42 (2010)

 

(284) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所組み合わせ分割統治法による大規模TSPの解法, 情報処理北海道シンポジウム2010講演論文集, pp. 43-48 (2010)

 

(285) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 行為者の属性・関係構造による行為の動的変化を考慮したネットワーク成長モデル, 情報処理北海道シンポジウム2010講演論文集, pp. 77-84 (2010)

 

(286) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人工生物のための形態創発可能な遺伝子表現型に関する研究, 情報処理北海道シンポジウム2010講演論文集, pp. 133-138 (2010)

 

(287) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 弾性バネをアクチュエータとする人工生物の遊泳獲得実験, 情報処理北海道シンポジウム2010講演論文集, pp. 139-142 (2010)

 

(288) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, CGのための蝶モデルの提案−物理法則に基づくモデル化と自律的制御−, 情報処理北海道シンポジウム2010講演論文集, pp. 159-166 (2010)

 

(289) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 人工生物のための形態創発に関する基礎研究, 第11回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2043-2045 (2010)

 

(290) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 同期的構造最適化により創発される振動子ネットワークの特徴解析, 第11回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2046-2049 (2010)

 

(291) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想水中環境における弾性バネを用いた人工生物の遊泳獲得, 第11回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2056-2059 (2010)

 

(292) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 結合振動子を用いたネットワーク成長のモデル化, 第11回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2060-2063 (2010)

 

(293) 茂尾 亮太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 空間の動的分割を利用したネットワークの可視化, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 69-72 (2009)

 

(294) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワークにおけるパーコレーション伝搬を考慮した振動子の同期現象, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 65-68 (2009)

 

(295) 三好 栄次, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワークのコミュニティ成長モデルとその解析, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 61-64 (2009)

 

(296) 坂本 延寛, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所クラスタリング組織化法の配送計画問題への適用, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 43-48 (2009)

 

(297) 白石 直樹, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングによる倒立振子の制御, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 17-20 (2009)

 

(298) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ダ・ヴィンチのヘリコプターは飛ぶか?, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 11-16 (2009)

 

(299) 徐 拓, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 空気環境下における紙飛行機の飛行モデリングとその学習, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集, pp. 5-10 (2009)

 

(300) 山本 雅人, 鈴木 育男, 古川 正志, 自律仮想ロボットAnibotの開発, 第8回複雑系マイクロシンポジウム講演論文集,基調講演, pp. 1-2 (2009)

 

(301) 三好 栄次, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Modularityを用いた複雑ネットワークの成長と構築に関する研究, 情報処理学会第71回全国大会講演論文集, 第1巻, pp. 255-256 , 3B-2(2009)

 

(302) 岩田 泰士, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 自己組織化を利用したネットワーク可視化の評価と比較, 情報処理学会第71回全国大会講演論文集, 第1巻, pp. 259-260 , 3B-4(2009)

 

(303) 千葉 隆雄, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 個人の特性と話題を考慮した情報伝搬モデルの研究, 情報処理学会第71回全国大会講演論文集, 第1巻, pp. 247-248 , 2B-5(2009)

 

(304) 坂本 延寛, 鈴木 育男, 山本 雅人, 渡辺 美知子, 古川 正志, 局所クラスタリング組織化法のVehicle Routing Problemへの適用とその有効性の検証, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 539-540 , H04(2009)

 

(305) 高橋 麻希子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 渡辺 美知子, 古川 正志, オーダーピッキングの割り込みによる再スケジュールについて, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 541-542 , H05(2009)

 

(306) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究−安定飛翔行動の獲得−, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 555-556 , H16(2009)

 

(307) 尾尻 和也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングに基づく多足人工生物の行動獲得, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 557-558 , H17(2009)

 

(308) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究−人工生物の遊泳−, 2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 559-560 , H18(2009)

 

(309) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ダ・ヴィンチのヘリコプターは飛ぶか?, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09(Robomec’09), 2A2-C18(2009)

 

(310) 岩館 健司, 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究-異なる環境下における人工生物モデルの行動獲得-, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09(Robomec’09), 2A2-D08(2009)

 

(311) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究-人工生物の遊泳獲得-, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09(Robomec’09), 2A2-D09(2009)

 

(312) 白石 直樹, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングを利用した直列多重倒立振子の振り上げ制御, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09(Robomec’09), 2A2-D12(2009)

 

(313) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想モジュラーロボットの適応行動と運動メカニズムに関する研究, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09(Robomec’09), 2A2-E04(2009)

 

(314) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想水中環境における人工生物の遊泳獲得, 第10回AI若手の集い, pp. 27-30 (2009)

 

(315) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワーク構造の変化が振動子の挙動に与える影響, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 242(2009)

 

(316) 白石 直樹, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境における直列多重倒立振子の振り上げ制御シミュレーション, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 317(2009)

 

(317) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 進化的手法を用いた仮想モジュラーロボットの適応行動の獲得, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 318(2009)

 

(318) 尾尻 和也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robot の研究−多脚人工生物の行動獲得−, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 319(2009)

 

(319) 川上 祥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, アニボットの協調行動の獲得, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 323(2009)

 

(320) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想空気環境における安定飛翔行動の獲得, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 324(2009)

 

(321) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究−人工生物の遊泳獲得とその挙動解析−, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 325(2009)

 

(322) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ダ・ヴィンチのヘリコプターは飛ぶか?, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 326(2009)

 

(323) 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合環境に於ける人工生物モデルの行動獲得, Dynamics and Design Conference 2009 (D&D 2009), 327(2009)

 

(324) 原田 恵雨, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 二部グラフにおける多対多の関係を持つコミュニティを評価するモジュラリティ, ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN09)講演論文集, 3(2009)

 

(325) 大江 亮介, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 近似流体環境下でのヘリコプターの挙動, 精密工学会北海道支部50周年記念学術講演会講演論文集, pp. 25-26 (2009)

 

(326) 川上 祥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, アニボットの協調行動の獲得, 精密工学会北海道支部50周年記念学術講演会講演論文集, pp. 29-30 (2009)

 

(327) 尾尻 和也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多脚人工生物の行動獲得, 精密工学会北海道支部50周年記念学術講演会講演論文集, pp. 31-32 (2009)

 

(328) 猿島 悠輔, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所クラスタリング組織化法による2次割り当て問題への適用, 精密工学会北海道支部50周年記念学術講演会講演論文集, pp. 37-38 (2009)

 

(329) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究−エネルギーコスト最小化による飛翔行動の獲得−, 2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 991-992 (2009)

 

(330) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究 −紡錘型人工生物の遊泳獲得−, 2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 993-994 (2009)

 

(331) 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複合環境における人工生物モデルの行動獲得, 2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 995-996 (2009)

 

(332) 高橋 麻希子, 渡辺 美知子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 大規模物流センターの割り込みスケジューリングの研究−強化学習によるリアクティブスケジューリング−, 2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 997-998 (2009)

 

(333) 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想モジュラーロボットの適応行動とその行動解析, 2009年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 1007-1008 (2009)

 

(334) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワーク構造の変化が振動子の挙動に与える影響, 第19回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2009)講演論文集, pp. 234-237 (2009)

 

(335) 茂尾 亮太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワーク構造の局所最適化による可視化の高速化, 第19回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN2009)講演論文集, pp. 238-243 (2009)

 

(336) 坂本 延寛, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所クラスタリング組織化法による配送路問題の解法, 情報処理学会研究報告「数理モデル化と問題解決」(MPS-75), No.1(2009)

 

(337) 茂尾 亮太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワーク構造の局所エネルギー最小化による可視化の高速化, 情報処理学会研究報告「数理モデル化と問題解決」(MPS-75), No. 7(2009)

 

(338) 三好 栄次, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, コミュニティ情報を考慮したネットワーク成長モデル, 情報処理学会研究報告「数理モデル化と問題解決」(MPS-75), No. 8(2009)

 

(339) 三好 栄次, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, コミュニティ構造を用いたネットワーク成長モデル, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 37-40 (2009)

 

(340) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワークにおけるパーコレーション伝搬を考慮した振動子の同期現象, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 41-44 (2009)

 

(341) 小笠原 寛弥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 木構造モデルにおける結合振動子を用いた情報伝搬および同期現象の解析, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 45-46 (2009)

 

(342) 茂尾 亮太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 局所エネルギー最小化による可視化の高速化, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 60-65 (2009)

 

(343) 竹内 尚, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, GHSOMのパラメータ設定による計算時間の比較, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 66-67 (2009)

 

(344) 千葉 隆雄, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 個人や話題の特性を考慮した情報伝搬モデルの提案, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 135-142 (2009)

 

(345) 本庄 将也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ノードランキング手法の組み合わせによる人間が直感で付けたノードランキングの再現と考察, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 162-165 (2009)

 

(346) 市瀬 光生, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, TSPにおけるLCOとメタヒューリスティクスの組み合わせ, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 219-220 (2009)

 

(347) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 分散型LCOによる大規模TSPの解法, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 221-222 (2009)

 

(348) 福本 晃宏, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 仮想物理環境における弾性体を用いた魚モデルの行動獲得に関する基礎研究, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 248-249 (2009)

 

(349) 萬谷 和之, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 木構造による仮想生物の形態のGenoType表現の提案, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 250-251 (2009)

 

(350) 土田 義之, 古川 正志, 複合系ヒューマンマンマシンコンピュータインターフェイスと知的階層的運動制御システムの電動車いす制御系の検証(第一報), 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 78-84 (2009)

 

(351) 石川 和典, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 分散型LCOによる大規模TSPの解法, 情報処理北海道シンポジウム2009講演論文集, pp. 221-222 (2009)

 

(352) 川上 祥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, アニボットの協調行動の獲得, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2031-2033 , 3N1-2(2009)

 

(353) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robot の研究−仮想空気環境下における飛翔行動の獲得−, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2042-2043 , 3N1-5(2009)

 

(354) 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, 物理モデラーTIPS-PMの物理教育ソフトへの応用, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2050-2052 , 3N1-8(2009)

 

(355) 尾尻 和也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 多節人工生命の行動獲得, 第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp. 2065-2068 , 3N2-4(2009)

 

(356) 村田 賢太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワーク上の結合振動子における次数と同期の関係, 第80回人工知能学会知識ベース研究会, pp. 27-32 (2008)

 

(357) 大和田 純, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ソーシャルブックマークにおける流行抽出のための基礎研究, 第80回人工知能学会知識ベース研究会, pp. 37-41 (2008)

 

(358) 伊藤 聖修, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ニコニコ動画におけるタグ共起ネットワークの特徴抽出, 第80回人工知能学会知識ベース研究会, pp. 13-18 (2008)

 

(359) 梅本 雅之, 西岡 良太, 山形 佳史, 川村 秀憲, 高谷 敏彦, 大内 東, AFOによる鬼ごっこ, (2008)

 

(360) 中林 佑太, 西岡 良太, 山形 佳史, 川村 秀憲, 大内 東, 高谷 敏彦, 屋内自律飛行船における自己組織的な群飛行, 知能と複雑系(SIG-ICS151)(2008)

 

(361) 坂本 大憲, 大内 東, 川村 秀憲, Consumer Generated Mediaにおける知識蓄積プロセスの分析, 知能と複雑系(SIG-ICS151)(2008)

 

(362) 丸山 加奈, 大内 東, 川村 秀憲, 観光客の空き時間を利用した観光経路作成手法の提案と支援システムの構築, 情報処理学会第70回全国大会, 第4号, pp. 455-456 , 2G-5(2008)

 

(363) 宮脇 恵里, 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, 渡辺 美知子, 大規模物流システムにおける集配ナビゲーションの実用化, 2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 1007-1008 (2008)

 

(364) 宮脇 恵里, 渡辺 美知子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 大規模物流センターにおけるピッキングナビゲーション法の提案, 第7回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 27-30 (2008)

 

(365) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理法則に基づく物体の空気環境の構築, 2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 1003-1004 (2008)

 

(366) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングにおける空気環境の構築, 第7回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 13-16 (2008)

 

(367) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理法則に基づく物体の水中環境の構築, 2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 1001-1002 (2008)

 

(368) 岩館 健司, 米陀 佳祐, 柴田 勝也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究 ―モデリングツールの開発(I)―, 2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 987-988 (2008)

 

(369) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングに於ける水環境の構築に関する研究, 第7回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 9-12 (2008)

 

(370) 千葉 隆雄, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 評判伝播ネットワークの成長モデルに関する基礎研究, 情報処理学会第70回全国大会, 第1巻, pp. 217-218 (2008)

 

(371) 千葉 隆雄, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 話題の特性を考慮した情報伝搬ダイナミクスの解析, 第7回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 37-40 (2008)

 

(372) 梶浦 善信, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 規模物流センターの商品解析とその棚配置に関する研究, 第7回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 31-32 (2008)

 

(373) 岩田 泰士, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 自己組織化を利用したネットワークの三次元可視化, 情報処理学会第70回全国大会, 第1巻, pp. 215-216 (2008)

 

(374) 森岡 淳, 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, ノード間関係の類似度を定量化するネットワーク間狭小性, 情報処理学会第70回全国大会, 第2巻, pp. 27-28 (2008)

 

(375) 岩田 泰士, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 動的信号を用いたSOMによるネットワークの可視化, 第7回複雑系マイクロシンポジウム, pp. 41-44 (2008)

 

(376) 米陀 佳祐, 岩館 健司, 柴田 勝也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究 ―モデリングツールの開発(II)―, 2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp. 989-990 (2008)

 

(377) 山下 翔, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 異なるカテゴリの嗜好情報に対する特徴解析および評価, 情報処理学会第70回全国大会, 第1巻, pp. 429-430 (2008)

 

(378) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究-物理モデリングにおける水中環境の構築-, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08(Robomec’08), 2P2-G15(2008)

 

(379) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robot の研究-物理モデリングに於ける空気環境の構築-, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08(Robomec’08), 2P2-G17(2008)

 

(380) 川田 晋, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワークの特性の違いによる群行動の創発, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08(Robomec’08), 2P2-G22(2008)

 

(381) 米陀 佳祐, 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robot の研究-弾性体モデルの学習と制御-, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08(Robomec’08), 2P2-G19(2008)

 

(382) 岩館 健司, 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robot の研究―剛性体モデルの学習と制御―, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08(Robomec’08), 2P2-G21(2008)

 

(383) 原田 恵雨, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 二部グラフにおけるクラスタリングアルゴリズムの比較, 第7回情報技術フォーラム(FIT2008), pp. 441-442 (2008)

 

(384) 山下 翔, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, ネットワークモデルを用いた異なるカテゴリ間の嗜好性の解析, 第7回情報技術フォーラム(FIT2008), pp. 443-444 (2008)

 

(385) 森岡 淳, 古川 正志, 山本 雅人, 鈴木 育男, ネットワーク間狭小性によるネットワークの時系列解析, 第7回情報技術フォーラム(FIT2008), pp. 447-448 (2008)

 

(386) 徐 拓, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングによる紙飛行機のボイドの研究, 2008年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 5-6 (2008)

 

(387) 白石 直樹, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングにおける直列多リンク倒立振子の制御, 2008年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 7-8 (2008)

 

(388) 川上 祥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, アニボットのコピー機能によるモデリングと協調行動の獲得, 2008年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 31-32 (2008)

 

(389) 高橋 麻希子, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 渡辺 美知子, エネルギー基準によるオーダーピッキングの最適バッチングの作成, 2008年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 33-34 (2008)

 

(390) 坂本 延寛, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 渡辺 美知子, 局所クラスタリング組織化法によるn-TSPの解法, 2008年度精密工学会北海道支部学術講演会講演論文集, pp. 35-36 (2008)

 

(391) 中村 啓太, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究-水中姿勢制御の獲得-, 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 881-882 (2008)

 

(392) 森長 誠, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robot の研究-飛翔行動の獲得-, 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 883-884 (2008)

 

(393) 米陀 佳祐, 岩館 健司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究-軟性構造モデルの行動制御-, 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 885-886 (2008)

 

(394) 岩館 健司, 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, Animated Robotの研究-複合環境における行動獲得-, 2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, pp. 887-888 (2008)

 

(395) 千葉 隆雄, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 情報伝播モデルによる情報伝播パターンの研究, 情報処理北海道シンポジウム2008講演論文集, B-02(2008)

 

(396) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワークのパーコレーションによる同期現象, 情報処理北海道シンポジウム2008講演論文集, B-03(2008)

 

(397) 三好 栄次, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, コミュニティ分割されたコミュニティの特性解析, 情報処理北海道シンポジウム2008講演論文集, B-04(2008)

 

(398) 岩田 泰士, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, コミュニティ構造の視認性を高めるるネットワーク可視化手法に関する一考察, 情報処理北海道シンポジウム2008講演論文集, B-05(2008)

 

(399) 山本 雅人, 鈴木 育男, 古川 正志, 自律的行動獲得によるAnimated Robotの開発, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,キーノート講演, pp. 667-668 , 2F1-1(2008)

 

(400) 川上 祥, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, アニボットのコピー機能による群協調行動の獲得, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 669-670 , 2F1-2(2008)

 

(401) 岩根 慎司, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 複雑ネットワークにおけるパーコレーション伝播を考慮した振動子の同期現象, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 691-692 , 2F3-3(2008)

 

(402) 岩田 泰士, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, トポロジーをもつエージェントによる複雑ネットワークの可視化, 第9回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, pp. 693-694 , 2F3-4(2008)

 

(403) 今川 孝博, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, テーマパーク問題における予定情報共有システムの提案と有効性の検証, 情報処理学会研究報告 2007-ICS-147, pp. 1-6 (2007)

 

(404) 山下 晃弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, ブログによる情報収集と推薦技術を用いた飲食店情報サイトの構築, 情報処理学会研究報告 2007-ICS-147, pp. 133-138 (2007)

 

(405) 西岡 良太, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 屋内飛行船ロボットのライン追従制御システムの開発, ROBMEC 2007 in AKITA, (2007)

 

(406) 笠脇 裕人, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 時間制約付き飛行プランに基づく屋内飛行船ロボットの制御, ROBMEC 2007 in AKITA, (2007)

 

(407) 川田 晋, 吉井 伸一郎, 古川 正志, SWARMエージェントの協調行動における個性の創発, ROBOMEC 2007(2007)

 

(408) 原田 恵雨, 吉井 伸一郎, 古川 正志, 二部グラフ分割問題の順序最適化としての解法, ROBOMEC 2007(2007)

 

(409) 丸山 加奈, 山本 雅人, 大内 東, ユーザの時間制約と嗜好を考慮した, 観光情報学会第4回全国大会概要集, p. 15 (2007)

 

(410) Cser Katalin, Yamamoto Masahito, Ohuchi Azuma, Survey and Analysis of European Hotel Classification Systems, 4th Society for Tourism Informatics National Conference, p. 16 (2007)

 

(411) 岩館 健司, 米陀 佳祐, 柴田 勝也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理環境モデリングに関するツール開発 -第2報 剛性体モデリングツールの開発-, 2007年度精密工学会北海道支部学術講演会, pp. 13-14 (2007)

 

(412) 原田 恵雨, 鈴木 育男, 古川 正志, 二部グラフ分割問題の順序最適化としての解法, ファジィシステムシンポジウム2007(2007)

 

(413) 米陀 佳祐, 岩館 健司, 柴田 勝也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理環境モデリングに関するツール開発 -第1報 弾性体モデリングツールの開発-, 2007年度精密工学会北海道支部学術講演会, pp. 11-12 (2007)

 

(414) 但野 友美, 大内 東, 札幌市医師会「入退院サポートシステム」における問題点とその解決に関する考察, 情報処理北海道シンポジウム2007, (2007)

 

(415) 但野 友美, 大内 東, 最適マッチングに基づく患者紹介システムの構築, 第6回情報技術フォーラム(FIT2007), (2007)

 

(416) 高橋 春樹, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, セルの入出力観測に基づくセルオートマトンの定量的分析, 第6回情報技術フォーラム(FIT2007),情報科学技術レターズ, pp. 157-160 (2007)

 

(417) 寺西 俊樹, 川村 秀憲, 大内 東, オークションにおける情報開示戦略の分析, 情報処理北海道シンポジウム2007(2007)

 

(418) 高橋 春樹, 川村 秀憲, 大内 東, 入出力観測に基づくセルオートマトンの情報理論的分析, 情報処理北海道シンポジウム2007(2007)

 

(419) 山下 晃弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, ブログを用いたWebサービス型情報共有・推薦システム「HARMO」の開発, 第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)一般講演論文集, pp. 349-352 , (2007)

 

(420) 山形 佳史, 川村 秀憲, 大内 東, 高谷 敏彦, カメラ画像を用いた屋内自律飛行船の高度誤差に関する分析, 情報処理北海道シンポジウム2007(2007)

 

(421) 丸山 加奈, 山本 雅人, 大内 東, 観光経路作成支援における代替観光経路の提案手法, FIT2007 第6回情報科学技術フォーラム講演論文集, pp. 3-6 , A-002(2007)

 

(422) 泉澤 秀樹, 古川 正志, 鈴木 育男, エージェントの世代交代モデルによるシステムの信頼性に関する研究, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会, pp. 625-626 (2007)

 

(423) 柴田 勝也, 岩館 健司, 米陀 佳祐, 鈴木 育男, 古川 正志, 物理モデラーP-Sketcherの設計, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会, pp. 633-634 (2007)

 

(424) 白土 慧, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, SOMによるSBS大規模タグ情報の有意可視化, 情報処理北海道シンポジウム2007, p. 10 (2007)

 

(425) 湯原 基貴, 古川 正志, 吉井 伸一郎, アクセスログから見たユーザ行動の分類, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会, pp. 623-624 (2007)

 

(426) 宮脇 恵里, 三添 朗宏, 渡辺 美知子, 古川 正志, 大規模物流センターにおけるピッキングナビゲーションシステムの開発, 2007年度精密工学会北海道支部学術講演会(2007)

 

(427) 宮脇 恵里, 三添 朗宏, 渡辺 美知子, 古川 正志, 大規模物流センターにおけるピッキングナビゲーションシステムの開発, 2007年度精密工学会秋季大会学術講演会, pp. 611-612 (2007)

 

(428) 森岡 淳, 古川 正志, 吉井 伸一郎, ネットワーク間狭小性の定量化によるタグの間接共起解析, 情報処理北海道シンポジウム2007(2007)

 

(429) 森岡 淳, 古川 正志, 吉井 伸一郎, ネットワーク間狭小性の定量化によるタグの間接共起解析, 第3回ネットワーク生態学研究会サマースクール(2007)

 

(430) 岩田 泰士, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, SOMによる二部グラフのコミュニティ分割と視覚化による解析, 情報処理北海道シンポジウム2007, p. 10 (2007)

 

(431) 但野 友美, 大内 東, 最適マッチングに基づく患者紹介システムの提案, 第46回日本病院管理学会学術総会(2007)

 

(432) 岩館 健司, 米陀 佳祐, 柴田 勝也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングによるAnibotの研究, 第8回SICEシステムインテグレーション部門講演会, pp. 843-844 (2007)

 

(433) 米陀 佳祐, 岩館 健司, 柴田 勝也, 鈴木 育男, 山本 雅人, 古川 正志, 物理モデリングによるAnibotの研究, 第8回SICEシステムインテグレーション部門講演会, pp. 841-842 (2007)

 

(434) 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東, カテゴリーに特徴的な名詞の抽出と利用によるWebサイトの自動分類, 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006), pp. 77-79 (2006)

 

(435) 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東, キーワード分析によるWebサイトの分類手法の提案と実データへの適用に関する研究, 第3回観光情報学会概要集, p. 24 (2006)

 

(436) 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東, キーワード分析によるWebサイトの分類手法の提案と実データの適用に関する研究, 第22回ファジィシステムシンポジウムin札幌, pp. 723-726 (2006)

 

(437) 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, GPSログからの周遊観光行動の推定及び分析, 情報処理学会第68回全国大会, pp. 345-346 (2006)

 

(438) 丸山 加奈, 山本 雅人, 大内 東, Trip Plannning Systemの設計に関する研究, 観光情報学会第3回全国大会, p. 0 (2006)

 

(439) 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 充電地点へのドッキングを行う室内バルーンロボットの学習制御, 第5回情報技術フォーラム(FIT2006), pp. 301-303 , J-050(2006)

 

(440) 森 康真, 山本 雅人, 大内 東, 複数事例を用いたHTML文書からXML文書へのラッピング, 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006), pp. 85-86 (2006)

 

(441) 大柳 幸彦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 柳森 利宣, 孫田 茂樹, 宿泊施設自己評価システムの構築, 第22回ファジィシステムシンポジウムin札幌, pp. 88-88 , (2006)

 

(442) 飯村 直記, 山本 雅人, 田中 文昭, 大内 東, DNAを用いたタイル構造における接着結合部の塩基配列設計, 第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006), pp. 431-432 , (2006)

 

(443) 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 屋内飛行船ロボットにおける自律充電のための学習ドッキング制御, 第22回ファジィシステムシンポジウム, pp. 689-692 , 8A1-2(2006)

 

(444) 高谷 敏彦, 川村 秀憲, 皆川 良弘, 山本 雅人, 大内 東, 屋内小型自律飛行船の自動巡回システム, 第22回ファジィシステムシンポジウム, pp. 685-688 , 8A1-1(2006)

 

(445) 丸山 加奈, 山本 雅人, 大内 東, 観光経路作成支援システムの提案と北大キャンパスへの適用に関する基礎研究, 第22回ファジィシステムシンポジウム講演論文概要集, p. 90 , 8A4-1(2006)

 

(446) 山下 晃弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, ユーザを基点とした観光情報収集・推薦システムにおけるWeblogインタフェースの実装, 情報処理北海道シンポジウム2006 講演論文集, pp. 100-101 (2006)

 

(447) 飯村 直記, 山本 雅人, 田中 文昭, 大内 東, DNAタイル構造のための塩基配列設計支援システムの構築, 情報処理北海道シンポジウム2006, pp. 56-57 (2006)

 

(448) 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 室内飛行船ロボットの離着陸制御, 情報処理北海道シンポジウム2006, pp. 174-177 (2006)

 

(449) 高谷 敏彦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 飛行船ロボットプラットホームの開発と自立飛行制御, 第43回飛行機シンポジウム, pp. 77-77 (2005)

 

(450) 本田 崇智, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東, キーワード抽出によるWebサイトの自動分類と特徴抽出に関する研究, 北海道情報処理シンポジウム2005, pp. 102-103 (2005)

 

(451) 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 室内飛行船ロボットの自立充電システムの開発, 北海道情報処理シンポジウム2005, pp. 60-61 (2005)

 

(452) 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 待ち行列ネットワークにおけるユーザの意思共有を取り入れた複雑情報システムの効果, 日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 第1回ワークショップ WEIN2005, pp. 82-88 (2005)

 

(453) 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 自立充電に向けた室内バルーンロボットのドッキング制御, AFO’05 in Hakodate, pp. 14-17 (2005)

 

(454) 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 室内バルーンロボットにおける自立充電のドッキング制御, エンタテイメントコンピューティング部門講演会, pp. 1-5 (2005)

 

(455) 山本 雅人, 飯村 直記, 田中 文昭, 亀田 充史, 大内 東, DNAタイルによる計算論的ナノテクノロジー, 第28回日本分子生物学会年会 シンポジウム「ナノバイオテクノロジー・分析から構築の科学へ」, pp. 40-40 (2005)

 

(456) 川村 秀憲, 本山 恵子, 山本 雅人, 大内 東, 宿泊施設の公式サイト検索エンジン「オフィシャルゲート」の開発について, 情報処理学会第67回全国大会, 4K-6(2005)

 

(457) 小野寺 将輝, 川村 秀憲, 大内 東, 部分的完全調査モンテカルロ法の提案と不確実性を含むプランニングへの適用, 電子情報通信学会技術研究報告, 第104巻, 第726号, pp. 1-6 (2005)

 

(458) 森 康真, 川村 秀憲, 大内 東, 社会性昆虫の反応閾値強化モデルを用いた適応的ネットワーク資源割り当てに関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告, 第104巻, 第726号, pp. 13-18 (2005)

 

(459) 松本 崇志, 川村 秀憲, 大内 東, 参加者の匿名性を考慮したCPUリソースオークションシステムの提案, 電子情報通信学会技術研究報告, 第104巻, 第727号, pp. 37-42 (2005)

 

(460) 今川 孝博, 川村 秀憲, 大内 東, マルチエージェントによるメタ評価を導入したレビュア創発モデルに関する研究, 電子情報通信学会技術報告, 第104巻, 第727号, pp. 43-48 (2005)

 

(461) 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, エージェントの意思を取り入れた混雑情報の提示とその効果, 電子情報通信学会技術報告, 第104巻, 第727号, pp. 79-84 (2005)

 

(462) 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, 超音波センサを搭載した室内バルーンロボットにおけるトポロジカルマップの自動生成, Proceedings of the 2005 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC2005), 第05-4号, 2P1-S-059(2005)

 

(463) 川村 秀憲, 角田 久雄, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, T-Engineシステムを搭載した室内用バルーンロボットの開発と飛行制御, Proceeding of the 2005 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC2005), 第05-4号, 1P1-S-060(2005)

 

(464) 本田 崇智, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東, Webサイトの自動分類に向けた特徴分析とキーワード抽出に関する研究, 情報処理学会研究会報告, pp. 1-4 (2005)

 

(465) 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, GPSログからの周遊型観光行動情報の抽出, 情報処理学会研究報告会, 第2005-ICS-1巻, pp. 23-28 (2005)

 

(466) 飯村 直記, 山本 雅人, 田中 文昭, 亀田 充史, 大内 東, DNAタイル構造の安定性評価法, 情報処理北海道シンポジウム2005, pp. 126-127 (2005)

 

(467) 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, エージェント間の意思共有を用いた混雑情報によるサービス施設への動的な負荷分散効果, 第6回SICEシステムインテグレーション部門講演会, pp. 807-808 , (2005)

 

(468) 山本 雅人, DNAタイルによる自己組織的ナノ構造制御, 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005),イベント企画チュートリアル「分子計算の仕組み」, pp. 7-11 (2005)

 

(469) 川村 秀憲, 山本 雅人, 本山 恵子, 大内 東, 地域の公式サイト検索「オフィシャルゲート」の開発とデータ分析, 観光情報学会第2回全国大会, pp. 7-7 (2005)

 

(470) 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, GPSログに基づく観光動態のモデル化, 観光情報学会 第2回全国大会, pp. 8-8 (2005)

 

(471) 長尾 光悦, 川村 秀憲, 杉谷 茂, 岸野 裕, 渡久地 明, 剣持 勝, 森本 伸夫, 土屋 敦司, 大内 東, 大規模自然災害地近郊観光地における風評被害の実態とその対策に関する研究, 観光情報学会 第2回全国大会, pp. 8-8 (2005)

 

(472) 本田 崇智, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東, Webサイトの自動分類に向けた特徴抽出とキーワード抽出に関する研究, 観光情報学会 第2回全国大会, pp. 8-8 (2005)

 

(473) 山本 雅人, 柳森 利宣, 孫田 茂樹, 北山 憲武, 川村 秀憲, 大内 東, 宿泊施設自己点検評価プロジェクトの活動報告, 観光情報学会 第2回全国大会, pp. 9-9 (2005)

 

(474) 飯村 直記, 山本 雅人, 田中 文昭, 亀田 充史, 大内 東, 自由エネルギーを用いたDNAナノ構造形成のための塩基配列設計, 第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), pp. 371-373 , H-031(2005)

 

(475) 田中 文昭, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東, 自由エネルギーに基づいた塩基配列設計に関する研究, 第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), pp. 375-377 , H-302(2005)

 

(476) 柏村 聡, 山本 雅人, 亀田 充史, 大内 東, DNAを記憶素子として用いた分子メモリの開発と大容量化に関する検討, 第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), pp. 367-369 , H-030(2005)

 

(477) 北 豊, 柏村 聡, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東, DNA分子を利用したリレーショナルデータベースの開発, 第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), pp. 21-23 , A-10(2005)

 

(478) 川村 秀憲, 長尾 光悦, 山本 雅人, 大内 東, GPSを利用したレンタカー観光客の動態調査と観光戦略 ~観光情報学会の取り組み~, 観光会議ほっかいどう, 第11巻, pp. 10-15 (2004)

 

(479) 山本 雅人, さっぽろ観光情報学研究会活動報告, 観光情報学会第1回全国大会(2004)

 

(480) 森 康真, 今川 孝博, 皆川 良弘, ほくだいがくせい観光情報学研究会活動報告, 観光情報学会第1回全国大会(2004)

 

(481) 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, GPSログマイニングによる観光動態分析, 観光情報学会第1回全国大会(2004)

 

(482) 山本 雅人, 川村 秀憲, 高木 耕一郎, 大内 東, 公式Webサイト検索システム「オフィシャルゲート・ドット・コム」の開発 -宿泊施設の事例について, 観光情報学会第1回全国大会(2004)

 

(483) 仲野 三郎, 橋本 信夫, 長尾 光悦, 中津川 雅史, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東, 北海道における野外彫刻写真検索システム“Hokkaido Sculpture Web”の開発, 観光情報学会第1回全国大会(2004)

 

(484) 張 文昭, 中津川 雅史, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東, 中国におけるホテル評価の現状について, 観光情報学会第1回全国大会(2004)

 

(485) 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 観光動態情報の獲得を意図したGPSログデータマイニング, 電子情報通信学会技術研究報告, 第103巻, 第724号, pp. 7-12 (2004)

 

(486) 小野寺 将輝, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 部分的全調査モンテカルロ法による不確実性を考慮した行動評価関数の設計とTACへの適用, 電子情報通信学会技術研究報告, 第103巻, 第724号, pp. 13-18 (2004)

 

(487) 辻 将之, 川村 秀憲, 大内 東, ネットワーク外部性の働く製品市場のモデル化とプレゼント戦略評価, 電子情報通信学会技術研究報告, 第103巻, 第724号, pp. 19-24 (2004)

 

(488) 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, テーマパーク問題における混雑状況の提示とその効果, 電子情報通信学会技術研究報告, 第103巻, 第725号, pp. 47-52 (2004)

 

(489) 柳沢 紀子, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, マルチエージェントシステムにおける相互作用の定量的分析法に関する基礎研究, 電子情報通信学会技術研究報告, 第103巻, 第725号, pp. 71-76 (2004)

 

(490) 篠原 敏夫, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, マルチエージェント分析による顧客主導予約調整メカニズムの有効性の検証, 電子情報通信学会技術研究報告, 第103巻, 第726号, pp. 1-6 (2004)

 

(491) 岡田 靖司, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 電力市場における分散型電源普及の影響に関するマルチエージェント分析, 電子情報通信学会技術研究報告, 第103巻, 第726号, pp. 17-22 (2004)

 

(492) 山本 雅人, 大内 東, DNAコンピューティングと最適化, 平成16年電気学会全国大会講演論文集, 第4-S19巻, pp. 13-16 (2004)

 

(493) 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 待ち行列長の予測を取り入れた混雑情報の提示効果, 情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 10-11 (2004)

 

(494) 北 豊, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東, サッカーボール型DNA分子の設計と基礎実験, 情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 14-15 (2004)

 

(495) 高橋 直人, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東, DNAヘアピンを利用したRAMによるアクエアスコンピューティング, 情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 16-17 (2004)

 

(496) 角田 久雄, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, カメラ画像を用いた自律飛行船制御のための位置取得システムの構築, 情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 99-100 (2004)

 

(497) 西川 浩司, 斎藤 一, 大内 東, 高谷 敏彦, BSC戦略マップの構造モデリング, 情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 151-152 (2004)

 

(498) 大野 貴司, 中津川 雅史, 山本 雅人, 川村 秀憲, 仲野 三郎, 橋本 信夫, 大内 東, 色彩情報を用いた野外彫刻のあいまい検索システムの開発, 情報システム研究会IS-04-31~36, pp. 11-15 (2004)

 

(499) 西川 浩司, 斎藤 一, 大内 東, BSC戦略マップ構造モデリングに基づく戦略策定支援システムの検討, 情報システム研究会IS-04-31~36, pp. 23-27 (2004)

 

(500) 川村 秀憲, 角田 久雄, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東, ホバリング制御に基づくエンターテインメントバルーンロボットの開発, エンタテインメントコンピューティング2004, pp. 69-74 (2004)

 

(501) 西川 浩司, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, マルチエージェントが構成するネットワークと相互作用の分析, JAWS2004:合同エージェントワークショップ&シンポジウム2004講演論文集, pp. 181-188 (2004)

 

(502) 西川 浩司, 大内 東, 高橋 泰, 大河内 二郎, 高椋 清, ICFアセスメントコードの構造モデリング, 第24回医療情報学連合大会 CD-ROM版講演論文集, 2-J-3-10(2004)

 

(503) 柳沢 紀子, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 屋内用バルーン型ロボットの設計とモデル化, エンタテイメントコンピューティング2003論文集, pp. 1-6 (2003)

 

(504) 西村 絢子, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 追跡タスクにおける自律飛行船ロボットの学習制御, エンタテイメントコンピューティング2003論文集, pp. 13-18 (2003)

 

(505) 岡田 靖司, 川村 秀憲, 中村 仁也, 和泉 潔, 車谷 浩一, 河野 浩二, 大内 東, x-Economyシステムによる電力市場のモデル化とその実装, 電子情報通信学会技術研究報告, 第102巻, 第613号, pp. 53-58 (2003)

 

(506) 佐々木 雄一, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 基軸通貨の創発における規則性に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告, 第102巻, 第614号, pp. 41-46 (2003)

 

(507) 兼平 大輔, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 和泉 潔, 大内 東, 学習エージェントを導入した人工市場における均衡価格の検証, 電子情報通信学会技術研究報告, 第102巻, 第614号, pp. 47-52 (2003)

 

(508) 濱田 貴広, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 集合行為問題におけるタグメカニズムと協調の形成に関する考察, 電子情報通信学会技術研究報告, 第102巻, 第615号, pp. 7-12 (2003)

 

(509) 芦田 城彰, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 時間制約付き観光プラン作成問題のモデル化, 情報処理北海道シンポジウム2003講演論文集, pp. 57-58 (2003)

 

(510) 高橋 直人, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東, ヘアピン構造DNAを利用したRAMの構築, 情報処理北海道シンポジウム2003講演論文集, pp. 85-86 (2003)

 

(511) 角田 久雄, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, カメラ搭載型自律飛行船システムの開発と位置制御タスクの遂行, 情報処理北海道シンポジウム2003講演論文集, pp. 87-94 (2003)

 

(512) 小野寺 将輝, 川村 秀憲, 山本 雅人, 車谷 浩一, 大内 東, Trading Agent Competitionの複数財入札におけるGAエージェントの作成, 情報処理北海道シンポジウム2003講演論文集, pp. 131-132 (2003)

 

(513) 濱田 貴広, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 適応的ハイパーゲームによる市場取引のモデル化と構造分析, 電子情報通信学会技術研究報告 AI2001-68~81, 第101巻, 第536号, pp. 33-40 (2002)

 

(514) 佐々木 雄一, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 通貨取引エージェントを導入した国際貿易モデルにおける市場の安定性に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告 AI2001-68~81, 第101巻, 第536号, pp. 49-56 (2002)

 

(515) 兼平 大輔, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 人工市場における価格学習エージェント群の情報解釈と市場のマクロ構造に関する研究, 電子情報通信学会技術研究報告 AI2001-68~81, 第101巻, 第536号, pp. 57-64 (2002)

 

(516) 大野 貴司, 大内 東, 北海道観光情報ポータルサイトにおけるユーザモデルの構築, 2002年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, pp. 72-73 (2002)

 

(517) 金城 伊智子, 大内 東, 北海道観光情報の効果的提供に向けたシソーラスの構築, 2002年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, pp. 74-75 (2002)

 

(518) 橋本 圭輔, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, ロボカップにおけるサッカーエージェントの行動パラメータ進化, 情報処理北海道シンポジウム2002, pp. 80-81 (2002)

 

(519) 伊場 高志, 大内 東, 分散コンピューティングにおけるモバイルエージェントのタスク除去法, 電気学会情報システム研究会, pp. 45-50 (2002)

 

(520) 大野 貴志, 大内 東, 北海道観光情報における個人適応型情報収集システムの構築, 電気学会情報システム研究会, pp. 51-56 (2002)

 

(521) 金城 伊智子, 大内 東, 北海道観光情報におけるシソーラス構築のためのWebデータ分析, 電気学会情報システム研究会, pp. 57-61 (2002)

 

(522) 金城 伊智子, 大内 東, Webマイニングによる北海道観光情報に関するシソーラスの構築, 2002年日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, pp. 136-137 (2002)

 

(523) 大野 貴司, 大内 東, 個人適応型観光情報収集支援システムのためのユーザモデルの構築, 2002年日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, pp. 138-139 (2002)

 

(524) 岡田 靖司, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, 人工市場において市場制度がミクロ・マクロの挙動に与える影響, 情報科学技術フォーラム(FIT)2002講演論文集, (2002)

 

(525) 岡田 靖司, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東, ザラバ・板寄せを用いた人工市場の構築と挙動の解析, 第26回システム情報工学部会研究資料, pp. 43-46 (2002)

 

(526) 濱田 貴広, 川村 秀憲, 大内 東, , 対戦型ゲームにおけるプレイヤーの共進化と戦略評価, 情報処理北海道シンポジウム2001, pp. 123-124 (2001)

 

(527) 田中 文昭, 中津川 雅史, 山本 雅人, 柴 肇一, 大内 東, DNAコンピューティングにおけるPCR至適化に関する研究, 情報処理北海道シンポジウム2001, pp. 127-128 (2001)

 

(528) 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 車谷 浩一, 人工市場研究の為のX-Economyシステムの開発と実装, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, pp. 252-253 (2001)

 

(529) 佐々木 雄一, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, X-Economyシステムを用いた人工国際市場における基軸通貨の発生に関する研究, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, pp. 254-255 (2001)

 

(530) 金城 伊智子, 大内 東, 北海道観光情報のためのWebデータ分析に関する研究, 情報処理学会データベース研究会, pp. 101-106 (2001)

 

(531) 長尾 光悦, 大内 東, Web検索における情報統合化に関する研究, 情報処理学会データベース研究会, pp. 103-110 (2001)

 

(532) 兼平 大輔, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, 人工株式市場におけるニュース情報の影響と株価に関する研究, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, (2001)

 

(533) 佐々木 雄一, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, 人工市場における国際取引と基軸通貨の創発に関する研究, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, (2001)

 

(534) 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 車谷 浩一, X-Economyサーバによる仮想金融市場の設計と開発, 情報処理学会研究報告, 第2001巻, 第1号, pp. 61-66 (2001)

 

(535) 堀米 幸樹, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 人工社会における局所取引に基づく価格変動に関する考察, 第33回SICE北海道支部学術講演会, pp. 75-76 (2001)

 

(536) 濱田 貴広, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 対戦型ゲームにおけるプレイヤーの共進化と戦略評価, 情報処理北海道シンポジウム2001, pp. 123-124 (2001)

 

(537) 田中 文昭, 中津川 雅史, 山本 雅人, 柴 肇一, 大内 東, DNAコンピューティングのための配列設計支援システム, 情報処理北海道シンポジウム2001, pp. 125-126 (2001)

 

(538) 柏村 聡, 中津川 雅史, 山本 雅人, 柴 肇一, 大内 東, DNAコンピューティングにおけるPCR至適化に関する研究, 情報処理北海道シンポジウム2001, pp. 127-128 (2001)

 

(539) 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 車谷 浩一, 人工市場研究の為のX-Economyシステムの開発と実装, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, pp. 250-251 (2001)

 

(540) 兼平 大輔, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, X-Economyシステムを用いた人工株式市場におけるニュースの情報価値に関する研究, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, pp. 252-253 (2001)

 

(541) 佐々木 雄一, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, X-Economyシステムを用いた人工国際市場における基軸通貨の発生に関する研究, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会, pp. 254-255 (2001)

 

(542) 金城 伊智子, 大内 東, 北海道観光情報のためのWebデータ分析に関する研究, 情報処理学会データベース研究会, pp. 101-106 (2001)

 

(543) 長尾 光悦, 大内 東, Web検索における情報統合化に関する研究, 情報処理学会データベース研究会, pp. 103-110 (2001)

 

(544) 兼平 大輔, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, 人工株式市場におけるニュース情報の影響と株価に関する研究, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, 105D-5(2001)

 

(545) 佐々木 雄一, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, 人工市場における国際取引と基軸通貨の創発に関する研究, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, 105D-6(2001)

 

(546) 山本 雅人, 松浦 亘男, 柴 肇一, 川添 裕美, 大内 東, 濃度制御DNAコンピューティングによる最短経路探索, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, 305A-4(2001)

 

(547) 田中 文昭, 中津川 雅史, 山本 雅人, 柴 肇一, 大内 東, DNAコンピューティングにおける塩基配列設計支援システムの構築, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, 305A-5(2001)

 

(548) 中津川 雅史, 柏村 聡, 山本 雅人, 柴 肇一, 大内 東, DNAコンピューティングのPCR操作における実験計画法の適用, 第40回計測自動制御学会学術講演会予稿集, 305A-6(2001)

 

(549) 金城 伊智子, 長尾 光悦, 斎藤 一, 大内 東, 北海道「遊」産業情報におけるWebマイニング, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会, pp. 154-155 (2001)

 

(550) 河合 崇, 大内 東, 要介護度一次判定アルゴリズムの検討, 2001年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会, pp. 176-177 (2001)

 

(551) 兼平 大輔, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, 金融商品の価格学習エージェント群への情報提示の方法と市場のマクロ構造の変化に関する研究, セルオートマトン・シンポジウム講演論文集, pp. 51-56 (2001)

 

(552) 山本 隆人, 川村 秀憲, 大内 東, 車谷 浩一, ポートフェリオに基づく意思決定エージェント群の導入による市場構造の変化に関する考察, セルオートマトン・シンポジウム講演論文集, pp. 57-62 (2001)

 

(553) 河合 崇, 大内 東, 老化による心身の機能衰退に基づく高齢者分類の基礎研究, 第21回医療情報学連合大会, pp. 670-671 (2001)

 

(554) 高松 一樹, 鈴木 恵二, 奥野 拓, 大内 東, 嘉数 侑昇, GISに基づく作業プランの生成と検証, 第59回農業機械学会年次大会講演要旨, pp. 369-370 (2000)

 

(555) 河合 崇, 中津川 雅史, 長尾 光悦, 大内 東, MTSを用いた階層型データ分類アルゴリズム, 情報処理北海道シンポジウム2000, pp. 140-141 (2000)

 

(556) 本山 恵子, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 小型飛行船の強化学習制御における行動出力に関する考察, ロボティクス・メカトロニクス講演会’00講演論文集, 2A1-30-033(2000)

 

(557) 高松 一樹, 鈴木 恵二, 奥野 拓, 大内 東, 精密農法向けプラン生成システムの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会’00講演論文集, 1P1-04-009(2000)

 

(558) 山本 雅人, 松浦 亘男, 柴 肇一, 大内 東, DNAコンピューティングによる組み合わせ最適化, 第12回Research Association of Mathematical Programming:RAMPシンポジウム講演集, pp. 23-30 (2000)

 

(559) 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, Multiple Ant Colonies Algorithmの巡回セールスマン問題への適用, 第12回Research Association of Mathematical Programming:RAMPシンポジウム講演集, pp. 13-21 (2000)

 

(560) 高松 一樹, 鈴木 恵二, 大内 東, GPSに基づく自律移動体のGISによるプラン生成, 第12回自律分散システム・シンポジウム, pp. 35-38 (2000)

 

(561) 本山 恵子, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 強化学習を用いた小型飛行船の目標市への誘導, 第12回自律分散システム・シンポジウム, pp. 29-34 (2000)

 

(562) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 撮影変動にロバストな顔同定システムの実現, 第12回自律分散システム・シンポジウム, pp. 25-28 (2000)

 

(563) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 人工蟻の餌争奪ゲームにおけるフェロモンコミュニケーションの進化的獲得, 第12回自律分散システム・シンポジウム, pp. 17-20 (2000)

 

(564) 鈴木 恵二, 山下 倫央, 山本 雅人, 大内 東, 多目的評価関数を持つエージェント群の集団的挙動, 第12回自律分散システム・シンポジウム(2000)

 

(565) 田中 卓, 大内 東, 感染症発生動向予測における基準空間生成方法の検討, 第8回品質工学会研究発表大会論文集, pp. 14-17 (2000)

 

(566) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 眼鏡の有無識別処理の導入による個人認証システムの効率化, 第8回品質工学会研究発表大会論文集, pp. 22-25 (2000)

 

(567) 河合 崇, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 要介護度一次判定アルゴリズムに関する基礎研究, 第20回医療情報学連合大会, pp. 782-783 (2000)

 

(568) 田中 卓, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東, 全国規模の感染症情報ネットワークの構築 -感染症発生情報データベースについて-, 第20回医療情報学連合大会, pp. 664-665 (2000)

 

(569) 高柳 俊明, 大内 東, 数理モデルによるHIV感染症の自然経過と治療経過のシミュレーション結果, 第14回日本エイズ学会学術集合・総会抄録集, p. 126 (2000)

 

(570) 飯塚 博幸, 斎藤 一, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 協調コミュニケーションツールを用いたエージェントと人の合意形成, 第11回自律分散システム・シンポジウム講演論文集, pp. 155-158 (1999)

 

(571) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, GAによるNeural Networkの段階的生成と応用, 第11回自律分散システム・シンポジウム講演論文集, pp. 205-208 (1999)

 

(572) 松浦 亘男, 沼澤 政信, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, SRループの3次元化拡張に関する研究, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 39-40 (1999)

 

(573) 高松 一樹, 鈴木 恵二, 奥野 拓, 大内 東, Webブラウザをインターフェースとする圃場管理用GISのプロトタイプ構築, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 90-91 (1999)

 

(574) 本山 恵子, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, Actor/CriticモデルにおけるTD-Errorの生成法に関する考察, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 94-95 (1999)

 

(575) 四ツ柳 賢, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 強化学習を用いたコンピュータ将棋における評価関数の選択, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 96-97 (1999)

 

(576) 土田 安鉱, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, モバイルエージェントの分裂/融合機能の実現, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 113-114 (1999)

 

(577) 松野 賢太郎, 斎藤 一, 鈴木 恵二, 大内 東, メディア選択性を考慮したエージェント社会に関する基礎研究, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 115-116 (1999)

 

(578) 平本 雅俊, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントの状況把握能力の検証, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 117-118 (1999)

 

(579) 飯塚 博幸, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 仮想的交渉ワードの獲得による価格交渉エージェントの実現, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 119-120 (1999)

 

(580) 田中 卓, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTS法を用いた感染症発生動向予測, 情報処理北海道シンポジウム’99, pp. 127-128 (1999)

 

(581) 田中 卓, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTS法による感染症発生動向予測, 第7回品質工学研究発表大会論文集, pp. 77-80 (1999)

 

(582) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTSに基づく表情認識に関する研究, 第7回品質工学研究発表大会論文集, pp. 73-76 (1999)

 

(583) 中津川 雅史, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, MTSに関する基礎的検討, 第7回品質工学研究発表大会論文集, pp. 69-72 (1999)

 

(584) 高松 一樹, 鈴木 恵二, 奥野 拓, 大内 東, 圃場情報管理用GISの開発(プロトタイプシステムの構築), 日本機会学会[No.99-9]ロボティクス・メカトロニクス講演会’99 講演論文集, 第2A1巻, 第03号, p. 54 (1999)

 

(585) 奥野 拓, 鈴木 恵二, 手島 昌一, 嘉数 侑昇, 圃場情報管理用GISの開発(システム構成に関する検討), 日本機会学会[No.99-9]ロボティクス・メカトロニクス講演会’99 講演論文集, 第2A1巻, 第03号, p. 53 (1999)

 

(586) 田中 宏明, 大内 東, 自由回答文分類支援機能を用いての「救急医療情報システム」に関する実態調査と分析, 第37回日本病院管理学会学術総会演題抄録集, p. 180 (1999)

 

(587) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, 段階的進化によるNeuralNetwork生成の有効性に関する検討, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 628-631 (1999)

 

(588) 平本 雅俊, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, サッカーエージェントの状況把握能力と行動決定に関する考察, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 195-196 (1999)

 

(589) 寺島 正人, 川村 秀憲, 鈴木 恵二, 大内 東, Ants Warゲームにおける通信の自己組織化, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 187-190 (1999)

 

(590) 土田 安鉱, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, ネットワークベースのマルチエージェントによる分散問題解決, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 177-180 (1999)

 

(591) 本山 恵子, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, 小型飛行船への進化的状態空間獲得に基づく強化学習の適用, 第9回機会学会インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp. 125-128 (1999)

 

(592) 秋山 直之, 鈴木 恵二, 山本 雅人, 大内 東, サッカーエージェントによる協調パスプレイの生成, ゲーム・プログラミングワークショップ’99, pp. 193-199 (1999)

 

(593) 田中 宏明, 大内 東, 自由回答文解析機能を付加した医療分野向けアンケートシステムの構築, 第19回医療情報学連合大会, pp. 842-843 (1999)

 

(594) 田中 卓, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 感染症発生動向予測に関する基礎研究, 第19回医療情報学連合大会, pp. 376-377 (1999)

 

(595) Ahmad Jan, Yamamoto Masahito, Suzuki Keiji, Ohuchi Azuma, Improved Evaluation Criteria for Nurse Scheduling Problem using Genetic Algorithm, 第19回医療情報学連合大会, pp. 1-2 (1999)

 

(596) 櫻田 隆宏, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 蛋白質配列における繰り返し抽出システム, 日本生物物理学会第37回講演予稿集, p. 172 (1999)

 

(597) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, インタラクティブ進化計算に基づいた画像検索システムの性能評価, インタラクティブ進化的計算論ワークショップ(1998)

 

(598) 寺島 正人, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 横尾 英俊, データ圧縮のための条件つきLZ法の実現と評価, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 21-22 (1998)

 

(599) 中津川 雅史, 大内 東, 瀬谷 浩一郎, 菅澤 喜男, 情報検索エージェントの協調機能の効率評価, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 23-24 (1998)

 

(600) 平山 拓央, 山本 雅人, 大内 東, 堤 香織, 柴 肇一, 棟方 正信, 滝谷 重治, DNAコンピューティングの8頂点ハミルトン経路問題への適用, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 30-31 (1998)

 

(601) 櫻田 隆広, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, アミノ酸配列コピーパターン抽出における進化計算的アルゴリズム, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 38-39 (1998)

 

(602) 秋山 直之, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントにおけるインターセプト能力の評価, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 102-103 (1998)

 

(603) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, 進化的重み修正法によるニューラルネットワークの生成 -重み修正操作要素数に関する考察-, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 119-120 (1998)

 

(604) 田中 宏明, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 保険・医療・福祉分野におけるインターネットを用いたアンケートシステムに関する考察, 情報処理北海道シンポジウム’98 講演論文集, pp. 125-126 (1998)

 

(605) 山本 雅人, 平山 拓央, 鈴木 恵二, 大内 東, 堤 香織, 柴 肇一, 棟方 正信, 滝谷 重治, 組み合わせ問題に関す対するDNA計算アプローチ, 日本オペレーションズ・リサーチ学会,平成10年度春季研究発表会アブストラクト集, pp. 132-133 (1998)

 

(606) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, CMAC-based Q-learninngを用いたGAによる段階的状態分割生成, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’98講演論文集, 1BI1-4(1998)

 

(607) 秋山 直之, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, クラシファイヤーシステムを用いたサッカーシュミレーションエージェントの設計, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’98講演論文集, 1AIII4-1(1998)

 

(608) 北川 真也, 鈴木 恵二, 大内 東, 適応的ニューラルネットワーク生成に向けた重み修正操作の進化的生成, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’98講演論文集, 1AI2-2(1998)

 

(609) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, フェロモンコミュニケーションによる自律的問題分割を用いた配送路問題の解法, 日本機械学会第3回最適化シンポジウム講演論文集, pp. 255-260 (1998)

 

(610) 斎藤 一, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 強調コミュニケーションにおける知識の獲得とその構造化の検討, 情報処理学会第57回(平成10年後期)全国大会講演論文集(1998)

 

(611) 小橋 岳史, 高柳 俊明, 鈴木 恵二, 大内 東, 自己修復挙動を示すCell-like Structureのモデル化, 平成10年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, pp. 171-171 (1998)

 

(612) 田中 宏明, 大内 東, 三田村 保, 宮腰 昭夫, 札幌市医師会夜間急病センターの実態調査と分析, 第36回日本病院管理学会学術総会, pp. 163-163 (1998)

 

(613) 田中 宏明, 三田村 保, 大内 東, 医療分野向けインターネット・アンケートシステムにおける自由回答文の解析, 第18回医療情報学連合大会講演論文集(1998)

 

(614) 三上 圭太, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 反例検索による推論の誤り検出と修正, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 101-102 (1997)

 

(615) 西川 亨, 山本 雅人, 大内 東, 限定合理性に基づく多数決原理のシミュレーション, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 103-104 (1997)

 

(616) 鎌田 慎, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 学生の希望と成績を用いたクラス編成法, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 105-106 (1997)

 

(617) 戸野 一博, 北田 英俊, 山本 雅人, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, アミノ酸配列のtandem repeat 抽出アルゴリズム, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 123-124 (1997)

 

(618) 北田 英俊, 戸野 一博, 山本 雅人, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 分枝限定法によるtandem repeat を考慮したアミノ酸配列の多重アライメント, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 125-126 (1997)

 

(619) 田中 剛範, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 遺伝子配列情報の統合処理支援モジュール, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 127-128 (1997)

 

(620) 蔦 桃子, 鈴木 恵二, 大内 東, 通信の自己組織化に基づく協調的タスク処理に関する研究, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 151-152 (1997)

 

(621) 小滝 和英, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, インターネットを用いたPERT計算支援システム, 第29回計測自動制御学会北海道支部学術講演会, pp. 153-154 (1997)

 

(622) 大内 東, 山本 雅人, 棟方 正信, 柴 肇一, 滝谷 重治, 岡田 信人, DNA分子計算による新しい計算パラダイムの基礎的検討, 第54回情報処理学会全国大会, 第1巻, pp. 279-280 (1997)

 

(623) 鎌田 慎, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 総合成績を考慮したクラス編成法に関する一考察, 第54回情報処理学会全国大会, 第1巻, pp. 403-404 (1997)

 

(624) 正野 啓太, 澤田 朋之, 鈴木 恵二, 大内 東, 岩渕 和也, 大野 江和則, 抗原抗体反応のモデル化に関する基礎研究, 第54回情報処理学会全国大会, 第2巻, pp. 105-106 (1997)

 

(625) 山本 雅人, 大内 東, Davis-Putnam の手続きにおける分枝変数選択規則の提案, 第54回情報処理学会全国大会, 第3巻, pp. 329-330 (1997)

 

(626) 長尾 光悦, 三田村 保, 大内 東, 尾田 政臣, WWWによる顔画像データベース検索システムの実現と評価, 第54回情報処理学会全国大会, 第4巻, pp. 257-258 (1997)

 

(627) 田中 剛範, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 遺伝子情報の統合処理支援モジュールの構築, 第54回情報処理学会全国大会, 第4巻, pp. 423-424 (1997)

 

(628) 澤田 朋之, 正野 啓太, 鈴木 恵二, 大内 東, 岩渕 和也, 大野 江和則, 抗原抗体反応の細胞モデルに関する基礎研究, 1997年度精密工学会春期大会, pp. 583-584 (1997)

 

(629) 黒河 徹也, 大内 東, 宮腰 昭男, 加地 太一, 榊山 悠紀士, 救急医療施設の最適配置手法の提案, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 27-28 (1997)

 

(630) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, CMAC-based Q-learning の一般化能力に関する考察, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 89-90 (1997)

 

(631) 荒木 肇, 三田村 保, 大内 東, 加地 太一, 複合移動を用いた遺伝的アルゴリズムによる最適系列分割問題の解法, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 106-107 (1997)

 

(632) 長尾 光悦, 三田村 保, 大内 東, 尾田 政臣, 遺伝的アルゴリズムを適用した顔画像検索システムの実験的評価, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 108-109 (1997)

 

(633) 岡田 信人, 山本 雅人, 大内 東, 柴 肇一, 棟方 正信, 滝谷 重治, DNA 分子計算におけるコーディング配列間の干渉についての考察, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 116-117 (1997)

 

(634) 川村 秀憲, 山本 雅人, 三田村 保, 鈴木 恵二, 大内 東, アントアルゴリズムの配送経路問題への適用, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 164-165 (1997)

 

(635) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, GA によるサッカーエージェントの動的配置探索に関する基礎研究, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 166-167 (1997)

 

(636) 桂 麻希子, 蔦 桃子, 鈴木 恵二, 大内 東, 通信の自己組織化を用いたタスク処理に関する研究, 情報処理北海道シンポジウム’97, pp. 168-168 (1997)

 

(637) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, 強化学習による飛行船の運動制御に関する基礎研究, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 869-872 (1997)

 

(638) 桂 麻希子, 蔦 桃子, 鈴木 恵二, 大内 東, 荷物運び問題における通信の自己組織化に関する研究, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 1165-1168 (1997)

 

(639) 荒木 肇, 三田村 保, 大内 東, 加地 太一, 進化型計算による無閉路有向グラフの最適系列分割問題の解法, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 1179-1180 (1997)

 

(640) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントの配置問題に関する研究, 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’97, pp. 441-444 (1997)

 

(641) 山内 夕輝, 黒河 徹也, 大内 東, 三田村 保, 宮腰 昭男, 札幌市における在宅療養等サービスに関するアンケート調査の分析, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 346-346 (1997)

 

(642) Ahmad Jan, Nagao Mitsuyoshi, Suzuki Keiji, Ohuchi Azuma, A Study of Facial Image Retrieval System Applying Genetic Algorithm Operators, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 410-0 (1997)

 

(643) 小橋 岳史, 鈴木 恵二, 大内 東, 強化学習に基づく自律的航行制御に関する基礎研究, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 420-420 (1997)

 

(644) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, GA を用いたCMAC-based Q-learning における適応的状態分割, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 421-421 (1997)

 

(645) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, サッカーエージェントの行動に基づく動的配置探索に関する研究, 平成9年度電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 428-428 (1997)

 

(646) 荒木 肇, 三田村 保, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 加地 太一, 最適系列分割問題への遺伝的アルゴリズムの適用 -個体の形質遺伝に関する考察-, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 301-304 (1997)

 

(647) 小橋 岳史, 鈴木 恵二, 大内 東, 行動の多様化に向けた学習法に関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 365-368 (1997)

 

(648) 秋里 由佳, 鈴木 恵二, 大内 東, CMAC-based Q-learning を用いた飛行船の自律制御に関する研究 – GA を用いた状態分割生成に関する考察 -, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 381-384 (1997)

 

(649) 岡田 信人, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, 同時双方向ヒューリスティック探索による蛋白質アミノ酸配列のマルチプルアラインメント, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 391-394 (1997)

 

(650) 正野 啓太, 鈴木 恵二, 大内 東, 境界面の概念を導入した創発的自己組織化モデルに関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 461-464 (1997)

 

(651) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, コミュニケーションエージェントによる検索支援に関する研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 489-492 (1997)

 

(652) 村田 哲哉, 鈴木 恵二, 大内 東, GA によるサッカーエージェントの動的配置探索問題に関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 493-496 (1997)

 

(653) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, フェロモン情報に基づく配送経路問題の分散最適化手法に関する研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 501-504 (1997)

 

(654) 桂 麻希子, 鈴木 恵二, 大内 東, 通信形態の自己組織化による協調的タスク処理に関する研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 513-516 (1997)

 

(655) 山本 雅人, 平山 拓央, 大内 東, 柴 肇一, 堤 香織, 棟方 正信, 滝谷 重治, DNA 計算における計算精度に関する考察, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 549-552 (1997)

 

(656) 澤田 朋之, 鈴木 恵二, 大内 東, 詰将棋における静的評価関数の学習に関する基礎研究, 第7回インテリジェント・システム・シンポジウム, pp. 595-598 (1997)

 

(657) 川村 秀憲, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, エージェント間の協調動作に基づく分散的探索手法, 第6回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(1997)

 

(658) 長尾 光悦, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, エージェント間のコミュニケーションに基づく検索支援, 第6回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(1997)

 

(659) 村田 哲哉, 山本 雅人, 鈴木 恵二, 大内 東, GA によるサッカーエージェントの動的配置探索問題に関する基礎研究, 第6回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(1997)

 

(660) 勝間田 仁, 大内 東, 菅澤 喜男, 分散処理システムにおける故障系列のペトリネットモデルと構造的特性, 情報処理北海道シンポジウム’96, pp. 90-91 (1996)

 

(661) 能登 正人, 栗原 正仁, 大内 東, 拡張ステータス付き経路順序による項書き換え系の停止性検証, 情報処理北海道シンポジウム’96, pp. 151-152 (1996)

 

(662) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 命題論理へのリダクションによる定理自動証明, 情報処理北海道シンポジウム’96, pp. 160-161 (1996)

 

(663) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, Β節充足可能性問題の解法についての考察, 第53回情報処理学会全国大会, 第2号, pp. 143-144 (1996)

 

(664) 鎌田 慎, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 線形計画法を用いたクラス編成問題に関する一考察, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 2 (1996)

 

(665) 小滝 和英, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, インターネットを利用した事業日程計画支援システム, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 7 (1996)

 

(666) 川村 秀憲, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, Simulated Annealing 法によるフライトスケジューリング問題の解法, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 12 (1996)

 

(667) 黒河 徹也, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 札幌市医師会夜間急病センター配置問題の分析, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 13 (1996)

 

(668) 勝間田 仁, 大内 東, 菅澤 喜男, ペトリネットを用いた自律分散システムの解析モデルとその検討, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 15 (1996)

 

(669) 山本 雅人, 大内 東, Β節充足可能性問題の計算複雑性に関する考察, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 16 (1996)

 

(670) 長尾 光悦, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 遺伝的アルゴリズムを用いた顔画像検索アルゴリズム, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 18 (1996)

 

(671) 荒木 肇, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 加地 太一, 遺伝的アルゴリズムによる最適系列分割問題の解法, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 20 (1996)

 

(672) 戸野 一博, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 遺伝子情報の tandem repeat 解析に関する研究, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 21 (1996)

 

(673) 正野 啓太, 澤田 朋之, 鈴木 恵二, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, 体液性免疫システムのモデル化, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 22 (1996)

 

(674) 澤田 朋之, 正野 啓太, 鈴木 恵二, 三田村 保, 山本 雅人, 大内 東, マルチエージェントによる体液性免疫のモデル化, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 23 (1996)

 

(675) 北田 英俊, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, tanden repeat を考慮した配列アライメント, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 24 (1996)

 

(676) 田中 剛範, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 陽イオンチャンネルタンパク質中の特徴配列の解析, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 25 (1996)

 

(677) 岡田 信人, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 蛋白質立体構造予測のためのthreading 法の検討, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 26 (1996)

 

(678) 桂 麻希子, 山本 雅人, 三田村 保, 鈴木 恵二, 大内 東, TD(λ)強化学習を用いたマルチエージェントの強調的行動の学習, 平成8年度電気関係学会北海道支部連合大会, p. 180 (1996)

 

(679) 田中 剛範, 山本 雅人, 三田村 保, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, 電位依存性陽イオンチャネルのトリペプチド縦列反復配列の解析, 日本生物物理学会第34回年会, p. 51 (1996)

 

(680) 黒河 徹也, 大内 東, 宮腰 昭男, 加地 太一, 榊山 悠紀士, 札幌市夜間急病センター利用患者の実態調査と分析, 第16回医療情報学連合大会, pp. 506-507 (1996)

 

(681) 川上 浩司, 遠藤 聡志, 大内 東, CSによるVehicle Schedule Problemに関する解法の検討, 情報処理北海道シンポジウム’95, pp. 65-66 (1995)

 

(682) 遠藤 聡志, 大内 東, 遺伝的アルゴリズムを用いた概念学習, 日本ファジィ学会第11回ファジィシンポジウム, pp. 215-216 (1995)

 

(683) 田中 剛範, 大内 東, 大柳 俊夫, 松嶋 範男, タンパク質のダイペプチド縦列反復配列, 生物物理学会第33回年会, p. 175 (1995)

 

(684) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, β節充足可能性問題に対するDavis-Putnamの手続きの拡張, 統計数理研究所研究集会共同研究レポート, 第77号, pp. 42-45 (1995)

 

(685) 赤坂 徹志, 中川 嘉宏, 西村 知芳, 栗原 正仁, ハイパーテキストマークアップ言語によるネットワーク環境学習システムの試作, 電子情報通信学会技術研究報告, pp. 49-56 (1995)

 

(686) 鎌田 慎, 大内 東, 線形計画法を用いたクラス編成法に関する一考察, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 50 (1995)

 

(687) 勝間田 仁, 栗原 正仁, 大内 東, 菅澤 喜男, ペトリネットによる分散協調システムの確率的挙動解析, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 51 (1995)

 

(688) 近藤 久, 栗原 正仁, 二分決定グラフによる項書き換えの停止性検証, 電気関係学会北海道支部連合大会, pp. 56-57 (1995)

 

(689) 小滝 和英, 大内 東, PERTを用いた日程計画の検討, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 58 (1995)

 

(690) 元田 進一, 大内 東, 合意形成支援機能を持った発想支援システムの構築, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 59 (1995)

 

(691) 藤田 賢, 中川 嘉宏, 大堀 隆文, 栗原 正仁, 自動推論システムにおけるデモジュレーションの完備化, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 317 (1995)

 

(692) 戸野 一博, 大内 東, 松嶋 範男, 遺伝子配列解析のための情報科学的方法論の一考察, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 318 (1995)

 

(693) 北田 英俊, 大内 東, 松嶋 範男, 遺伝子の繰り返し配列におけるアライメント手法の考察, 電気関係学会北海道支部連合大会, p. 319 (1995)

 

(694) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法を用いた定理自動証明手続き, 平成6年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集(1995)

 

(695) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, IEMSATアルゴリズムの実験的評価, 第48回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 3-4 (1994)

 

(696) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 陰的列挙法に基づくβSATアルゴリズム, 第48回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 1-2 (1994)

 

(697) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づいた定理自動証明手続き, 第49回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 13-14 (1994)

 

(698) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 第一階述語論理の充足可能性問題に対する部分例示アルゴリズム, 第25回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集, pp. 171-172 (1993)

 

(699) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 論理的推論問題に対する数理計画法の適用, 統計数理研究所研究集会共同研究レポート, 第45号, pp. 37-43 (1993)

 

(700) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 東, SAT に対する陰的列挙法とDavis-Putnamの方法の関係について, 第46回情報処理全国大会講演論文集(1993)

 

(701) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 述語論理式の充足可能性判定のための部分例示手続き, 情報処理北海道シンポジウム’93講演論文集, pp. 7-8 (1993)

 

(702) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づいた述語論理式の充足可能性判定手続き, 北海道大学工学部研究報告, 第165号, pp. 73-82 (1993)

 

(703) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 部分例示手法に基づいた充足可能性判定手続き, 平成5年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 168 (1993)

 

(704) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 一般化SATに対する陰的列挙法の適用, 平成5年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 167 (1993)

 

(705) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 充足可能性問題に対するJeroslowの手法の拡張, 第44回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 15-16 (1992)

 

(706) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 大内 東, 充足可能性問題の0-1整数計画問題への定式化と計算効率, 第44回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, pp. 13-14 (1992)

 

(707) 大内 東, 大柳 俊夫, 山本 雅人, 論理的推論に対する定量的方法-枠組と適用可能性-, 第44回情報処理全国大会講演論文集, 第3巻, p. 11 (1992)

 

(708) 大柳 俊夫, 山本 雅人, 栗原 正仁, 命題論理充足可能性問題に対する定量的アプローチと記号的アプローチの比較, 第45回情報処理全国大会講演論文集(1992)

 

(709) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 命題論理充足可能性問題に対する記号的方法と定量的方法に関する実験, 平成4年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 240 (1992)

 

(710) 山本 雅人, 大柳 俊夫, 大内 東, 述語論理の充足可能性問題に対する命題論理へのリダクション, 平成3年度電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集, p. 367 (1991)